スズメ小目

スズメ目に分類される小目
スズメ小目 (Sibley)から転送)

スズメ小目(スズメしょうもく、学名 Passerida)は、鳥類スズメ目の小目である。

スズメ小目
ミヤマシトド
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
階級なし : Passeres
小目 : スズメ小目 Passerida
上科

スズメ小目は世界中に分布する。ユーラシア大陸が発祥地とする説が有力だが、これには異論もある。

系統と分類編集

上位編集

Sibley & Ahlquist (1988) は、スズメ亜目カラス小目とスズメ小目に分けた。

シーケンス解析により、カラス小目はスズメ亜目の中の基底的な側系統だと判明し、現在は使われない。一方、スズメ小目は今でも使われるが、Sibleyらのスズメ小目は完全な単系統ではなく、いくつかの修正が必要だった[1]。また、近縁ないくつかの科をスズメ小目に含めることもある[2][3]

スズメ小目から除外された属 (Johansson et al. 2008)
Sibleyの分類 現在の分類
パプアハナドリ属 Melanocharis
コビトミツスイ属 Oedistoma
ハシナガミツスイ属 Toxorhamphus
スズメ上科パプアハナドリ科 Melanocharitidae i.s. パプアハナドリ科 Melanocharitidae
カンムリハナドリ Paramythia スズメ上科カンムリハナドリ科 Paramythiidae カラス上科カンムリハナドリ科 Paramythiidae
アオチメドリ Erpornis ウグイス上科ウグイス科ダルマエナガ族 Timaliini カラス上科モズモドキ科 Vireonidae
ハシナガマダガスカルチメドリ Mystacornis ウグイス上科ウグイス科ダルマエナガ族 Timaliini カラス上科オオハシモズ科 Vangidae
ニュートンヒタキ属 Newtonia ウグイス上科ウグイス科ヨシキリ亜科 Acrocephalinae カラス上科オオハシモズ科 Vangidae
モズチメドリ属 Pteruthius ウグイス上科ウグイス科ダルマエナガ族 Timaliini カラス上科モズモドキ科 Vireonidae
スズメ小目に移された属 (Johansson et al. 2008)
Sibleyの分類 現在の分類
ルリコノハドリ属 Irena カラス上科コノハドリ科 Irenidae スズメ上科ルリコノハドリ科 Irenidae
コノハドリ属 Chloropsis カラス上科コノハドリ科 Irenidae スズメ上科コノハドリ科 Chloropseidae
ヒメサバクガラス Pseudopodoces カラス上科カラス科カラス族 Corvini シジュウカラ上科シジュウカラ科 Paridae
Elminia カラス上科カラス科カササギヒタキ族 Monarchini i.s. センニョヒタキ科 Stenostiridae
ヒメヒタキ属 Erythrocercus カラス上科カラス科カササギヒタキ族 Monarchini ウグイス上科ウグイス科 Cettiidae
ハイガシラヒタキ属 Culicicapa カラス上科キバラヒタキ科 Eopsaltriidae i.s. センニョヒタキ科 Stenostiridae

下位編集

Sibley & Ahlquist (1988) はスズメ小目をウグイス上科ヒタキ上科スズメ上科の3上科に分けた。その後も修正を経つつ3つの系統を認めることもあったが[4]、それらに属さないいくつかの小さい系統を認めることもあった[5]

Johansson et al. (2008)[1]は、単系統性が強く支持される系統のみを認めるなら、スズメ小目は少なくとも9つの系統に分かれるとした。彼らはいくつかの系統には上科としての名称を与えなかったが、ここではそのうち「Parinae/Remizinae」はシジュウカラ上科とし[6]レンジャク科は、Johansson et al. が対象としなかったが他の研究で近縁とされた数科[7][8]をまとめレンジャク上科とした。これら9系統の間の系統関係はまだよくわかっていない。

Alström et al. (2014)によると、ウグイス上科のチメドリ科のオナガサザイチメドリ属(Spelaeornis)に従来分類されていたシロボシサザイチメドリ(Spelaeornis formosus)は、実際はこの小目内では基部で枝分かれした遺存的な系統であり、近い現生群が存在しないため、かつて用いられた Elachura formosaを再び有効名とし、独自の科 Elachuridaeを設け、遺伝的距離から独自の上科としても認められるとしている。 [9]

分類対照表 (Johansson et al. 2008)
Johansson et al. Sibley et al.
ムシクイヒタキ科 ムシクイヒタキ科 Hyliotidae ウグイス上科
シジュウカラ上科 シジュウカラ科 Paridae
ツリスガラ科 Remizidae
ウグイス上科 エナガ科 Aegithalidae
ツバメ科 Hirundinidae
ヒヨドリ科 Pycnonotidae
セッカ科 Cisticolidae
アカガシラチメドリ科 Timaliidae
チメドリ科 Pellorneidae
ガビチョウ科 Leiothrichidae
ダルマエナガ科 Sylviidae
メジロ科 Zosteropidae
テトラカヒヨドリ科 Bernieridae
ハシナガムシクイ科 Macrosphenidae
ヒゲガラ科 Panuridae
ウグイス科 Cettiidae ウグイス上科・カラス上科
ヒバリ科 Alaudidae スズメ上科
センニョヒタキ科 センニョヒタキ科 Stenostiridae ウグイス上科・カラス上科
キクイタダキ科 キクイタダキ科 Regulidae ウグイス上科
レンジャク上科 レンジャク科 Bombycillidae ヒタキ上科
ヒタキ上科 マネシツグミ科 Mimidae
ムクドリ科 Sturnidae ヒタキ上科・ウグイス上科
ウシツツキ科 Buphagidae ヒタキ上科
カワガラス科 Cinclidae
ツグミ科 Turdidae
ヒタキ科 Muscicapidae
キバシリ上科 ゴジュウカラ科 Sittidae ウグイス上科
カベバシリ科 Tichodromidae
キバシリ科 Certhiidae
ミソサザイ科 Troglodytidae
ブユムシクイ科 Polioptilidae
スズメ上科 スズメ科 Passeridae スズメ上科
セキレイ科 Motacillidae
イワヒバリ科 Prunellidae
ハタオリドリ科 Ploceidae
カエデチョウ科 Estrildidae
オリーブアメリカムシクイ科 Peucedramidae
アトリ科 Fringillidae
タイヨウチョウ科 Nectariniidae
オナガミツスイ科 Promeropidae スズメ上科・ウグイス上科
ルリコノハドリ科 Irenidae カラス上科
コノハドリ科 Chloropseidae

系統樹編集

主にJohansson (2008)[1]による。広義のスズメ小目に含まれる科(クイナチメドリ科以外)[10][11]クイナチメドリ科[10]の位置は別の研究による。

ムシクイヒタキ科の位置は不確実である。スズメ小目の仲で最初に分岐したとする説もあったが[12]、同じ遺伝子を使った後の研究では違った結果が出ている[13]

広義のスズメ小目

オーストラリアヒタキ科 Petroicidae

スズメ小目

シジュウカラ上科 Paroidea

ウグイス上科 Sylvoidea

センニョヒタキ科 Stenostiridae

ムシクイヒタキ科 Hyliotidae

キクイタダキ科 Regulidae

レンジャク上科 Bombycilloidea

ヒタキ上科 Muscicapoidea

キバシリ上科 Certhioidea

スズメ上科

オナガミツスイ科 Promeropidae

狭義のスズメ上科 Passeroidea

クイナチメドリ科 Eupetidae

アカイワトビヒタキ科 Chaetopidae

ハゲチメドリ科 Picathartidae

編集

以下の科は国際鳥類学会議 (IOC)[14]による。

シジュウカラ上科 Paroidea編集

ウグイス上科 Sylvoidea編集

レンジャク上科 Bombycilloidea編集

ヒタキ上科 Muscicapoidea編集

キバシリ上科 Certhioidea編集

ゴジュウカラ上科 Sittoidea とも。

スズメ上科 Passeroidea編集

その他の科編集

互いにはおそらく近縁ではないが、便宜上まとめて記す。Johansson の9系統のうち1科のみからなる3系統。

広義のスズメ小目編集

スズメ小目に近縁で、スズメ小目に含めることもある4科。

Sibley分類での科・亜科・族編集

上科 亜科
ヒタキ上科 Muscicapoidea レンジャク科 Bombycillidae ヤシドリ族 Dulini
レンジャクモドキ族 Ptilogonatini
レンジャク族 Bombycillini
カワガラス科 Cinclidae
ヒタキ科
Muscicapidae
ツグミ亜科 Turdinae
ヒタキ亜科
Muscicapinae
ヒタキ族 Muscicapini
ノビタキ族 Saxicolini
ムクドリ科 Sturnidae ムクドリ族 Sturnini
マネシツグミ族 Mimini
ウグイス上科 Sylvioidea ゴジュウカラ科
Sittidae
ゴジュウカラ亜科 Sittinae
カベバシリ亜科 Tichodrominae
キバシリ科
Certhiidae
キバシリ亜科
Certhiinae
キバシリ族 Certhiini
ホシキバシリ族 Salpornithini
ミソサザイ亜科 Troglodytinae
ブユムシクイ亜科 Polioptilinae
シジュウカラ科
Paridae
ツリスガラ亜科 Remizinae
シジュウカラ亜科 Parinae
エナガ科 Aegithalidae
ツバメ科 Hirundinidae カワツバメ亜科 Pseudochelidoninae
ツバメ亜科 Hirundininae
キクイタダキ科 Regulidae
ヒヨドリ科 Pycnonotidae
ミミグロレンジャクモドキ科 Hypocoliidae
セッカ科 Cisticolidae
メジロ科 Zosteropidae
ウグイス科 Sylviidae ヨシキリ亜科 Acrocephalinae
オオセッカ亜科 Megalurinae
ガビチョウ亜科 Garrulacinae
ダルマエナガ亜科
Sylviinae
ダルマエナガ族 Timaliini
ミソサザイモドキ族 Chamaeini
オナガムシクイ族 Sylviini
スズメ上科 Passeroidea ヒバリ科 Alaudidae
タイヨウチョウ科
Nectariniidae
オナガミツスイ亜科 Promeropinae
タイヨウチョウ亜科
Nectariniinae
ハナドリ族 Dicaeini
タイヨウチョウ族 Nectariniini
パプアハナドリ科 Melanocharitidae パプアハナドリ族 Melanocharitini
ハシナガミツスイ族 Toxorhamphini
カンムリハナドリ科 Paramythiidae
スズメ科 Passeridae スズメ亜科 Passerinae
セキレイ亜科 Motacillinae
イワヒバリ亜科 Prunellinae
ハタオリドリ亜科 Ploceinae
カエデチョウ亜科
Estrildinae
カエデチョウ族 Estrildini
テンニンチョウ族 Viduini
アトリ科 Fringillidae オリーブアメリカムシクイ亜科 Peucedraminae
アトリ亜科
Fringillinae
アトリ族 Fringillini
ヒワ族 Carduelini
ハワイミツスイ族 Drepanidini
ホオジロ亜科
Emberizinae
ホオジロ族 Emberizini
アメリカムシクイ族 Parulini
フウキンチョウ族 Thraupini
ショウジョウコウカンチョウ族 Cardinalini
ムクドリモドキ族 Icterini

出典編集

  1. ^ a b c Johansson, Ulf S.; Fjeldså, Jon; Bowie, Rauri C. K. (2008), “Phylogenetic relationships within Passerida (Aves: Passeriformes): A review and a new molecular phylogeny based on three nuclear intron markers”, Molecular Phylogenetics and Evolution 48: 858?876, http://www.nrm.se/download/18.7d9d550411abf68c801800015111/Johansson+et+al+Passerida+2008.pdf 
  2. ^ O’Leary, Maureen A.; Allard, Marc; et al. (2004), “Phylogenic relationships among modern birds (Neornithes): toward an Avean tree of life”, in Cracraft, Joel; Donoghue, Michael J., Assembling the tree of life, Oxford University Press 
  3. ^ Harshman, John (2008), “Passerida”, Tree of Life web project, http://tolweb.org/Passerida/29223 
  4. ^ Treplin, Simone; et al. (2007), “Molecular phylogeny of songbirds (Aves: Passeriformes) and the relative utility of common nuclear marker loci”, Cladistics 24 (3): 328–349, doi:10.1111/j.1096-0031.2007.00178.x 
  5. ^ Barker, F. Keith (2004), “Phylogeny and diversification of the largest avian radiation”, Proc. Natl. Acad. Sci. 101 (30): 11040–11045, http://www.pnas.org/content/101/30/11040.full 
  6. ^ Treplin, Simone (2006), “Inference of phylogenetic relationships in passerine birds (Aves: Passeriformes) using new molecular markers”, PhD thesis (The University of Potsdam), http://opus.kobv.de/ubp/volltexte/2006/1123/pdf/treplin_diss.pdf 
  7. ^ Spellman, Garth M.; Cibois, Alice; et al. (2008), “Clarifying the systematics of an enigmatic avian lineage: What is a Bombycillid?”, Mol Phylogenet Evol. 49 (3): 1036–1040, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2627281/ 
  8. ^ Fleischer, Robert C.; James, Helen F.; Olson, Storrs L. (2008), “Convergent Evolution of Hawaiian and Australo-Pacific Honeyeaters from Distant Songbird Ancestors”, Current Biology 18 (24): 1927–1931, doi:10.1016/j.cub.2008.10.051 
  9. ^ Alström, Per; Hooper, Daniel M.; et al.. (2014), “Discovery of a relict lineage and monotypic family of passerine birds”, Biol. Lett. 10 (3), http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/10/3/20131067.full.pdf+html?sid=cf0cc798-5a9e-44ab-b2fd-7529b38a804b 
  10. ^ a b Jønsson, Knud A.; Fjeldså, Jon (2007), “Systematic placement of an enigmatic Southeast Asian taxon Eupetes macrocerus and implications for the biogeography of a main songbird radiation, the Passerida”, Biol. Lett. 3 (3): 323–326, doi:10.1098/rsbl.2007.0054, http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/3/3/323.full 
  11. ^ Jønssona, Knud A.; Irestedt, Martin; et al. (2008), “Explosive avian radiations and multi-directional dispersal across Wallacea: Evidence from the Campephagidae and other Crown Corvida (Aves)”, Mol. Phylogenet. Evol. 47 (1): 221–236, doi:10.1016/j.ympev.2008.01.017 
  12. ^ Fuchs, Jérôme; Fjeldså, Jon; et al. (2006), “The African warbler genus Hyliota as a lost lineage in the Oscine songbird tree: molecular support for an African origin of the Passerida”, Mol. Phylogenet. Evol. 39 (1): 186–197, doi:10.1016/j.ympev.2005.07.020 
  13. ^ Fuchs, Jérôme; Pasquet, Eric; et al. (2009), “A new Indo-Malayan member of the Stenostiridae (Aves: Passeriformes) revealed by multilocus sequence data: Biogeographical implications for a morphologically diverse clade of flycatchers”, Mol. Phylogenet. Evol. 53 (2): 384–393, doi:10.1016/j.ympev.2009.06.015, http://research.calacademy.org/files/Departments/om/Fuchs%202009%20MPE.pdf 
  14. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/