メインメニューを開く

ショロマンツァルーマニア語: Şolomanţă)、ショロマンツェ(ドイツ語音写: Scholomance)、あるいは(ソロモナリエ ルーマニア語: Solomonărie)は、ルーマニアトランシルヴァニア地方の伝説上の黒魔術の学校。民間伝承によれば悪魔運営の学校。

概要編集

ルーマニア・トランシルヴァニア地方のどこか山岳地帯に存在するとされる悪魔が運営する魔法の学校である。

毎年、十人ほどの生徒(ショロモナルまたはソロモナルと称する)が入学し、動物の言語や、魔法を会得する。悪魔は卒業生のなかから「天候師」をひとり選び、この者は竜にまたがり天候をあやつる任を与えられる。

学校は地下に所在するとされ、学生たちは修学の七年間のあいだ、まったく日光を浴びないという。竜(ズメウあるいはバラウル)は、山頂の湖のなかに潜んでいるとされた。竜が潜む山頂湖は、旧ヘルマンシュタット(現今のシビウ市)の南にあると、一部の伝承につたわる。

民間伝承編集

19世紀資料編集

ショロマンツァやドラキュラに関する早期の重要資料としては、エミリー・ジェラード英語版1885年に発表した雑誌記事が挙げられる[注 1][2][3]

このジェラード女史の雑誌記事からブラム・ストーカーが小説『ドラキュラ』材料を得たと作家自身が明言している[注 2][6][4]。だが記事のことをストーカーが知ったのは1890–1892年の期間である[1]。そのときはジェラードは同様の内容を『森のかなたの国』(1888年)の二巻本として出版しており、ストーカーがショロマンツァ等について直接参考にしたのはこの書物であるとする意見もある[7][8]

これに遡ること20年の、ショロマンツァやその生徒についての描写は、すでにヴィルヘルム・シュミット(1817–1901年)という、ヘルマンシュタットでドイツ語学校教師が、ウィーン発行の某誌で1865年に発表している[9][10]

他にもルーマニアの民俗学者シミオン・フロレア・マリアン英語版の小論文(1878年)があり、ガスター英語版もそのドイツ訳を掲載して解説している[11]

学科編集

この学校は、地元人口からひとにぎりの数の生徒を集めていたものと伝わっている[12]。生徒数は、7人とも10人とも13人ともいわれる[13]。授業では、ありとあらゆる生物の言語[14][11][注 3]、 自然の神秘、魔法を学習する[11]。実践として、魔法の施術、飛竜の乗馬術、降雨の操作などを会得するとする伝承もある[13]

修学年数は7年間[11][13]、あるは9年間とされ[6]、卒業課題として、人類について知り得たすべてを「ショロモナルの書」に書写することが要求される[6]

また、ショロマンツァでは悪魔が教師をつとめると信じられた[注 4]モーゼス・ガスター英語版は、悪魔統治の学校となっていることは、当初ソロモン王(巷説では悪魔を操るともされる)とゆかりがあったことが忘れ去られてしまった傍証だとしている[17]

所在地編集

ショロマンツァの所在地は、ジェラード女史によれば、どこともわからない山奥にある[注 5]。だが、天候師が使役する竜(ズメウ[注 6])はヘルマンシュタット(現今のシビウ市)の南のある山頂湖の水中に普段は潜んでいるとされていた[3]。ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』では、ショロマンツァは架空のヘルマンシュタット湖にある[20]

ショロマンツァはソロモナリエ(Solomonărie)ともルーマニア語では呼ばれ、地下に所在したとルーマニアの学者マリアン英語版は伝承をつたえている。そこでは生徒たちは7年間の修行中、まったく陽の目をみることができなかったという[11][注 7]

起源編集

ショロマンツェ(Scholomance)はドイツ語の音写で[22]、ドイツ語で"Scholomantze"と同じ発音であると注されている[17]

ショロマンツァ(Şolomanţâ)がルーマニア語の名称であることはのちの文献にみえる[23][24][注 8]。このほかソロモナリエ(Şolomanţâ)ともルーマニア語では呼ばれる[11]

これらの語形から、ソロモン王とのつながりがうかがえ[23]、民間伝承のなかには、ソロモン王の天候操作の術の継承者のことをソロモナル(ショロモナルとも。ショロマンツァの学徒)と呼ぶのだと伝える例がある[25]

そのほか、学問の都市として有名なスペインのサラマンカとの混同もおこなわれたのではないかとの推察もあり、中世の頃にはサラマンカ洞窟スペイン語版で悪魔が魔術を教えたという伝説があることも指摘される[27][28]

解析編集

この魔術学校は、「竜学校」(フランス語: L'École du Dragon[13]英語: The School of the Dragon)と呼びならわす現代の解説者もいる[29]

文学での言及編集

ブラム・ストーカーは小説『ドラキュラ』を執筆するにあたり、エミリー・ジェラード英語版の著作を参考にしており[8][22]。たとえば作中に“ヘルマンンスタット湖の山の上のショロロマンスに道場が”あり(『吸血鬼ドラキュラ』小説。平井呈一訳による。カナ表記は英語読みのまま)、悪魔は10人中1人の生徒を報酬として要求する、というアルミニウスの説明が登場する[注 9][31][32]

マイケル・スコット ローハン([[:en:[Michael Scott Rohan|英語版]])のファンタジー小説『Lord of Middle Air』の作中、マイケル・スコットはショロマンツァで修業した魔道師だという設定。

キム・ニューマン作『ドラキュラ紀元Anno Dracula』(1992年)に、『吸血鬼ドラキュラ』23章と同じ引用がある。

カサンドラ・クレアヤングアダルト向け小節『Lady Midnight』ではシャドウハンター養成アカデミーという設定。

関連編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ ジェラード女史は、トランシルヴァニアに駐在したオーストリア=ハンガリー帝国騎兵士官を夫に持つスコットランド出身の婦人であった[1]
  2. ^ ストーカーはインタビューでこう語っている".. E・エミリー・ジェラードの「ルーマニアの迷信についてのエッセイ集」(ママ)からは多くを学んだが、これははじめ《ザ・ナインティーンス・センチュリー》誌に掲載され、のちに二巻本で出版されている(I learned a good deal from E. Gerard's 'Essays on Roumanian Superstions' [sic.] which first appeared in The Nineteenth Century, and were afterwards published in a couple of volumes".[4][5]
  3. ^ あるいは単に「動物の言語」[3][15]
  4. ^ 悪魔が教鞭をとることについて、シュミットはヘルマンシュタット近辺ではそうかたく信じられていたと限定的に記述しているが[16]ガスター英語版は、一般的な話として伝えている[17]
  5. ^ 原文:"somewhere in the heart of the mountains".
  6. ^ シュミットは1865年には記述しないが、1866年の改訂で竜のルーマニア語名を"イズメユ Ismeju"としている[18]。ジェラード女史も同じ表記をした[3]。しかしこれは正しくはルーマニア語で"ズメウ zmeu"だと指摘されている[19]
  7. ^ マリアンはこれら生徒を邪悪な存在と捉え、一種のヴァンパイア(ストリゴイ英語版)であるとした。[21]
  8. ^ カナ表記は「ショロマンツァ」としているが、"-ţâ"の発音は/t͡sə//なので、じっさいは「ショロマンツェ」と同じような発音になる。
  9. ^ この他23章にも言及がある[30]

出典編集

脚注
  1. ^ a b Goldsworthy, Vesna (1998). Inventing Ruritania: The Imperialism of the Imagination. Yale University Press. p. 78. ISBN 978-0300-07312-6. https://books.google.com/books?id=Flch9xUioAcC&pg=PA78. 
  2. ^ Miller 2005, p. 183.
  3. ^ a b c d Gerard, Emily (1885), “Transylvanian Superstitions”, The Nineteenth Century 18: 136 (130–150), https://books.google.com/books?id=O8hMAQAAMAAJ&pg=PA136 
  4. ^ a b Miller 2005, p. 276.
  5. ^ Crişan, -Marius-Mircea (2016), Wynne, Catherine, ed., “4 Bram Stoker and Gothic Transylvania”, Bram Stoker and the Gothic: Formations to Transformations (en:Springer Publishing): pp. 66–67, ISBN 9-781-1374-6504-7, https://books.google.com/books?id=NCjuCwAAQBAJ&pg=PA66 
  6. ^ a b c Ramsland, Katherine (2002), The Science of Vampires, Penguin, p. 33, ISBN 9-781-1012-0423-8, https://books.google.com/books?id=e8P80OfiXJgC&pg=PT33 
  7. ^ Stoker, Bram (1979). McNally, Raymond T.. ed. The Essential Dracula: A Completely Illustrated & Annotated Edition of Bram Stoker's Classic Novel. Mayflower Books. p. 194. ISBN 9-780-8317-2993-6. https://books.google.com/books?id=hT8qAQAAIAAJ. 
  8. ^ a b 谷内田浩正 「恐怖の修辞学--「ドラキュラ」と世紀転換期イギリスの東欧ユダヤ人移民問題 (ユダヤ人<特集>)」、『現代思想』 第22巻第8号233頁、1994年https://books.google.com/books?id=QxC6AAAAIAAJ&q=%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89 
  9. ^ F. Hillbrand-Grill: Schmidt, Wilhelm (1817-1901), Historiker. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 10, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1994, ISBN 3-7001-2186-5, S. 299 f. (Direktlinks auf S. 299, S. 300). (xml)
  10. ^ Schmidt, Wilhelm (1865), “Das Jahr und seine Tage in Meinung und Brauch der Romänen Siebenbürgens”, Österreichische Revue (Wien) 3 (1): 219, https://books.google.com/books?id=beuzAAAAIAAJ&pg=PA219 
  11. ^ a b c d e f Marian 1878, pp. 54–56; ドイツ訳 Gaster 1884, pp. 285–286
  12. ^ Majuru, Adrian (2006), “Khazar Jews. Romanian History And Ethnography”, Plural Magazine 27: 234, http://icr.ro/pagini/khazar-jews-romanian-history-and-ethnography 
  13. ^ a b c d Martin, Laplantine & Introvigne 1994, p. 143.
  14. ^ フォガラシュ(現今のファガラシュ)一帯の伝承。Schmidt 1866, p. 16
  15. ^ a b Leland, Charles Godfrey (1891), Gypsy Sorcery and Fortune Telling, T. F. Unwin, pp. 128–129, https://books.google.com/books?id=CpR0AAAAMAAJ&pg=PA128 
  16. ^ ヘルマンシュタットの伝承。Schmidt 1866, p. 16
  17. ^ a b c Gaster 1884, p. 284.
  18. ^ Schmidt 1865, p. 219: "Drachen"; Schmidt 1866, p. 16: "Drachen―Ismeju"
  19. ^ Florescu, Radu R; McNally, Raymond T. (2009). Dracula, Prince of Many Faces: His Life and His Times. Little, Brown. https://books.google.com/books?id=Zot08bJa3FAC&pg=PT217&lpg=PT217.  ISBN 9-780-3160-9226-5
  20. ^ Florescu & McNally 2009, p. 217.
  21. ^ Marian 1878, pp. 54–56; ドイツ訳 Gaster 1884, p. 285: "Die Solomonari sind bösartige Leute, eine Art »Strigoi« (Vampyre)".
  22. ^ a b エリザベス・ミラー英語版に拠る。Ramsland 2002, p. 33で引用。
  23. ^ a b Șăineanu, Lazăr (1895). Basmele Române. Bucuresci: Lito-tip. C. Göbl. p. 871. https://books.google.com/books?id=nA2gAAAAMAAJ&pg=PA871. 
  24. ^ Oișteanu 2004, p. 221.
  25. ^ Müller, Friedrich von (1857) (ドイツ語). Siebenbürgische Sagen. Kronstadt: J. Gött. pp. 177–178. https://books.google.com/books?id=lrcAAAAAcAAJ&pg=PA177. Gaster 1884, p. 283で引用。
  26. ^ Oișteanu 2004, p. 221: "În 1884, Moses Gaster a acordat apelativului în discuţie o etimologie combinată: „Şolomonar este rezultatul dintre şolomanţă [de la Salamanca – n. A.O.] + solomonie [de la Solomon – n. A.O.]"
  27. ^ モーゼス・ガスター英語版(Gaster 1884, p. 283)の指摘が嚆矢であるとアンドレイ・オイシュテアヌ英語版はしている[26]
  28. ^ チャールズ・ゴッドフリー・リーランド (1891)もこれを指摘した[15]
  29. ^ Guiley, Rosemary (2004), “Scholomance”, The Encyclopedia of Vampires, Werewolves, and Other Monsters (Infobase Publishing): p. 254, https://books.google.com/books?id=5soL2qxSBDgC&pg=PA254 
  30. ^ Klinger ed. & Stoker 2008 Chapter 23, p. 413
  31. ^ author=ストーカー、ブラム; 平井呈一訳 『吸血鬼ドラキュラ』 グーテンベルク21、342, 413頁。ISBN 9-780-3930-6450-6https://books.google.com/books?id=-uo17W8i_X0C&pg=PT219 
  32. ^ Stoker, -Bram (2008), Klinger, Leslie S., ed., The New Annotated Dracula, W. W. Norton & Company, pp. 342, 413, ISBN 9-780-3930-6450-6 
参考文献