スタジオ102

スタジオ102』( -いちまるに)は、NHK総合テレビにて1965年4月5日から1980年4月5日まで15年間生放送された朝の情報番組である。

スタジオ102
ジャンル 報道ワイドショー番組
放送時間 平日 7:25 - 8:00
→7:35 - 8:15(35→40分)
放送期間 1965年4月5日 - 1980年4月5日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK総合テレビジョン
出演者 野村泰治
初見弘
大塚利兵衛
川上裕之
井川良久
高梨英一
斎藤季夫
ほか
テンプレートを表示

目次

概要編集

日本放送協会(NHK)は1965年4月の番組改編で朝の報道番組の重点強化をはかり、日常生活に直結した機動的な報道ワイド番組として当番組がスタートした[1]。国外・国内のニュースに直結した話題を毎日選び、NHK独自のネットワーク網を生かして多彩な構成で興味深く紹介した[2]。特に文化(音楽・美術・演劇・舞踊など)の紹介、著名人とのインタビュー、日本各地の話題などの紹介が特徴であった。このような内容は、後年のこの時間帯の枠にも引き継がれた。当番組はNHKの各放送局及び海外総支局が参加したが、1964年東京オリンピックの頃までは地方局の機材が不十分だった。東京オリンピックの後、地方局にテレビ取材の機材が行き渡るようになり、ネットワークを生かせるような番組を制作できるようになった[3]。なお、当番組には天気予報は内包されておらず、当番組の終了直後に独立した番組として放送された。

番組タイトルは、この番組を放送するスタジオの呼称である「102スタジオ」からの生放送を毎朝行うことから付けられ、この番組の開始にあたってスタジオ設備の改修が行われた[4][注 1]

女性キャスターは週6日の放送となることから、2人あるいは3人が交代で担当していた[5][注 2]

放送時間は、放送開始初年度が『NHKニュース[注 3]』が終了してすぐ、朝の7:25 - 8:00の35分間であった[2]。2年目の1966年以降は、7:20からの15分間をローカル枠に当てたため、7:35 - 8:12の37分間となった[6]

1980年、それまで朝7時に放送されていた『NHKニュース』やローカル番組と一本化され、『NHKニュースワイド』へ発展解消するという形で終了した。

歴代キャスター編集

メインキャスター編集

サブキャスター編集

  • 帖佐美紀子(月・水・金)、大島道子(火・木・土)(1965年4月5日 - 1966年4月2日)
  • 志賀靄子(月・水・金)、神崎滋子(火・木・土)(1966年4月4日 - 1967年4月1日)
  • 河村陽子(月・水・金)、武内千瑞子(火・木・土)(1967年4月3日 - 1968年3月30日)
  • 神崎滋子(月・水・金)、高島多恵子(火・木・土)(1968年4月1日 - 1969年4月5日)
  • 橋本潤子(月・木)、高島多恵子(火・金)、後藤美代子(水・土)(1969年4月7日 - 1970年4月4日)
  • 室町澄子(月・水・金)、田谷章子(火・木・土)(1970年4月6日 - 1971年4月3日)
  • 室町澄子(月・木)、佐藤路子(火・金)、村田幸子(水・土)(1971年4月5日 - 1972年4月1日)
  • 佐藤(現・増渕)路子(月・木)、伊藤慶子(火・金)、帰山礼子(水・土)(1972年4月3日 - 1973年3月31日)
    月・木曜担当の佐藤、火・金曜担当の伊藤は、1972年末より結婚後の姓である「増渕」姓(佐藤)・「久保」姓(伊藤)名義で出演した。
  • 井出佳津江(月・木)、加藤洋子(火・金)、帰山礼子(水・土)(1973年4月2日 - 1974年3月30日)
    火・金曜担当の加藤は、1974年初頭より結婚後の姓である「小宮山」姓名義で出演した。
  • 中島牧子(月・木)、井出佳津江(火・金)、長島澄子(水・土)(1974年4月1日 - 1975年4月5日)
  • 山根基世(月・木)、遠藤ふき子(火・金)・井出佳津江(水・土)(1975年4月7日 - 1976年4月3日)
  • 介川裕子(月・木)、山根基世(火・金)、遠藤ふき子(水・土)(1976年4月5日 - 1977年4月2日)
  • 滝沢京子(月・木)、介川裕子(火・金)、安藤恵(水・土)(1977年4月4日 - 1977年8月20日)
    1977年8月20日放送分で水・土曜担当の安藤がNHK大阪放送局転勤のため途中降板した。8月22日放送からの1週間は残った滝沢・介川の2人が通常とは異なるシフトを組んで(滝沢が月・水・金、介川が火・木・土)担当した[注 4]
  • 滝沢京子(月・木)、福田康子(火・金)、介川裕子(水・土)(1977年8月29日 - 1978年4月1日)
  • 吉田敦子(月・木)、桜井洋子(火・金)、上安平洌子(水・土)(1978年4月3日 - 1979年3月31日)
  • 桜井洋子(月・水・木)、吉田敦子(火・金・土)(1979年4月2日 - 1980年4月5日)

変遷編集

期間 メイン サブ
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1965.04.05 1966.04.02 野村泰治 帖佐美紀子 大島道子 帖佐美紀子 大島道子 帖佐美紀子 大島道子
1966.04.04 1967.04.01 志賀靄子 神崎滋子 志賀靄子 神崎滋子 志賀靄子 神崎滋子
1967.04.03 1968.03.30 河村陽子 武内千瑞子 河村陽子 武内千瑞子 河村陽子 武内千瑞子
1968.04.01 1969.04.05 初見弘
大塚利兵衛
(隔週交代)
神崎滋子 高島多恵子 神崎滋子 高島多恵子 神崎滋子 高島多恵子
1969.04.07 1970.04.04 橋本潤子 後藤美代子 橋本潤子 高島多恵子 後藤美代子
1970.04.06 1971.04.03 川上裕之 室町澄子 田谷章子 室町澄子 田谷章子 室町澄子 田谷章子
1971.04.05 1972.04.01 佐藤路子 村田幸子 室町澄子 佐藤路子 村田幸子
1972.04.03 1973.03.31 佐藤路子 伊藤慶子 帰山礼子 佐藤路子 伊藤慶子 帰山礼子
1973.04.02 1974.03.30 井川良久 井出佳津江 加藤洋子 井出佳津江 加藤洋子
1974.04.01 1975.04.05 中島牧子 井出佳津江 長島澄子 中島牧子 井出佳津江 長島澄子
1975.04.07 1976.04.03 高梨英一 山根基世 遠藤ふき子 井出佳津江 山根基世 遠藤ふき子 井出佳津江
1976.04.05 1977.04.02 介川裕子 山根基世 遠藤ふき子 介川裕子 山根基世 遠藤ふき子
1977.04.04 1977.08.20 斎藤季夫 滝沢京子 介川裕子 安藤恵 滝沢京子 介川裕子 安藤恵
1977.08.22 1977.08.27 滝沢京子 介川裕子 滝沢京子 介川裕子
1977.08.29 1978.04.01 福田康子 介川裕子 滝沢京子 福田康子
1978.04.03 1979.03.31 吉田敦子 桜井洋子 上安平洌子 吉田敦子 桜井洋子 上安平洌子
1979.04.02 1980.04.05 桜井洋子 吉田敦子 桜井洋子 桜井洋子 吉田敦子 吉田敦子

テーマ曲編集

  • 初代(番組スタート - ) - 作曲:河江一仁(CD『懐かしのNHKテレビ主題曲集』に収録)
  • 2代目( - 番組終了まで) - 作曲:大野雄二

関連著作編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 3桁数字のスタジオ名を冠した番組はほかにも存在する。この名称のスタジオは、1973年までは内幸町旧東京放送会館、それ以後は渋谷現放送センターの両方に存在し、各々の時期に各々のスタジオで放送された。
  2. ^ なお、女性キャスターは冒頭で「アシスタントの○×です」と名乗った。
  3. ^ 朝7時のNHKニュース・全国は7:00 - 7:15までの15分間であった。各地の放送局からは7:15 - 7:20間での5分間であった。
  4. ^ なお、同週はメインの斉藤も夏季休暇のため出演しておらず、代役として伊藤鑛二が出演する。

出典編集

  1. ^ 日本放送出版協会(編) 『「放送文化」誌に見る昭和放送史』 日本放送出版協会、1990年、258頁。 
  2. ^ a b 日本放送協会 編 『NHK年鑑'66』 日本放送出版協会、1966年、84頁。 
  3. ^ 日本放送協会(編) 『20世紀放送史 上』 日本放送出版協会、2001年、572頁。 
  4. ^ 日本放送協会 編 『NHK年鑑'66』 日本放送出版協会、1966年、84,174頁。 
  5. ^ 日本放送出版協会(編) 『「放送文化」誌に見る昭和放送史』 日本放送出版協会、1990年、259頁。 
  6. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』 日本放送出版協会、1967年、87頁。 

関連番組編集

外部リンク編集

NHK総合テレビ 朝のニュース・情報番組
前番組 番組名 次番組
NHKニュース
おはようみなさん(1960年4月 - 1964年3月
※1964年4月 - 1965年3月はけさの話題・きょうの話題に分離)
NHKニュース(7:00 - 7:15 → 7:00 - 7:20)
各局ローカル(7:15 - 7:20 → 7:20 - 7:35)
スタジオ102(7:25 - 8:00 → 7:35 - 8:15)