スタディオン・ハルヘンワールト

スタディオン・ハルヘンワールトStadion Galgenwaard)は、オランダユトレヒト州ユトレヒトにあるサッカー専用スタジアム

スタディオン・ハルヘンワールト
Stadion Galgenwaard
Stadion FC Utrecht - Bunnikside.jpg
施設情報
所在地 オランダの旗 オランダユトレヒト
起工 1929年
開場 1936年5月21日
修繕 1982年、2004年
所有者 FCユトレヒト
運用者 FCユトレヒト
グラウンド グラスマスター
ピッチサイズ 105 x 68 m
設計者 ライン・ヤンスマ
モスへ・ズワルツ
建設者 ZJA Zwarts&Jansma Architects
旧称
Stadion Nieuw-Galgenwaard
使用チーム、大会
DOS (1936-1970)
USVヘラクレス (1936-1967)
フェロックス (1967-1970)
FCユトレヒト (1970-present)
収容人員
23,750人

歴史編集

1600年頃、この土地は主に死刑囚に対して絞首刑を行う処刑場であった。1700年頃から、スタジアム建設が始まる1930年代まで、農地だった。

建設開始時の背景には、当時、ユトレヒト近郊にスポーツ施設が存在しなかったことと、オランダ国防省が完成したスタジアムを有事の際に国の防衛拠点として使用する目論見があったことなどがある。戦争に巻き込まれるという懸念があったものの、国防省の力を借り、1929年に建設が開始された。

1936年5月21日、スタジアムの建設が完了し、サッカーだけでなく自転車競技視覚ハウンドなどの競技にも使用された。建設当時、サッカークラブではDOSやUVヘラクレスがスタジアムを使用し、週末のリーグ戦には約18,000人が詰めかけた。

しばらく、大規模な改修工事は計画されなかったが、2001-02シーズンにスタジアムの拡張工事が始まり、2004年に竣工。スタジアム収容人数が23,750人に増加した。2009年9月9日にはサッカー日本代表サッカーガーナ代表の親善試合が行われており、日本が4-3で勝利を収めている。

外部リンク編集