スタイリスティックス

スタイリスティックスThe Stylistics)はアメリカブラックミュージックのグループ。フィラデルフィア・ソウルの主要アーティストの一つ。黒人コーラス・グループの中でも、甘く洗練されたスウィート・ソウルというスタイルが持ち味。リードのラッセル・トンプキンスJr.のファルセットを売り物として、人気グループとなった。

ザ・スタイリスティックス
The Stylistics
The Stylistics on Soul Train 1974.jpg
1974年、ソウル・トレイン出演時
基本情報
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ソウルミュージック
活動期間 1968年 -
メンバー エアリオン・ラヴ
ハービー・マレル
ジェイソン・シャープ
バリントン・ヘンダーソン
旧メンバー ラッセル・トンプキンス・ジュニア
ジェイムズ・ダン
ジェイムズ・スミス
レイモンド・ジョンソン
ヴァン・フィールズ
ハロルド・イーバン・ブラウン

来歴編集

1968年結成。1971年にフィラデルフィアでデルフォニックスのプロデュースで成功を収めていたトム・ベルの力添えによりアルバム「スタイリスティックス登場」でデビュー。この中から「ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ」「ストップ、ルック、リッスン」「ユー・アー・エヴリシング」を立て続けにヒットさせた[1]。「ユー・アー・エヴリシング」と「ストップ・ルック・リッスン」は、1973年にダイアナ・ロスマーヴィン・ゲイのデュエットでカバーされた。「ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ」は後にプリンスがカバーした。

1973年にリリースされたサード・アルバム「ロッキン・ロール・ベイビー」の収録曲「誓い(You Make Me Feel Brand New)」は、彼らの代表曲となった。だが、この直後にトム・ベルがプロデュースから外れ、ベルから楽曲が与えられなくなる。1974年以降はヴァン・マッコイやヒューゴ&ルイージのプロデュースにより、ディスコ風の曲中心に路線変更した。それまでのソウル・ファンが離れたことでアメリカ本国では人気に陰りが見え始めた。6枚目のアルバム「サンキュー・ベイビー」収録の「愛がすべて(Can't Give You Anything (But My Love))」は、イギリスではダブル・プラチナを獲得し、日本でもヒットとなった。しかし、他の多くのソウル・コーラス・グループと同様にディスコ・ブームの波を乗り切る事はできず、アメリカでのTop40ヒットは1974年の"Let's Put It All Together"が最後である。

1980年代以降はヒットに恵まれないながらも、メンバーチェンジを繰り返しながら21世紀まで地道に活動を続けている。また2004年にはオリジナルのリードシンガー、ラッセル・トンプキンスJr.がニュー・スタイリスティックス(The New Stylistics)を結成して活動中。来日公演の回数も非常に多い。

関連人物/集団編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集