スズキ・バレーノ

バレーノBALENO)は、スズキが日本国外で販売しているハッチバックタイプの乗用車である。また、日本市場においては2016年平成28年)3月から2020年令和2年)7月まで販売されていた。

スズキ・バレーノ
WB32S/42S型
2017 Suzuki Baleno SZ3 Dualjet 1.2 Front.jpg
英国仕様 SZ3 DUALJET 1.2 フロント
2017 Suzuki Baleno SZ3 Dualjet 1.2 Rear.jpg
英国仕様 SZ3 DUALJET 1.2 リア
Suzuki Baleno (XG) by Japan specification (cropped).jpg
アークティックホワイトパール (XG)
概要
製造国 インドの旗 インド
販売期間 インド:
2015年10月26日-
日本:
2016年3月9日-
2020年7月31日
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 前輪駆動
パワートレイン
エンジン K12C型:
1,242cc 直列4気筒DOHC
K10C型:
996cc 直列3気筒 直噴DOHCターボ
最高出力 K12C型:
67kW (91PS)/6,000rpm
K10C型:
82kW (111PS)/5,500rpm
2016年3月-2018年5月
75kW (102PS)/5,500rpm
2018年5月-
最大トルク K12C型:
118N・m (12.0kgf・m)/4,400rpm
K10C型:
160N・m (16.3kgf・m)/1,500-4,000rpm
2016年3月-2018年5月
150N・m (15.3kgf・m)/1,700-4,500rpm
2018年5月-
変速機 K12C型:CVT
K10C型:6AT
サスペンション
前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
車両寸法
ホイールベース 2,520mm
全長 3,995mm
全幅 1,745mm
全高 1,470mm
車両重量 910-950kg
その他
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:リーディング・トレーリング
別名 トヨタ・グランツァ
(インド)
トヨタ・スターレット
アフリカ
テンプレートを表示

概要編集

第85回ジュネーブモーターショーに出品したコンパクトカーのコンセプトモデルiK-2[1]をベースに市販車化したもので、第66回フランクフルトモーターショーで世界初公開[2]。製造はインドの現地法人であるマルチ・スズキ・インディアマネサール工場で行われ[3]、インドから全世界向けに供給される[4]。日本市場にも投入されるが、マルチ・スズキ製(すなわち「インド製」)のモデルが投入されるのはスズキとして初めてで[5]、日本の自動車メーカーとしてもインドで生産された車両を輸入するのは前例がないという[3][注 1]。この施策について、スズキ会長の鈴木修は「一番量が売れるのがインドだからインドでつくる。(インド・マネサールの)工場は日本のレベルに到達し、日本でつくるよりコスト的にもメリットがある」と説明している[6]

イタリア語で「閃光」の意味を表す「バレーノ」("BALENO") の車種名は元々、3代目カルタス(クレセント)の欧州での車種名として使用されており、再起用される形となった。

インド市場では2019年の年間売り上げでディザイアアルト800/K10スイフトに次ぐ売り上げを誇り[注 2]、年間販売台数20万台に迫る勢いだが[7]、日本市場では年間6000台の販売目標の20%以下にとどまり[8]、2020年上半期での終売となった。

 
トヨタ・グランザ

一方、2018年3月29日に発表されたトヨタ自動車との完成車相互供給の基本合意に基づき、2019年春ごろよりトヨタへOEM供給予定とされ[9]、2019年6月6日にインド市場向けモデルとして「トヨタ・グランツァGLANZA)」の名で販売されることが正式に発表された[10]。なお、グランツァ(GLANZA)の名称はかつてトヨタが日本市場向けにスターレットのグレード名に使用していたものである。その後、2020年9月1日にはトヨタグループの商社である豊田通商を通じて、アフリカ市場向けモデルとして「トヨタ・スターレット」の名で販売されることが発表された[11]

メカニズム編集

プラットフォームにはBセグメント用(北米でいうサブコンパクトカークラスに相当)の新開発プラットフォームを採用した。バレーノが本プラットフォームを採用する最初の車種であり、今後、スズキが発売するBセグメント車にも採用する予定である。骨格部を連続する滑らかな形状とすることで補強部品を減らし、板厚を見直して最適化することでボディ全体の軽量化に貢献するとともに、高い剛性も両立している。また、前輪タイヤの切れ角を大きめに設計できるようにすることで、2,520 mmのロングホイールベースを採用しながら最小回転半径を4.9 mに抑えている。

車格としてはスイフトと同じだが、ボディサイズはスイフトより全長と全幅を一回り広げ[注 3]、車高をやや下げ、ラゲッジスペースを広くとる形としている[6][13]。チーフエンジニアの伊藤邦彦はこのスタイリングについて、日本メーカーの同クラス車種(トヨタ・ヴィッツ(ヤリス)、ホンダ・フィットマツダ・デミオ(MAZDA2)、日産・ノートなど)が「居住性の良さが訴求ポイントのメインになっていって、だんだん背が高くなっている」として、これらとは一線を画し、「格好良さと居住性をバランスさせることを目標に開発している」と述べ、フォード・フィエスタフォルクスワーゲン・ポロヒュンダイ・i20などの日本国外のメーカーのコンパクトカーを競合車種として想定しているという[14]

パワートレーンについては、日本市場向けには1.2 L直列4気筒「デュアルジェットエンジン」のK12C型と、ダウンサイジングコンセプトの1.0 L直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」のK10C型の2種類が用意される。「デュアルジェットエンジン」はソリオイグニス用と同じもので、インジェクターを燃焼室の近くに配置し、1つの気筒に2つ設置することで熱効率を高める「デュアルインジェクションシステム」と、排気ガスの一部を冷却して燃焼室内に戻し、燃焼温度を下げることでノッキング抑制効果を高める「クールドEGRシステム」を採用しており、「平成17年基準排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」と平成32年度燃費基準を同時に達成している。日本市場初投入となる「ブースタージェットエンジン」は直噴化と過給器によって1.0Lの小排気量ながら1.6LのNAエンジンに相当する高出力・高トルクを実現すると同時に、「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」認定取得と低燃費(JC08モード燃費 20.0km/L)も両立している。トランスミッションはエンジンによって異なり、「デュアルジェットエンジン」にはCVTを、「ブースタージェットエンジン」には6速AT(マニュアルモード付)をそれぞれ採用する。「デュアルジェットエンジン」もインドで生産されるが、「ブースタージェットエンジン」は日本で生産した後インドへ輸出し、現地で組み立てる形をとる。

安全面ではミリ波レーダー(レーダー部はフロントのSマークエンブレムと一体化されている)方式の衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」を標準装備しており、前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能で構成されている。さらに、ESP、エマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドコントロール(坂道発進時にブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる際、一時的にブレーキ(最長2秒間)を保持して車両の後退を防ぐ機能)も標準装備されている。

初代 WB32S/42S型 (2015年~)編集

  • 2015年
    • 2月6日 - 第85回ジュネーブ国際モーターショーにコンパクトカーのコンセプトカーである「iK-2」を世界初出品することを発表し、運転席側サイドのシルエット画像も併せて公開された[15]
    • 3月3日 - 第85回ジュネーブ国際モーターショーにてコンセプトカー「iK-2」を世界初公開[1]
    • 8月7日 - 第66回フランクフルト国際モーターショーで「iK-2」の量販モデルとなる「バレーノ」を世界初公開することを発表[16]
    • 9月15日 - 第66回フランクフルト国際モーターショーで「バレーノ」を世界初公開[2]
    • 10月26日 - インド子会社のマルチ・スズキ・インディアを通じてインドでの生産・販売を開始。インド向け仕様では1.2Lガソリン車と1.3Lディーゼル車が設定され、プレミアム車を扱う販売網「NEXA」にて、S-CROSS(エスクロス、日本でのSX4 S-CROSS)に次ぐ2車種目として販売される。併せて、本車種をグローバルカーとして世界各国への輸出することも発表された[17]
    • 10月30日 - 第44回東京モーターショーに参考出品車として日本初出展[18]
  • 2016年
    • 3月9日 - 日本で公式発表し、販売開始[19]。年間販売目標台数は6,000台を目標としている[20]。販売開始時点では1.2Lデュアルジェットエンジン仕様の「XG」のみを販売。マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機構付)、ウレタン製ステアリング・ホイール、エコドライブアシスト照明、15インチタイヤ(175/65R15)&フルホイールキャップなどを装備し、ボディカラーはオプションカラー2色を含む5色を設定する。
    • 5月13日 - 1.0 Lブースタージェットエンジン仕様の「XT」を販売開始。ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付)、オートライトシステム、LEDポジションランプ、6速マニュアルモード付パドルシフト、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチタイヤ(185/55R16)&アルミホイールなどを装備し、エアコンをフルオートに、ステアリング・ホイールを本革巻きにそれぞれグレードアップ。フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、助手席シートヒーター、ステアリングオーディオスイッチ、カラーマルチインフォメーションディスプレイ、フロントセンターアームレスト、本革シート表皮、フロントセンターコンソールドリンクホルダー(2か所)、リアセンターコンソールトレー、センターコンソールボックスをひとまとめにしたセットオプションも設定される。併せて、ボディカラーに「オータムオレンジパールメタリック」と「レイブルーパールメタリック」の2色を追加した。
    • 11月17日 - 新グレード「XS」を追加し、同日より販売開始[21]。1.2Lデュアルジェットエンジン車「XG」の上級仕様として追加されるもので、1.0Lブースタージェットエンジン車「XT」にも装備されているディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付)、オートライトシステム、LEDポジションランプ、フルオートエアコン、本革巻きステアリング・ホイール、LEDサイドターンランプ付ドアミラー185/55R16タイヤ・16インチアルミホイールを装備したほか、「XT」ではセットオプション設定となるフロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、助手席シートヒーター、ステアリングオーディオスイッチ、カラーマルチインフォメーションディスプレイ、フロントセンターアームレスト、センターコンソールトレー(リア)、センターコンソールボックスが標準装備される。
    • 12月 - 最廉価グレードであった「XG」の販売を終了した。
  • 2018年5月16日 - 「XT」の仕様変更[22]。K10C型の使用燃料が従来のプレミアムガソリンから「XS」と同じレギュラーガソリンに変更された(使用燃料の変更に伴い、最高出力は82kw(111ps)から75kw(102ps)に、最大トルクは169Nm(16.3kgm)から150Nm(15.3kgm)にスペックダウンし、JC08モード走行での燃料消費率も20.0km/Lから19.6km/Lに低下している)。併せて、前述したセットオプションの装備品がすべて標準装備化され、ボディカラーの「アーバンブルーパールメタリック」が廃止された。
  • 2019年4月 - ボディカラーの設定を変更。「レイブルーパールメタリック」と入れ替えで「スターゲイズブルーパールメタリック」を設定し、銀系(オプションカラー)の「プレミアムシルバーメタリック3」を「プレミアムシルバーメタリック4」に差し替えた。
  • 2020年
    • 3月 - 日本市場向けモデルの生産を終了[23]
    • 7月 - 公式サイトへの掲載を終了し、日本市場向けには販売会社保有の在庫分のみの販売となった[23][24]。なお、日本市場向けモデルの総輸入販売台数は約2,500台程度であった。。これにより、同社の日本国内市場でのBセグメントクラスのハッチバックはスイフトに一本化される形となる。

脚注編集

注記編集

  1. ^ 日本以外の他メーカーでインドで生産されたモデルを日本市場に投入した例としては、フォード・エコスポーツ(2012年製造開始の2代目モデル)がある。
  2. ^ マルチ・スズキ以外のモデルではヒュンダイ・i20が7位で最上位[7]
  3. ^ このため、スイフトの5ナンバーサイズに対し、バレーノは3ナンバーサイズになる[12]。ただし、2017年9月発売の4代目スイフトスポーツは車幅が1.7mを超えるため、バレーノ同様に3ナンバーサイズ。

出典編集

  1. ^ a b “スズキ、ジュネーブモーターショーで、コンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を世界初公開” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年3月3日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2014/0303/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  2. ^ a b “スズキ、フランクフルトモーターショーで、新型コンパクトカー「Baleno(バレーノ)」を発表” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年9月15日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0915/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  3. ^ a b “スズキ「バレーノ」発売 「適地」重視、初のインド製”. 静岡新聞. (2016年3月9日). http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/218488.html 2016年3月10日閲覧。 
  4. ^ “スズキ「バレーノ」イグニスに続くコンパクトハッチモデルを発売!”. clicccar. (2016年3月9日). http://clicccar.com/2016/03/09/359432/ 2016年3月10日閲覧。 
  5. ^ “スズキ、「バレーノ」インドから逆輸入”. 読売新聞. (2016年3月9日). http://www.yomiuri.co.jp/life/atcars/news/20160310-OYT8T50005.html 2016年3月10日閲覧。 
  6. ^ a b “インド製スズキ車、初の逆輸入 小型車「バレーノ」”. 朝日新聞. (2016年3月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ394K9NJ39ULFA017.html 2016年3月10日閲覧。 
  7. ^ a b M, Surendhar (2020年1月7日). “Top 10 Best Selling Cars Of 2019, Dzire On Top - January To December” (英語). Gaadiwaadi.com. 2020年8月22日閲覧。
  8. ^ 出るのが早かったのか失敗作か!? 販売台数が低迷した車5選”. くるまのニュース. メディア・ヴァーグ (2019年9月7日). 2020年9月9日閲覧。
  9. ^ “トヨタ、スズキとインドでOEM 「バレーノ」を自社ブランドで販売 成長市場の足がかりに”. 産経ニュース. (2018年3月29日). https://www.sankei.com/economy/news/180329/ecn1803290069-n1.html 
  10. ^ “スズキがトヨタに初のOEM供給、バレーノ ベースのトヨタ車をインドで発表”. Response.. (2019年6月7日). https://response.jp/article/2019/06/07/323227.html 
  11. ^ 「スターレット」アフリカで復活 豊田通商がOEM供給受け販売”. 産経新聞 (2020年9月1日). 2020年9月3日閲覧。
  12. ^ “スズキ、インド発Bセグメントのニューモデル「バレーノ」発表会”. Car Watch (インプレス). (2016年3月10日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160310_747563.html 2016年3月12日閲覧。 
  13. ^ スズキ、新型コンパクト・ハッチバック「バレーノ」を発表”. autoblog (2016年3月9日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ “【スズキ バレーノ】伊藤チーフエンジニア「競合車はポロ、フィエスタ、i20」”. Response.. (2016年3月9日). http://response.jp/article/2016/03/09/271295.html 2016年3月10日閲覧。 
  15. ^ “スズキ、ジュネーブモーターショーに、コンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を世界初出品” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年2月6日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2014/0206/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  16. ^ “スズキ、フランクフルトモーターショーで、新型コンパクトカー「Baleno(バレーノ)」を初公開” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年8月7日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0807/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  17. ^ “スズキ、インドで「Baleno(バレーノ)」を発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年10月26日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/1026a/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  18. ^ “第44回東京モーターショー2015の出品概要” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年9月30日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0930/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  19. ^ “スズキ、新型小型乗用車「バレーノ」を発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2016年3月9日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2015/0309/index.html 2016年3月9日閲覧。 
  20. ^ “出るのが早かったのか失敗作か!? 販売台数が低迷した車5選(2頁)”. くるまのニュース. (2019年9月7日). https://kuruma-news.jp/post/175096/2 2019年9月7日閲覧。 
  21. ^ “スズキ、小型乗用車「バレーノ」に新機種「XS」を設定し発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2016年11月17日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2016/1117/index.html 2016年11月17日閲覧。 
  22. ^ “スズキ、小型乗用車「バレーノ」のターボエンジン搭載車をレギュラーガソリン仕様に変更” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2018年5月16日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2018/0516b/ 2018年5月16日閲覧。 
  23. ^ a b 林眞人 (2020年7月26日). “さらばスズキバレーノ!! 登場4年で日本から撤退の敗因”. ベストカーWeb. 2020年8月31日閲覧。
  24. ^ スズキ「バレーノ」販売終了していた!? インドからの輸入車 4年目の出来事とは”. くるまのニュース. メディア・ヴァーグ (2020年7月8日). 2020年7月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集