スタッフ (バンド)

スタッフStuff)は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動した、アメリカフュージョンバンドである。

スタッフ
Stuff
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル フュージョンジャズ・ファンク
活動期間 1970年代 - 1980年代
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
メンバー ゴードン・エドワーズ (b)
コーネル・デュプリー(g)
エリック・ゲイル (g)
リチャード・ティー (key)
スティーヴ・ガッド (ds)
クリストファー・パーカー(ds)

概要編集

メンバーは、リーダーのゴードン・エドワーズ(ベース)、コーネル・デュプリー(ギター)、エリック・ゲイル(ギター)、リチャード・ティー(キーボード)、スティーヴ・ガッド(ドラム)、クリストファー・パーカー(ドラム)の6人がオリジナル・メンバーで、ドラマーとギタリストが2人ずついるのが特色だった。

メンバーは皆ニューヨークを中心に活動していた有能なスタジオ・ミュージシャンであり、1970年代後半のフュージョン・ブームに乗った。コーネル・デュプリーはすでにスタッフ結成以前からかなりの実績があった。例えばブルック・ベントンの「雨のジョージア」[1](1970年)でのソウルフルなギター演奏や、キング・カーティスの「ライブ・アット・フィルモア・ウエスト」(1971年)、ダニー・ハサウェイの「ライブ」(1972年)への参加で高い評価を得ていた。またスティーヴ・ガッドも優れた演奏能力を持ったドラマーとして知られている。

ジャズソウルR&Bといったジャンルを混合したものであり、ザ・クルセイダーズスパイロ・ジャイラジョージ・ベンソンリー・リトナーラリー・カールトンらと同様、フュージョンという限定されたジャンルの中で評価された。演奏は、フュージョン・バンドらしい優れた技巧を使用したものである。

来歴編集

1960年代半ば、ゴードン・エドワーズが結成したセッション・バンド「エンサイクロペディア・オブ・ソウル」が母体となる。1970年代に入ると彼らはニューヨークのクラブ、ミケールズ(Mikell's)で演奏を繰り広げ、人気バンドとなる。またコーネル・デュプリーリチャード・ティーはサックス奏者キング・カーティスのバンド、ザ・キングピンズとして活動していた。このクラブに出入りしていた他のメンバーもバンドに参加するなど、メンバーは流動的だったが、1970年代半ばにはメンバーは固定され始めていた。ドラムのクリストファー・パーカーは1970年代前半から「エンサイクロペディア・オブ・ソウル」に参加していたが、彼がブレッカー・ブラザーズのツアーで、ゴードンとのライブに参加できなくなり、クリスがスティーヴ・ガッドを紹介。クリスの身が空いてからは、コーネル・デュプリーの案[2]でツイン・ドラムの編成となった。

1975年の末頃か翌1976年初頭、ジョー・コッカーのアルバム制作にクリストファー・パーカーを除くメンバーが起用されており、アルバム『スティングレイ』にはほぼ方向性を定めたスタッフの演奏を聴くことができる。8月、スイスモントルー・ジャズ・フェスティヴァルに出演。この様子は、日本のラジオでも放送され話題を呼ぶ。なお、このライブは2007年にCD化とDVD化された。同年、トミー・リピューマとハーブ・ロヴェルをプロデューサーに迎え、ワーナー・ブラザース・レコードよりレコード・デビューする。時代はフュージョン・ブームの真っ只中であり、ファースト・アルバム『スタッフ!!』は先に放送されたライブの評判もあいまって、日本国内ではそれなりのヒットとなった。しかしアメリカ本国やヨーロッパでは、不発に終わってしまった。

1977年にヴァン・マッコイとチャーリー・チップス、スタッフの共同プロデュースでアルバム『モア・スタッフ』を、1978年にスティーヴ・クロッパーのプロデュースで『スタッフ・イット』をリリースした。

1978年に行われた、東京郵便貯金ホールでのライブは、『ライヴ・スタッフ』としてアルバム化された。なお、クリス・パーカーは急病のため、参加できなかった。このアルバムは、ウーンデッド・バード・レコードがワーナーから権利を買い取り、2008年に再発される。

1980年には、彼らの拠点であるミケールズでのライブ・アルバム『イン・ニューヨーク』が発売される。

その後は、各メンバーがソロ活動などで多忙になったため、空中分解する。

解散後編集

その後、メンバーのスティーヴ・ガッドを中心にコーネル・デュプリー、リチャード・ティーらにより、ガッド・ギャング(Gadd Gang)が結成された。

1993年にリチャード・ティーが前立腺癌のため死去。ゴードンは追悼の意も込めて[2]、バンドを再結成、ジェイムス・アレン・スミスをキーボーディストとして迎えアルバム『メイド・イン・アメリカ』を収録する。翌1994年にエリック・ゲイルが肺ガンのため死去。ゴードンはバンド名を「スタッフ2」に変更し、ライブを中心に活動し続ける。

2001年に、スタッフ名義でアルバム『ナウ!』をリリースした。

2011年には、コーネル・デュプリーが肺気腫のため死去。

エピソード編集

  • ファースト・アルバムの「いとしの貴女 (My Sweetness)」はNHK-FMの音楽番組『軽音楽をあなたに』のテーマ曲として知られる。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『スタッフ!!』 - Stuff (1976年)
  • 『モア・スタッフ』 - More Stuff (1977年)
  • 『スタッフ・イット』 - Stuff It (1978年)
  • 『ライヴ・スタッフ』 - Live Stuff (1978年) ※東京でのライブ録音
  • 『イン・ニューヨーク』 - Live in New York (1980年) ※ニューヨークでのライブ録音
  • 『メイド・イン・アメリカ』 - Made in America (1993年)
  • 『ナウ!』 - Now (2001年)
  • 『ライヴ・アット・モントルー 1976』 - Live at Montreux 1976 (2007年) ※1976年、モントルーでのライブ録音

DVD編集

  • 『ライヴ・アット・モントルー 1976』 - Live at Montreux 1976 (2007年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.independent.co.uk > News > Obituaries
  2. ^ a b Liner Notes Stuff for Japanese 2007 reissue

外部リンク編集