スタニスラフ・ティムチェンコ

スタニスラフ・ヴァレリエヴィチ・ティムチェンコロシア語: Станислав Валерьевич Тимченкоラテン翻字Stanislav Valerievich Timchenko1983年1月11日 - )は、ロシアモスクワ出身の男性フィギュアスケート選手。2001-2002年シーズンのJGPファイナル優勝。

Pix.gif スタニスラフ・ティムチェンコ
Stanislav Timchenko
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1983-01-11) 1983年1月11日(35歳)
出生地: モスクワ
身長: 173 cm
元コーチ: マリナ・セリツカヤ
元振付師: エレーナ・マテーワ、ナタリア・パフロワ
引退: 2004年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 161.37 2003 スケートアメリカ
ショートプログラム: 56.73 2003 スケートカナダ
フリースケーティング: 114.29 2003 スケートアメリカ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2002 ハーマル 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2000 エア 男子シングル
2001 ブレッド 男子シングル

目次

経歴編集

ロシアのモスクワに生まれ、3歳でスケートを始めた。当初、サッカーをやりたがったが、年齢が若すぎるためスケートを始めたという。1997-1998年シーズンのトリグラフトロフィージュニアクラスで2位となり、翌1998-1999年シーズンよりISUジュニアグランプリに参戦した。2000-2001年シーズンにはJGPブラオエン・シュベルター杯で優勝。JGPバルト杯でも3位となり、JGPファイナルでも3位となった。

2001-2002年シーズン、JGPバルト杯JGPトラパネーゼ杯で優勝、2度目の出場となったJGPファイナルでも優勝を果たした。3年ぶりの出場となった2003年世界ジュニア選手権では初表彰台の3位。

2002-2003年シーズンより本格的にシニアに転向。カールシェーファーメモリアルで優勝し、ISUグランプリシリーズスケートカナダでは3位となった。2003年欧州選手権2003年世界選手権のロシア代表にも選出され、それぞれ初出場ながら欧州選手権では6位、世界選手権では12位となった。翌2003-2004年シーズン、グランプリシリーズの2戦に参戦したがこのシーズンをもってアマチュア引退。

8歳年下の妹のソフィアは3歳の時から女優として活動している[1]

主な戦績編集

大会/年 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04
世界選手権 12
欧州選手権 6
世界Jr.選手権 12 3
ロシア選手権 9 7 8 8 3
GPスケートアメリカ 8
GPスケートカナダ 3 10
GPロシア杯 6
ユニバーシアード 5
KSM 1
ネペラメモリアル 1
フィンランディア杯 4
JGPファイナル 3 1
JGPトラパネーゼ杯 1
JGPバルト杯 3 1
JGPブラオエン・シュベルター杯 1
JGPサルコウ杯 7
JGPハーグ 4
JGPウクライナ記念 5
トリグラフトロフィー 2

詳細編集

脚注編集

外部リンク編集