メインメニューを開く

鈴鹿ヴォイスFM(すずかヴォイスエフエム・: Suzuka Voice FM[1]は、三重県鈴鹿市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である株式会社鈴鹿メディアパークの実施するコミュニティ放送の愛称である。

株式会社鈴鹿メディアパーク
愛称 Suzuka Voice FM
コールサイン JOZZ6AZ-FM
周波数/送信出力 78.3 MHz/20 W
本社・所在地
〒513-0825
三重県鈴鹿市住吉町8947番地
設立日 2008年8月11日
開局日 2009年3月20日
演奏所 所在地と同じ
送信所 所在地と同じ
中継局 なし
放送区域 鈴鹿市の一部
公式サイト http://www.suzuka-voice.fm/
社屋の外観。右奥に送信タワーが見える。

目次

概要編集

鈴鹿メディアパークの本社、演奏所送信所は市内住吉町にある。

可聴エリアは鈴鹿市全域及び亀山市四日市市三重郡などの近郊都市で人口は約66万5千人[2]

時報はコールサイン、局名の読み上げのあと、レースマシンの通過音で正時を知らせる。

後述の給与遅配問題発生以前は、スズカ・ヴォイスFM。全時間帯がオリジナル番組で構成されるようになってからは鈴鹿ヴォイスFMと表記されている。ポスターやロゴマークでは「鈴ラジ」という表記も行われるが、正式名称としては英語表記の「Suzuka Voice FM78.3MHz」と周波数まで入れたものを使用する。コールもこの形で行われている。

沿革編集

2008年平成20年)

2009年(平成21年)

2015年(平成27年)

  • 6月19日 - 鈴鹿メディアパークの資金繰りの問題から給与遅配が発生。全従業員が退職願を提出し、2日間に渡り番組が放送できない状態に陥る[3]
    • この影響で同年4月からミュージックバードを通じて全国のコミュニティ放送局に配信中だった自社制作番組「YAN!YOUNG!!ミュージック☆アワー」が月末を以て配信打ち切りとなった。

2016年(平成28年)

  • 9月30日 - この日をもってミュージックバードから受けていた番組配信を終了し、ジャンルごとに分かれた音楽番組をスタート。翌10月1日より全放送番組が自社制作となる。

2019年(平成31年)

  • 4月1日 - 自社制作番組「パパママおやすみ♡」がミュージックバードに採用[4]されたことに伴い、深夜帯を中心に再び一部の番組がミュージックバードからの配信に変更された。

編成編集

現在の編成はタイムテーブルを参照のこと。

2016年10月改編時点では番組自社制作率100%を謳っていたが、現在はCTY-FM(旧・PORT WAVE)との枠交換により三重バイオレットアイリス・ハンドボールガールズをCTY-FMに貸与している。また、ハーバーステーション(敦賀FM放送)・FMひこね・Radio Sweet(びわ湖キャプテン)との共同制作番組「土日どこ行く」や、いなべエフエムCTY-FM・FMなばり(アドバンスコープ)との共同制作番組「みえ4局おでかけナビ」など、合同制作の番組やミュージックバードの番組も放送している。

昼の生放送番組ではYouTubeでのスタジオ動画配信が行われている。

鈴鹿サーキットF1鈴鹿8耐などのビッグレースが開催されるときは、周辺の交通情報や駐車場案内、サーキット内からの情報を放送しており、2015年よりF1日本グランプリ・8耐・SUPER GT SUZUKA 1000km・スーパーフォーミュラなどのレース実況放送が行われている[5]が、F1のみサイマルラジオでの放送はスポンサーの関係で行うことができない。2018年よりスタートするSUZUKA 10H鈴鹿10時間耐久レース)の実況放送もスタートし、全部で6つのビッグレースを放送している[6]

スタジオ編集

  • studio Breath(『Suzuka Morning Voice!』『めっちゃすずか』などで使用)
  • studio Lipstick(『Sunset VOX』で使用)

免許人編集

免許人の株式会社鈴鹿メディアパークは地元企業や鈴鹿市の出資により設立された。 放送業務のほか、フリーマガジンの発行、貸ホールおよびレンタルスタジオの運営なども行う。

要目[7]
  • 本社:三重県鈴鹿市住吉町8947番地
  • 設立:2008年8月11日
  • 資本金:9,900万円
マスメディア集中排除原則にいう支配関係者[8]

株主 平成28年5月31日現在 順不同[9]

緊急防災ラジオ編集

鈴鹿メディアパークは、2011年(平成23年)4月より市民を対象に緊急防災ラジオレンタルを開始した[10]

スズカ・ヴォイスFM以外のNHK-FMFM三重も受信できる[11]

脚注編集

  1. ^ 2016年度以前の公式名称はスズカ・ヴォイスFM
  2. ^ 放送サービスエリア Suzuka Voice(Internet Archiveのアーカイブ:2016年3月24日収集)
  3. ^ 鈴鹿のFMが自社番組中止 全社員が出勤拒否 伊勢新聞 2015年6月22日(同上:2015年6月22日収集)
  4. ^ 4月より当鈴鹿ヴォイスFM制作の就寝時の読み聞かせ番組「パパママおやすみ♡」が、ミュージックバードにて全国放送されることとなりました。”. suzuka-voice.fm (2019年4月1日). 2019年4月25日閲覧。
  5. ^ 鈴鹿、F1とSGTの場内実況を地元FMラジオで生放送 AUTO SPORT web 2015年8月6日
  6. ^ 鈴鹿サーキットレース実況生放送番組Suzuka Voice FM 78.3MHz(2019年5月9日)2019年6月17日閲覧。
  7. ^ 会社概要 - 鈴鹿メディアパーク(Internet Archiveのアーカイブ:2016年10月18日収集)
  8. ^ コミュニティ放送事業者 - マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ)
  9. ^ 株主一覧 - 鈴鹿メディアパーク(Internet Archiveのアーカイブ:2016年10月18日収集)
  10. ^ 緊急防災ラジオ 鈴鹿メディアパーク(Internet Archiveのアーカイブ:2011年8月25日収集)
  11. ^ 緊急防災ラジオ 同上

関連項目編集

外部リンク編集