メインメニューを開く

スタンステッド空港トランジット・システム

ロンドン・スタンステッド空港の新交通システム

スタンステッド空港トラック・トランジット・システム(スタンステッドくうこうトラックトランジットシステム、: Stansted Airport Track Transit System (TTS))は、イギリスロンドン・スタンステッド空港にある空港新交通システムである[1][2]

スタンステッド空港トランジット・システム
基本情報
イギリスの旗 イギリス
所在地 ロンドン・スタンステッド空港
種類 新交通システム
開業 1991年
運営者 スタンステッド空港株式会社
詳細情報
総延長距離 3.2 km
路線数 1路線
駅数 6駅
軌間 2.8 m
テンプレートを表示

1991年の開港後、第2サテライトビルのために追加された2つの地下鉄駅とともに、1998年に当システムが拡張された[1]。当システムは空港内でセキュリティ区域を通過した後に利用できる。

目次

駅一覧編集

3駅が設置されており、各駅ともホームドアを備えている。

軌道設備編集

当システムは複線で総延長3.2 km[1]、一端には検車場が設置されている。2つのサテライトビルとメインターミナルビルを結ぶ高架およびトンネル部分が含まれており、1(ゲート1 - 19)および2(ゲート20 - 39)の番号が付いている。

車両編集

開業時にウェスティングハウスが製造したアドトランツC-100を5両導入した。1998年の延伸の際にはボンバルディアCX-100が4両増備され、合計9両の陣容となっている[1]

通常運行時には、9両のうちの8両は99.98 %の可用性の記録を維持するために運行中である[1]。運行は1両編成のほか、2両編成または3両編成の連結運転も行われる。列車は完全に自動化されている(無人運転)。

ギャラリー編集

脚注編集