スコーピオン・キング (映画)

スコーピオン・キング』(The Scorpion King)は、2002年に公開されたアメリカ映画である。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』に登場した敵役スコーピオン・キングを主人公に据えたスピンオフ作品である。

スコーピオン・キング
The Scorpion King
監督 チャック・ラッセル[1]
脚本 デヴィッド・ヘイター
ウィリアム・オズボーン
スティーヴン・ソマーズ
原案 ジョナサン・ヘイルズ
スティーヴン・ソマーズ
製作 ショーン・ダニエル
ジェームズ・ジャックス
ケヴィン・ミッシャー
スティーヴン・ソマーズ
製作総指揮 ビンス・マクマホン
出演者 ザ・ロック
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ジョン・R・レオネッティ
編集 マイケル・トロニック
製作会社 WWFエンターテインメント
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年4月19日
日本の旗 2002年6月8日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
ベルギーの旗 ベルギー
言語 英語
製作費 $60,000,000[2]
興行収入 $91,047,000[2] アメリカ合衆国の旗
$165,333,180[2] 世界の旗
次作 スコーピオン・キング2
テンプレートを表示

ストーリー

紀元前3000年頃の古代エジプト。戦士メムノーンは、強力な軍隊と預言者カサンドラの予言の力を駆使し他民族を征服し領土を拡張、支配地は恐怖政治を敷いていた。服従を拒否する民族の長達は、後に“スコーピオン・キング”と呼ばれる暗殺部族の末裔マサイアスを雇う。マサイアスは、メムノーンとカサンドラを暗殺するために彼らの宮殿に忍び込むが、暗殺には失敗する。しかし、カサンドラを人質にとって脱出し、砂漠を横断する。

ヌビア人の王バルザザールの協力を得たマサイアスは、同じくメムノーンへの反抗を企てる各地の部族を糾合し、一大勢力を率いてメムノーンへ挑む。人質であったカサンドラも次第にマサイアスに惹かれるようになり、2人は愛し合うようになる。しかし、カサンドラは、マサイアスがメムノーンとの一騎討ちの果てに死ぬ未来を見る。

一族の誇りを持ったマサイアスはその預言を教えられても戦うことを止めず、反乱軍を率いてゴモラの宮殿に乗り込む。魔術によって強大な力を手にしたメムノーンと一騎討ちの末、マサイアスは預言を破り、メムノーンを倒す。そしてマサイアスはメムノーンに代わり新たな王として民衆に支持された。

キャスト

役名 俳優   日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
マサイアス(スコーピオン・キング) ザ・ロック 小山力也 東地宏樹
メムノーン スティーヴン・ブランド 森田順平 山路和弘
カサンドラ ケリー・フー 高山みなみ 本田貴子
バルザバール マイケル・クラーク・ダンカン 銀河万丈
アーピッド グラント・ヘスロヴ 飛田展男 真殿光昭
ゾラック ラルフ・モーラー 松本大 菅生隆之
プリンス・タクメット ピーター・ファシネリ 山野井仁 桐本琢也
フィロス バーナード・ヒル 佐々木敏 納谷六朗
ジェサップ(マサイアスの兄) ブランスコム・リッチモンド 楠見尚己 長克巳
キング・フェロン ロジャー・リース 糸博 有本欽隆

地上波放送履歴

回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版
初回 日本テレビ 金曜ロードショー 2006年4月14日 日本テレビ版
2回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2007年7月15日
3回目 テレビ東京 木曜洋画劇場 2008年6月26日
4回目 午後のロードショー 2009年1月13日
5回目 TBS 水曜プレミアシネマ 2012年7月4日
6回目 テレビ東京 午後のロードショー 2017年3月2日
7回目 2020年1月7日[3]

スタッフ

評価

Rotten Tomatoesには134件のレビューが寄せられ、支持率41%となっている[4]Metacriticでは30件の批評をに基づき、45/100のスコアとなっている[5]ロジャー・イーバートは四つ星満点中三ツ星を与えたが、ジェームズ・ベラーディネリは四つ星満点中二つ星を与え、「この種のアクション・アドベンチャー映画を作ることは可能ですが、『スコーピオン・キング』はそうではありませんでした」と批評している[6]バラエティ誌のデニス・ハーヴェイは、「CGIの多様ではなく、敏捷性のあるスタントで興奮させる」と批評した[7]ジ・オニオンのネイサン・ラビンは、「すぐに消費され、楽しめ、そして忘れられるサマー映画」と批評している[8]エンターテインメント・ウィークリーオーウェン・グレイバーマンは「C+」評価を与えている[9]ニューヨーク・ポストのジョナサン・フォアマンは、「壮大さ、相対的な独創性、心からの血の渇き。『コナン・ザ・グレート』のような面白い要素は、『スコーピオン・キング』には一つもない」と酷評した[10]

脚注

関連項目

外部リンク