メインメニューを開く

スズキ・フロンテクーペ

フロンテクーペは、かつて鈴木自動車工業(現在のスズキ)が製造・販売していた軽自動車である。

スズキ・フロンテクーペ
LC10W型
GX-CF
Suzuki Fronte Coupe 001.JPG
LC10W型エンジン
Suzuki LC10W Engine 001.JPG
販売期間 1971年9月 –
1976年6月(生産終了)
デザイン 原案:イタルデザイン・ジウジアーロ
最終案:鈴木自動車工業社内
乗車定員 2 / 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン LC10W型 0.356L 2ストローク
直列3気筒 3キャブレター
駆動方式 RR
最高出力 37ps/6,500rpm(グロス値)
最大トルク 4.2kgm/4,500rpm(グロス値)
変速機 4速MT
サスペンション 前:W型ウィッシュボーンコイル
後:セミトレーリングアームコイル
全長 2,995mm
全幅 1,295mm
全高 1,200mm
ホイールベース 2,010mm
車両重量 480kg
データモデル GX 4速MT 1971年式
後継 スズキ・セルボ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

軽自動車規格がまだ360ccだった時代、1967年3月にホンダからN360が発売された事をきっかけに軽自動車のパワー競争が勃発した。これに対抗すべく各メーカーからもスポーティーでハイパワーなモデルが次々と投入される中、スズキは1971年9月に3代目フロンテ(LC10W型・フロンテ71W)の派生モデルとして本モデルを発売した。

デザインはジョルジェット・ジウジアーロによる原案をベースにスズキのデザイナーがアレンジして完成させたものとなる。ノーズを低く構え、フロントガラスを深く傾斜させ、三角窓を廃した事により全体的に伸びやかなデザインとなり、車高も1,200mm(グレードにより1,190mm)と当時の軽自動車の中では最も低かった。

一方インテリアでは、体型に合わせて57mmまで調節可能なチルト式ステアリングの採用や、シートも当時には珍しいバケットタイプのシートが採用され、運転席と助手席共に前後スライド調整が可能であった。計器類には独立単眼式の6連メーターが採用され、右から順に、燃料計、速度計、回転計、水温計、電流計、時計と並んだ。時計はラリー等のスポーツ走行にも使用可能としたタイムリング、タイマーブザー付きという大変凝った物であった。さらに天井には室内温度計付きのオーバーヘッドコンソールが装備された。 デビュー当初は『ふたりだけのクーペ』という宣伝フレーズで2シーターのみのラインナップであったが、市場の要望により後にリアシートを追加した2+2が登場し、2シーターモデルはその後カタログから消滅した。

エンジンは水冷2ストローク直列3気筒のLC10W型で、これに3連キャブが奢られ、僅か356ccの排気量から37馬力(後期型は35馬力となり共にグロス値)を発生した。これをリアに搭載して後輪で駆動するRR方式とする事で前後重量配分は39.5対60.5、ゼロヨン加速は19秒47という俊足ぶりを発揮した。また純正オプションとして競技用のパーツも多数用意され、横転時に乗員を保護するためのロールバーや、サポート機能をより強化したスポーツバケットシート(フルバケットシート)、3点式シートベルト(標準は2点式)、レーシングカーと同タイプのレザーステアリング、ヒール&トゥが容易に行える形のスポーツペダル等、様々なパーツの選択が可能であった。このため軽自動車では初の本格的なスポーツカーとして位置付けられる。[1]

初代 LC10W型 (1971年-1976年)編集

  • 1971年9月 - 発売。当初は2シーターのみの設定。フロントフェンダーボンネットにFRPが使われていた。37psユニットのみ搭載。
  • 1972年2月 - 4人乗りの2+2・GXFを追加。
  • 1972年3月 - 34ps廉価ユニットのGXDF、34ps仕様のGX-PF追加。
  • 1972年6月 - 31psユニットを搭載する最廉価版のGAFと前輪ディスクブレーキ、タンデムブレーキマスターシリンダーを装備した最上級のGXCFを追加。
  • 1972年10月 - 2シーターを廃止。
  • 1974年5月 - 37psユニットが35psにダウン、ラインナップが縮小される。翌年に黄色ナンバーが制定するのを受けて、それに対応するようにした。
  • 1976年6月 - 生産終了。翌年10月に新軽自動車規格にあわせた後継車のセルボが登場。
  • 1991年10月 - 「愛車に生まれ故郷を見せてやろう」を謳い文句に発売20周年を祝うイベントが社名変更後のスズキ本社で行われ、17台が集まった。

主なグレード編集

  • GXCF
  • GXDF
  • GXF
  • GX
  • GER
  • GE
  • GAF

脚注編集

  1. ^ 歴代 軽自動車のすべて. 三栄書房. (2014). pp. 14. ISBN 9784779621031. 

関連項目編集

外部リンク編集