スタディオ・アンジェロ・マッシミーノ

スタディオ・アンジェロ・マッシミーノStadio Angelo Massimino)は、イタリアカターニアにある陸上競技場。セリエAに所属するカルチョ・カターニアがホームスタジアムとして使用している。収容人数は23,420人。

スタディオ・アンジェロ・マッシミーノ
Stadio Angelo Massimino
Cibalisettoreospiti.jpg
施設情報
所在地 カターニアイタリア
開場 1937年
所有者 カターニア市
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
カルチョ・カターニアサッカー
収容人員
23,420人

スタジアムの名前は、25年近くも職にあったカルチョ・カターニアの前会長の名前に由来している。

2007年2月2日に行われたカルチョ・カターニア対USチッタ・ディ・パレルモのセリエAの試合でサポーターの暴動により、警官一人が死亡し、カルチョ・カターニアは2007年6月30日までこのスタジアムの使用を禁止された(詳細はカターニアのサッカー暴動を参照)。

2006年から2011年まで、森本貴幸がカルチョ・カターニアに所属してこのスタジアムでプレーしていた。