メインメニューを開く

スズノキャスターは、日本生まれの競走馬繁殖牝馬

スズノキャスター
品種 アングロアラブ
性別
毛色 鹿毛
生誕 1988年5月7日
死没 不明(2005年?)
ゼンニホン
アサヒリイダー
母の父 ビツクスリー
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 沖田建男
馬主 鈴木義富
調教師 鈴木良文(笠松
競走成績
生涯成績 40戦28勝
獲得賞金 1億5745万円
テンプレートを表示

重賞は通算14勝を挙げて、牝馬(サラブレッドも含めて)の重賞最多勝日本記録を保持している[要出典]また、アングロアラブの重賞最多勝日本記録も保持している[要出典]

経歴編集

1990年7月に競走馬としてデビュー。東海地方アングロアラブ戦線で圧倒的な強さを発揮した。1991年には園田競馬場へ遠征しアングロアラブ牝馬のチャンピオン決定戦全日本アラブクイーンカップに出走したが4着に敗退。しかし翌1992年と1993年に同レースを連覇した。なお、1993年の優勝は園田競馬場史上屈指のアングロアラブ牝馬であるヒカサクィーンを破ってのものだった。

1993年と1994年には大井競馬場で行われた全日本アラブ大賞典に出走。同競馬場所属の南関東アラブ三冠馬トチノミネフジと2度にわたってアングロアラブ史に残るといわれる激闘を繰り広げた。いずれのレースでもトチノミネフジの2着に敗れたものの、当時の牡馬を含む日本のアングロアラブの中でもトップの実力馬の1頭として全国的に認知されることとなった。なお、1994年には地元の笠松競馬場で重賞マイル争覇およびくろゆり賞でサラブレッドと戦い、勝利を収めている。とくにマイル争覇は後にNARグランプリサラブレッド5歳以上最優秀馬を2年連続で受賞した名古屋競馬場所属の名馬、マルブツセカイオーを破っての勝利であった。

1995年10月の東海クラウンを最後に競走馬を引退し、繁殖牝馬となった。交配相手にはアングロアラブの名種牡馬の他、サラブレッドのワカオライデンエイシンサンディが選ばれたが産駒は目立つ実績を残せなかった。2005年11月に転売不明となっている。

産駒一覧編集

血統表編集

スズノキャスター血統(アラブ血量29.82% サラ テディ系 / 弟詠5×5=6.25%、ライジングフレーム4×4=12.50% (父内) 、バラツケー5×5・5=9.38%) (血統表の出典)

アア ゼンニホン
1980 鹿毛
父の父
アア ホクトライデン
1972 鹿毛
アア *エルシド
El Cid III
アア Nithard
アア Farida IV
アア ミヤツバメ サラ *ライジングフレーム
アア 梅汐
父の母
アア ヤマサンムラサキ
1963 栗毛
アア シユンエイ サラ *ライジングフレーム
アア 弟猛
アア ミネハタ サラ クモハタ
アア 明美

アア アサヒリイダー
1981 栗毛
アア ビツグスリー
1965 栗毛
アア イチヤマヒカリ サラ タカクラヤマ
アア バラヒカリ
アア エアダービー サラ ハルステーツ
アア 方栄
母の母
アア ホマレダナー
1975 栗毛
アア タガミホマレ アア ミネフジ
アア バイオレツト
アア トシロール アア トシヒロ
サラ タツロール F-No.5-g


外部リンク編集