スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

ベン・E・キング > スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)
ジョン・レノン > 作品リスト > スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

スタンド・バイ・ミー」(Stand By Me)は、ベン・E・キングの楽曲で、1961年にアトコ・レコードからシングル盤として発売された。作詞作曲は、キングとジェリー・リーバーとマイク・ストーラー[注釈 1]の共作で、チャールズ・アルバート・ティンドリー英語版によって作曲された黒人霊歌Load, Stand By Me英語版」に触発されて書かれた。1986年に公開された同名の映画で主題歌として使用され、映画の宣伝のためにミュージック・ビデオが制作された。同年に再発売され、全英シングルチャートで第1位を獲得。

スタンド・バイ・ミー
ベン・E・キングシングル
初出アルバム『ドント・プレイ・ザット・ソング!英語版
B面
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル
時間
レーベル アトコ・レコード
作詞・作曲
プロデュース ジェリー・リーバーとマイク・ストーラー
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
ベン・E・キング シングル 年表
  • ファースト・テイスト・オブ・ラブ
  • (1961年)
  • スタンド・バイ・ミー
  • (1961年)
  • アモール
  • (1961年)
ドント・プレイ・ザット・ソング!英語版 収録曲
ファースト・テイスト・オブ・ラヴ
(A-6)
スタンド・バイ・ミー
(B-1)
イエス
(B-2)
テンプレートを表示

発売以降、ジョン・レノンブルース・スプリングスティーンレディー・ガガ忌野清志郎らによってカバーされており、カバー・バージョンの数は400を超える[4]

背景・制作編集

1960年、ベン・E・キングは、20世紀初頭にチャールズ・アルバート・ティンドリーが『詩編46』の「Therefore will not we fear, though the earth be removed, and though the mountains be carried into the midst of the sea(このゆえに、たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。)」という記述を基に作曲した「Load, Stand By Me英語版」に触発されて、「スタンド・バイ・ミー」を書いた[5]。ドキュメンタリー『The History of Rock 'n' Roll』において、キングは当初本作をソロ楽曲としてレコーディングするつもりがなかったことを明かしている[6]。本作は、当時キングが在籍していたドリフターズのために書き下ろされた楽曲であったが、バンドのマネージャーによって却下される。同グループ脱退後、本作を自身の楽曲とすることにした[7]

歌詞はキングとジェリー・リーバーによって書かれたもの。マイク・ストーラーは、2人が作詞作業を行っている最中に、ピアノでハーモニーを作り上げて曲の特徴となっているベースラインを考え出したと回想している[8]。本作ではフィフティーズ進行英語版というコード進行のパターンが使用されていて、このコード進行は本作の発売後「スタンド・バイ・ミー進行」として知られている[9]

1960年10月27日[7]、キングはニューヨークにあるアトランティック・レコード・スタジオで「スタンド・バイ・ミー」のレコーディングを行った。本作の演奏者および担当楽器は以下のようになっている[10]

「スタンド・バイ・ミー」は、1961年にシングルとして発売された後、『ビルボード』誌のHot R&B Sidesで第1位を獲得[11]し、全英シングルチャートで最高位27位[12]Billboard Hot 100で最高位4位[13]を記録。1986年に再発売され、全英シングルチャートで第1位を獲得[14]し、年間チャートでは第7位を記録した[15]。日本でもオリコン洋楽シングルチャートで1987年5月11日付から4週連続1位を獲得[16]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』(2004年版)では第122位にランクイン[17]BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで4位にランクインされた[18]。2012年12月28日にBBC Fourが放送した『ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド』で、音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第6位に選出された[19]

2011年11月16日に発売されたアルバム『Dear Japan, 上を向いて歩こう』には、オリジナル・バージョンとともに日本語でのセルフカバー・バージョンも収録されている[20]

チャート成績(ベン・E・キング版)編集

週間チャート編集

チャート (1961年) 最高位
カナダ (CHUM Hit Parade)[21] 16
UK Singles (Official Charts Company)[12] 27
US Hot R&B Sides (Billboard)[11] 1
US Billboard Hot 100[13] 4
US Cash Box Top 100 Singles[22] 3
チャート (1986年 - 1987年) 最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[23] 82
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[24] 7
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[25] 4
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[26] 46
Canada Top Singles (RPM)[27] 1
Canada Adult Contemporary (RPM)[28] 2
ヨーロッパ (European Hot 100 Singles)[29] 3
フランス (SNEP)[30] 20
アイルランド (IRMA)[31] 1
日本 (オリコン洋楽シングルチャート)[16] 1
オランダ (Dutch Top 40)[32] 7
オランダ (Single Top 100)[33] 7
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[34] 82
ノルウェー (VG-lista)[35] 9
スウェーデン (Sverigetopplistan)[36] 8
スイス (Schweizer Hitparade)[37] 3
UK Singles (Official Charts Company)[14] 1
US Billboard Hot 100[38] 9
US Adult Contemporary (Billboard)[39] 10
西ドイツ (Official German Charts)[40] 2
チャート (2015年) 最高位
日本 (Japan Hot 100)[41] 24
チャート (2022年) 最高位
ハンガリー (Single Top 40)[42] 40

年間チャート編集

チャート (1961年) 順位
US Billboard Hot 100[43] 63
チャート (1986年) 順位
Canada Top Singles (RPM)[44] 63
チャート (1987年) 順位
ベルギー (Ultratop Flanders)[45] 79
Canada Top Singles (RPM)[46] 58
ヨーロッパ (European Hot 100 Singles)[47] 23
オランダ (Dutch Top 40)[48] 91
オランダ (Dutch Top 100)[49] 91
UK Singles (Official Charts Company)[50] 4
US Billboard Hot 100[51] 67
西ドイツ (Official German Charts)[52] 21

オールタイム・チャート編集

チャート (1958年 - 2018年) 順位
US Billboard Hot 100[53] 496

認定(ベン・E・キング版)編集

国/地域 認定 認定/売上枚数
カナダ (Music Canada)[54]
フィジカルリリースでの売上による
Gold 50,000^
デンマーク (IFPI Denmark)[55] Gold 5,000^
イタリア (FIMI)[56]
2009年以降の売上による
Gold 25,000 
日本 (RIAJ)[57]
1991年のフィジカルリリースでの売上による
Platinum 100,000^
日本 (RIAJ)[58]
着うたフル
Gold 100,000^
イギリス (BPI)[59] 2× Platinum 1,200,000 
United States
デジタル配信での売上による
1,639,489[60]

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数
 認定のみに基づく売上枚数と再生回数

ジョン・レノンによるカバー編集

スタンド・バイ・ミー
ジョン・レノンシングル
初出アルバム『ロックン・ロール
B面 ようこそレノン夫人英語版
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲
  • ベン・E・キング
  • ジェリー・リーバー
  • マイク・ストーラー
プロデュース ジョン・レノン
チャート最高順位
後述を参照
ジョン・レノン シングル 年表
  • スタンド・バイ・ミー
  • (1975年)
ロックン・ロール 収録曲
ビー・バップ・ア・ルーラ
(A-1)
スタンド・バイ・ミー
(A-2)
メドレー : リップ・イット・アップ / レディ・テディ
(A-3)
ミュージックビデオ
「Stand By Me (Ultimate Mix, 2020)」 - YouTube
テンプレートを表示

ジョン・レノンは、ニューヨークにあるレコード・プラント・イーストで1974年10月21日と25日の2回のセッションで、「スタンド・バイ・ミー」のカバー・バージョンを録音した[61]。このカバー・バージョンは、アメリカで1975年2月17日、イギリスで2月21日にアップル・レコードから発売されたアルバム『ロックン・ロール』のA面2曲目に収録された[62]。その後アメリカで3月10日、イギリスで4月18日に同作からシングル・カットされ、B面には「ようこそレノン夫人英語版」(Move Over Ms. L)が収録された[61]。同年には、BBCの音楽番組『The Old Grey Whistle Test』用に演奏が録画されている[63]

Billboard Hot 100では、1975年3月15日の週で初登場78位を記録し[64]、その後4月26日の週で最高位20位を記録[65]全英シングルチャートでは、7週にわたってチャートインし、4週目で最高位30位を記録[66]。カナダの『RPM』誌のシングルチャートでは、1975年5月24日の週から2週にわたって最高位13位を記録[67][68]

また、レノンは1974年3月に行われたハリー・ニルソンのアルバム『プシー・キャッツ』のセッションで、レノンと同じく元ビートルズポール・マッカートニースティーヴィー・ワンダーらとともに「スタンド・バイ・ミー」を演奏している[69]。当時の演奏は、1992年に流通した海賊盤『ア・トゥート・アンド・ア・スノア・イン・'74』に収録されている[70]

ビルボード』誌は、レノンによるカバー・バージョンについて「オリジナル版以来の最高の出来」と評している[71]。『ピッチフォーク』のライターであるマーク・ホーガン英語版は、「アコースティック・ギターによるスタッカート奏法とレノンの熱意のあるボーカル」を引き合いに「ベン・E・キングの演奏よりも(ほんのわずかに)影響力がある」と評している[72]。ジャーナリストのロバート・ウェッブは、2013年に「最高のカバー・バージョン」の1つとして、レノンによるカバー・バージョンを挙げている[73]

クレジット(ジョン・レノン版)編集

※出典[74][61]

チャート成績(ジョン・レノン版)編集

チャート (1975年) 最高位
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[75] 19
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[76] 43
Canada Top Singles (RPM)[67] 13
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[77] 11
UK Singles (Official Charts Company)[66] 30
US Billboard Hot 100[65] 20
US Cashbox Top 100[78] 20
西ドイツ (Official German Charts)[79] 22

プレイング・フォー・チェンジによるカバー編集

映像外部リンク
  Stand By Me|Playing For Change|Song Around The World - YouTube

2002年、音楽プロデューサーのマーク・ジョンソンと映画プロデューサーのホイットニー・アン・クロエンケ英語版によって音楽チャリティープロジェクト『PLAYING FOR CHANGE英語版』が立ち上げられた[80]。ある日、カリフォルニア州サンタモニカを歩いていたジョンソンは、ストリートミュージシャンのロジャー・リドリー(2005年没)が「スタンド・バイ・ミー」を演奏しているのを耳にする。リドリーの演奏に感動したジョンソンは、機材を持ってくるからストリートで演奏しているところを録音させてほしい。その曲を持って世界中を回っていろんなミュージシャンの演奏を歌を足して編集したいんだと申し出た[81]。ジョンソンは彼の歌声は本当に情熱的で説得力があって、しかも『スタンド・バイ・ミー』は普遍的な価値を持った曲なので、ロジャーによるこの曲から始まるコンビネーションがプロジェクトを始動させるのにもっとも相応しいとと語っている[81]。その後、ジョンソンは50か国をめぐり、約1000人のミュージシャンの演奏を収録した[81]

完成したミュージック・ビデオは、ジョンソンが2008年10月にドキュメンタリー映画『Playing for Change: Peace Through Music』の宣伝のために出演した『Bill Moyers Journal』で取り上げられ[82]、同年にニューヨークで開催されたトライベッカ映画祭で上映された[83]。同年11月にプレイング・フォー・チェンジの公式YouTubeチャンネルで公開され、2009年5月に1000万回を超える再生回数を記録した[83]

プリンス・ロイスによるカバー編集

Stand By Me
プリンス・ロイス英語版シングル
初出アルバム『Prince Royce
リリース
ジャンル バチャータ英語版[84]
時間
レーベル Top Stop Music
作詞・作曲
  • ベン・E・キング
  • ジェリー・リーバー
  • マイク・ストーラー
プロデュース セルジオ・ジョージ英語版
チャート最高順位
後述を参照
プリンス・ロイス英語版 シングル 年表
  • Stand By Me
  • (2010年)
Prince Royce 収録曲
Stand By Me
(1)
Corazón Sin Cara
(2)
テンプレートを表示

プリンス・ロイス英語版は、スペイン語の歌詞でバチャータ英語版調にアレンジして「スタンド・バイ・ミー」をカバー[84]。このカバー・バージョンは、2010年にシングルとして発売され[84]、『ビルボード』誌のHot Latin Songsで最高位8位を記録し[85]Tropical Airplayで第1位を獲得した[86]。ロイスによるカバー・バージョンは、ロ・ヌエストロ賞英語版の「最優秀トロピカル・ソング賞英語版」を受賞した[87]

ロイスは、2016年7月のフィリップス・アリーナ公演で男性ファンとともに本作を歌唱[88]。その後、2017年のアムウェイ・センター公演や[89]、2019年の「ヒューストン・ライブストック・ショー&ロデオ英語版」、2020年の「民主党全国大会」でも演奏された[90]

チャート成績(プリンス・ロイス版)編集

年間チャート
チャート (2010年) 順位
US Hot Latin Songs (Billboard)[94] 16
US Latin Pop Airplay (Billboard)[95] 25

その他の主なカバー・バージョン編集

1960年代 - 1970年代編集

アドリアーノ・チェレンターノは、1962年にイタリア語バージョン「Pregherò」としてカバー[96]。1964年にカシアス・クレイがシングル盤『I Am the Greatest』のB面曲としてカバー[97]し、Bubbling Under Hot 100 Singlesにチャートインした[98]

オーティス・レディングは、1964年に発売したアルバム『ペイン・イン・マイ・ハート英語版』で本作をカバー[99]。同年にはケニー・リンチ英語版によるカバー・バージョンも発売されており、こちらは全英シングルチャートに7週にわたってチャートインし、4週目に最高位39位を記録[100]。1967年に発売されたシュパイダー・ターナー英語版によるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌のHo 100で最高位12位[101]、R&Bシングルチャートで最高位3位[102]、カナダの『RPM』誌のシングルチャートで最高位10位を記録[103]

デヴィッド・ラフィンジミー・ラフィン英語版は、1970年に発売したコラボレーション・アルバム『I Am My Brother's Keeper』でカバー[104]。後にシングル・カットされ、『ビルボード』誌のHot 100において11月28日の週から2週連続で最高位61位を記録[105][106]。また、同誌のソウル・シングルチャートでは11月21日の週で最高位24位を記録[107]

1980年代編集

スタンド・バイ・ミー
ミッキー・ギリー英語版シングル
初出アルバム『アーバン・カウボーイ英語版
B面 ヒア・カムズ・ザ・ハート・アゲイン英語版
リリース
ジャンル カントリー[108]
時間
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲
  • ベン・E・キング
  • ジェリー・リーバー
  • マイク・ストーラー
プロデュース ジム・エド・ノーマン英語版
チャート最高順位
後述を参照
ミッキー・ギリー英語版 シングル 年表
  • スタンド・バイ・ミー
  • (1980年)
アーバン・カウボーイ英語版 収録曲
ナイン・トゥナイト / ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
(A-4)
スタンド・バイ・ミー / ミッキー・ギリー
(B-1)
チェロキー・フィドル英語版 / ジョニー・リー英語版
(B-2)
テンプレートを表示

ミッキー・ギリー英語版は、1980年に公開された映画『アーバン・カウボーイ』の劇中歌としてカバー[109]。ギリーによるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌のHot Country Songsで第1位を獲得し、Hot 100で最高位22位を記録した[110]。9月にカナダの『RPM』誌のカントリー・シングルチャートで最高位3位を記録[111]し、翌月に同誌のシングルチャートで最高位51位を記録した[112]。本作は、ギリーの代表曲の1つとされている[113]

モーリス・ホワイトは、1985年秋に発売したセルフタイトルのアルバムでカバー[114]。同年にシングル・カットされ[115]、『ビルボード』誌のR&B・シングルチャートで最高位6位[116]、同誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートで最高位11位を記録[117]。また、カナダの『RPM』誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは最高位5位[118]、ニュージーランドのシングルチャートでは最高位8位を記録[119](その他のチャート成績は後述を参照)。

映像外部リンク
  Julian Lennon 'Stand By Me' 1985 - YouTube
  梅艷芳 Anita Mui - Stand By Me (Official Music Video) - YouTube

ジョン・レノンの息子であるジュリアン・レノンは、1985年春に行ったライブで本作を演奏しており、当時のライブ映像は映像作品『Stand By Me: A Portrait of Julian Lennon』に収録されている[120]。1987年、忌野清志郎 & The Razor Sharpが3月の中野サンプラザ公演で演奏。6月5日に発売されたライブ・アルバム『HAPPY HEADS』には、同公演でのライブ音源が収録されている[121][122]。同年にはU2が9月25日のジョン・F・ケネディ・スタジアム公演でブルース・スプリングスティーンとともに本作を演奏した[123]

アニタ・ムイは、1988年に発売したアルバム『夢裡共醉』でカバー。ムイによるカバー・バージョンは、香港国営ラジオ局RTHKと民放テレビ局TVBから「トップ10・ゴールド・ソング賞」の対象として選出された[124][125]。2013年12月30日に開催されたムイ(2003年没)の追悼コンサート「梅艷芳。10。思念。音樂。會」では、ミリアム・ヨンデニス・ホーらによってムイのカバー・バージョンにならったアレンジで披露された[126]

1990年代編集

1995年に公開された『ティモンとプンバァ 地球まるかじりの旅』には、ティモンとプンバァによる歌唱バージョンのミュージック・クリップが含まれている[127][128]。歌詞がオリジナルから変更されている[129]

フォー・ザ・コーズ英語版は、1998年にデビュー・シングルとして本作をカバー。このシングルは、スイスのシングルチャートで第1位を獲得し[130]、オーストリアのシングルチャートで最高位2位を記録[131](その他のチャート成績は後述を参照)。

2010年代編集

2011年9月24日に開催された「iHeartRadio Music Festival」(1日目)で、レディー・ガガスティングが本作を歌唱[132]。また、ガガは自身のツアーでピアノの弾き語りを披露したことがある[20]

Stand By Me
フローレンス・アンド・ザ・マシーンシングル
初出アルバム『ソングス・フロム・ファイナルファンタジーXV』
リリース
時間
レーベル アイランド・レコード
作詞・作曲
  • ベン・E・キング
  • ジェリー・リーバー
  • マイク・ストーラー
プロデュース ベンジャミン・ネルソン
チャート最高順位
後述を参照
フローレンス・アンド・ザ・マシーン シングル 年表
  • Stand By Me
  • (2016年)
ソングス・フロム・ファイナルファンタジーXV 収録曲
Too Much is Never Enough
(1)
Stand By Me
(2)
I Will Be
(3)
テンプレートを表示

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは、2016年9月30日に発売されたスクウェア・エニックスのゲーム『ファイナルファンタジーXV』の主題歌としてカバー。このカバー・バージョンは、トレイラー映像でも使用されている[133]。2016年8月12日に各種ストリーミング・サービスで『ソングス・フロム・ファイナルファンタジーXV』が発売され、本作のカバー・バージョンが2曲の新曲とともに収録された[134]。フローレンス・アンド・ザ・マシーンによるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌のHot Rock & Alternative Songsで最高位15位を記録[135]。2017年2月1日にTwitchのライブストリーミング配信では、『ファイナルファンタジーXV』に声優として参加しているレイ・チェイス英語版アダム・クロアズデル英語版ロビー・デイモンド英語版らが本作を歌唱した[136]

映像外部リンク
  Skylar Grey - Stand By Me (Official) - YouTube
  'Stand By Me' performed by Karen Gibson and The Kingdom Choir - The Royal Wedding - BBC - YouTube

スカイラー・グレイは、2018年のバドワイザーのCMソングとして本作をカバー。このカバー・バージョンから発生する収益は、アメリカ赤十字社に寄付された[137]

キングダム・クワイア英語版は、2018年5月19日に行われたヘンリー王子メーガン・マークルの結婚式の結婚式で本作を歌唱[138][139]。キングダム・クワイアによるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌のHot Gospel Songsで第1位を獲得[140]全英シングルチャートでは最高位94位を記録[141]。翌年にキングダム・クワイアの同名のデビュー・アルバムが発売され、本作も収録されている[142][143]

ウィーザーは、2019年にカバー・アルバム『ウィーザー (ティール・アルバム)英語版』が発売され、同作の最後の楽曲として本作のカバー・バージョンが収録された[144]

2020年代編集

2020年4月19日(日本時間)に世界保健機構グローバル・シチズン英語版主催、レディー・ガガのキュレートのもとで行われたチャリティー・コンサート「One World: Together At Home」で、ジョン・レジェンドサム・スミスが本作を歌唱[145]

2021年10月24日、スヌープ・ドッグがボストンで開催されたコンサートで、同日の夜に70歳で死去した母親への追悼として観客とともに本作を歌唱[146][147]

チャート成績(その他)編集

ミッキー・ギリー版編集

週間チャート
チャート (1980年) 最高位
Canada Top Singles (RPM)[112] 51
Canada Country Tracks (RPM)[111] 3
US Billboard Hot 100[148][110] 22
US Adult Contemporary (Billboard)[149] 3
US Hot Country Songs (Billboard)[110] 1

モーリス・ホワイト版編集

週間チャート
チャート (1985年) 最高位
Canada Adult Contemporary (RPM)[118] 5
オランダ (Single Top 100)[150] 38
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[119] 8
US Billboard Hot 100[151] 50
US Adult Contemporary (Billboard)[117] 11
US Hot R&B/Hip-Hop Songs (Billboard)[116] 6

フォー・ザ・コーズ版編集

週間チャート
チャート (1998年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[152] 28
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[131] 2
ベルギー (Ultratip Flanders)[153] 4
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[154] 6
フランス (SNEP)[155] 14
ドイツ (Official German Charts)[156] 2
オランダ (Dutch Top 40)[157] 6
オランダ (Single Top 100)[158] 6
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[159] 3
スウェーデン (Sverigetopplistan)[160] 6
スイス (Schweizer Hitparade)[130] 1
UK Singles (Official Charts Company)[161] 12
US Billboard Hot 100[162] 82
年間チャート
チャート (1998年) 順位
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[163] 8
ベルギー (Ultratop Wallonia)[164] 33
ドイツ (Official German Charts)[165] 7
オランダ (Dutch Top 40)[166] 27
オランダ (Single Top 100)[167] 36
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[168] 28
スウェーデン (Sverigetopplistan)[169] 33
スウェーデン (Schweizer Hitparade)[170] 10

フローレンス・アンド・ザ・マシーン版編集

週間チャート
チャート (2016年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[171] 2
ベルギー (Ultratip Wallonia)[172] 23
フランス (SNEP)[173] 162
US Hot Rock & Alternative Songs (Billboard)[135] 15
年間チャート
チャート (2016年) 順位
ベルギー (Ultratop Flanders)[174] 79

キングダム・クワイア版編集

週間チャート
チャート (2018年) 最高位
UK Singles (Official Charts Company)[141] 94
US Hot Gospel Songs (Billboard)[140] 1

認定(フォー・ザ・コーズ版)編集

国/地域 認定 認定/売上枚数
ベルギー (BEA)[175] Gold 25,000*
ドイツ (BVMI)[176] Platinum 500,000^
スウェーデン (GLF)[177] Gold 15,000^
スイス (IFPI Switzerland)[178] Gold 25,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ シングル盤の作曲者クレジットでは、エルモ・グリックElmo Glick)という変名が使用されている[3]

出典編集

  1. ^ Huey, Steve. "Ben E. King Biography, Songs, & Albums". AllMusic. RhythmOne. 2022年6月14日閲覧The follow-up, "Stand By Me" a heartfelt ode to friendship and devotion co-written by King, became his signature song and an enduring R&B crassic
  2. ^ "The 40 best basslines of all time". Guitar World. Future Publishing. 25 February 2022. 2022年6月14日閲覧
  3. ^ Dimery, Robert (2011) [2005]. 1001 Songs: You Must Hear Before You Die. Octopus. p. 327. ISBN 1844037177 
  4. ^ "「いつもそばに」東北に寄り添う 「スタンド・バイ・ミー」のベン・E・キングさん死去". SankeiBiz(サンケイビズ). 産経デジタル. 3 May 2015. 2022年6月29日閲覧
  5. ^ Connor, Alan (21 May 2018). "Royal Wedding 2018: The story behind Stand By Me". BBC News. BBC. 2022年6月15日閲覧
  6. ^ The History of Rock 'n' Roll 2: Good Rockin' Tonight (VHS). Time Life. 1995.
  7. ^ a b Sullivan 2013, p. 94.
  8. ^ Leiber, Jerry; Stoller, Mike; Ritz, David (2009). Hound Dog: The Leiber & Stoller Autobiography. New York: Simon & Schuster. p. 174. ISBN 978-1-4165-5938-2 
  9. ^ Moore, Allan (1995). “The So-Called 'Flattened Seventh' in Rock”. Popular Music (Cambridge University Press) 14 (2): 185-201. doi:10.1017/S0261143000007431. 
  10. ^ Turner 2018, p. 42.
  11. ^ a b Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 325 
  12. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年6月21日閲覧。
  13. ^ a b "Billboard Hot 100". Billboard. 12 June 1961. 2022年6月19日閲覧
  14. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年6月21日閲覧。
  15. ^ “Gallup Year End Charts 1987”. en:Record Mirror (London): 36. (23 January, 1988). ISSN 0144-5804. https://worldradiohistory.com/UK/Record-Mirror/80s/88/Record-Mirror-1988-01-23-OCR.pdf. 
  16. ^ a b "オリコンのデータ協力による "全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1" の洋楽コンピが登場!". ソニーミュージックオフィシャルサイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 8 August 2017. 2022年6月22日閲覧
  17. ^ "500 Greatest Songs of All Time". Rolling Stone. 11 December 2003. 2022年6月22日閲覧
  18. ^ BMI Announces Top 100 Songs of the Century、BMI.com、1999年12月13日。
  19. ^ "ザ・ビートルズ「イエスタデイ」、著作権で史上最も稼いだ曲のトップ10入り". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク. 4 January 2013. 2022年6月22日閲覧
  20. ^ a b "ベン・E.キング、なんと「スタンド・バイ・ミー」を日本語セルフ・カヴァー". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク. 31 October 2011. 2022年6月22日閲覧
  21. ^ "CHUM Hit Parade Week of JUNE 19, 1961". chumtribute.com. 2022年6月22日閲覧
  22. ^ "Cash Box Top 100 6/17/61". cashboxmagazine.com. 2022年6月22日閲覧
  23. ^ Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992 (illustrated ed.). St Ives, N.S.W.: Australian Chart Book. p. 166. ISBN 0-646-11917-6 
  24. ^ "Austriancharts.at – Ben E. King – Stand By Me" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2022年6月22日閲覧。
  25. ^ "Ultratop.be – Ben E. King – Stand By Me" (in Dutch). Ultratop 50. 2022年6月22日閲覧。
  26. ^ "Ultratop.be – Ben E. King – Stand By Me" (in French). Ultratop 50. 2022年6月22日閲覧。
  27. ^ "Top RPM Singles: Issue 609". RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月22日閲覧
  28. ^ "Top RPM Adult Contemporary: Issue 9543". RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月22日閲覧
  29. ^ “European Hot 100 Singles”. Music & Media 4 (11): 4. (March 21, 1987). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/80s/1987/M&M-1987-03-21.pdf. 
  30. ^ "Lescharts.com – Ben E. King – Stand By Me" (in French). Les classement single. 2022年6月22日閲覧。
  31. ^ "The Irish Charts - Search Results - Ben E King". Irish Singles Chart. 2022年6月22日閲覧
  32. ^ "Nederlandse Top 40 – Ben E King" (in Dutch). Dutch Top 40. 2022年6月22日閲覧。
  33. ^ "Dutchcharts.nl – Ben E. King – Stand By Me" (in Dutch). Single Top 100. 2022年6月22日閲覧。
  34. ^ "charts.nz - Ben E. King - Stand By Me". Top 40 Singles. 2022年6月22日閲覧
  35. ^ "Norwegiancharts.com – Ben E. King – Stand By Me". VG-lista. 2022年6月22日閲覧。
  36. ^ "Swedishcharts.com – Ben E. King – Stand By Me". Singles Top 100. 2022年6月22日閲覧。
  37. ^ "Swisscharts.com – Ben E. King – Stand By Me". Swiss Singles Chart. 2022年6月22日閲覧。
  38. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 20 December 1986. 2022年6月22日閲覧
  39. ^ “Hot Adult Contemporary”. Billboard (Nielsen Business Media) 98 (51): 16. (20 December, 1986). ISSN 0006-2510. https://books.google.co.jp/books?id=2SQEAAAAMBAJ&pg=PA18&dq=Ben+E.+King+Billboard+Stand+by+Me&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwicmMKjxMD4AhWeQPUHHVuvBksQ6AF6BAgIEAI#v=onepage&q=Ben%20E.%20King%20Billboard%20Stand%20by%20Me&f=false. 
  40. ^ "Offizielle Deutsche Charts - Ben E. King - Stand By Me". GfK Entertainment. 2022年6月22日閲覧
  41. ^ "Billboard Japan Hot 100 | Charts". Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 13 May 2015. 2022年6月22日閲覧
  42. ^ "Archívum – Slágerlisták – MAHASZ" (in Hungarian). Single (track) Top 40 lista. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége. 2022年6月22日閲覧。
  43. ^ “Chart Toppers”. Billboard: 33. (January 6, 1962). https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Billboard/60s/1962/Billboard%201962-01-06.pdf. 
  44. ^ "Top 100 Singles of '86" (PDF). RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月22日閲覧
  45. ^ "Jaaroverzichten 1987 - ultratop.be". Ultratop & Hung Medien. 2022年6月22日閲覧
  46. ^ "Top 100 Singles of '87". RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月22日閲覧
  47. ^ “European Charts of the Year 1987 - Singles”. Music & Media 4 (51/52): 34. (December 26, 1987). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/80s/1987/M&M-1987-12-26.pdf. 
  48. ^ "Top 100-Jaaroverzicht van 1987". Dutch Top 40. 2022年6月22日閲覧
  49. ^ "Jaaroverzichten - Single 1987". dutchcharts.nl. 2022年6月22日閲覧
  50. ^ “Gallup Year End Charts 1987: Singles”. Record Mirror (London): 36. (January 23, 1988). ISSN 0144-5804. https://worldradiohistory.com/UK/Record-Mirror/80s/88/Record-Mirror-1988-01-23-OCR.pdf. 
  51. ^ “1987 The Year in Music & Video: Top Pop Singles”. Billboard (Nielsen Business Media) 99 (52): Y-22. (December 26, 1987). ISSN 0006-2510. https://books.google.com/books?id=JCgEAAAAMBAJ&pg=RA1-PA25. 
  52. ^ "Top 100 Single-Jahrescharts". offiziellecharts.de (German). GfK Entertainment. 2022年6月22日閲覧
  53. ^ "Hot 100 60th Anniversary". Billboard. 2022年6月22日閲覧
  54. ^ "Canadian single certifications – Ben E. King – Standy By Me". Music Canada. 2022年6月22日閲覧
  55. ^ "Danish single certifications – Ben E. King – Standy By Me". IFPI Denmark. 2022年6月22日閲覧 Click on næste to go to page 9991 if certification from official website
  56. ^ "Italian single certifications – Ben E. King – Standy By Me" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2022年6月22日閲覧 Select Online in the field Sezione. Enter Ben E. King in the field Filtra. Select 2018 in the field Anno. The certification will load automatically
  57. ^ 5月度「ゴールド・アルバム」他認定作品」『The Record』第416号、日本レコード協会、1994年7月1日、 5頁。
  58. ^ GOLD DISC 2011年11月度」『The Record』第626巻、日本レコード協会、2012年1月17日、 10頁。
  59. ^ "British single certifications – Ben E. King – Stand By Me". British Phonographic Industry. 2022年6月22日閲覧 Enter Stand By Me in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search
  60. ^ “Nielsen SoundScan charts - Digital Songs - Week Ending: 09/14/2017”. Nielsen SoundScan. http://www.defjampromo.com/files/2009/10/BB-Digital-Songs-Chart-Wk.-Ending-9-14-17.pdf 2022年6月22日閲覧。 
  61. ^ a b c Blaney 2005, p. 159.
  62. ^ Blaney 2005, p. 153.
  63. ^ The Old Grey Whistle Test (DVD). Warner Home Video. 2003.
  64. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 15 March 1975. 2022年6月24日閲覧
  65. ^ a b "Billboard Hot 100". Billboard. 26 April 1975. 2022年6月23日閲覧
  66. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年6月23日閲覧。
  67. ^ a b "Top RPM Singles: Issue 8082". RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月24日閲覧
  68. ^ "Top RPM Singles: Issue 7138". RPM. Library and Archives Canada. 2022年6月24日閲覧
  69. ^ "Stevie Wonder Remembers John Lennon, Paul McCartney Jam Session In VMan Magazine". HuffPost. HuffPost Entertainment. 25 May 2011. 2022年6月24日閲覧
  70. ^ Mitchell, James A. (2013). The Walrus & the Elephants: John Lennon's Years of Revolution. New York: Seven Stories Press. ISBN 978-1-60980-467-1 
  71. ^ “Top Single Picks”. Billboard: 82. (March 15, 1975). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1975/Billboard%201975-03-15.pdf. 
  72. ^ Hogan, Marc (9 November 2004). "John Lennon: Acoustic / Rock 'n' Roll Album Review". Pitchfork. Conde Nast. 2022年6月24日閲覧
  73. ^ Webb, Robert (2013). “'Stand By Me', John Lennon (1975); Original by Ben E. King (1961)”. The 100 Greatest Cover Versions: The Ultimate Playlist. McNidder & Grace. pp. 38-39. ISBN 9780857160195. https://books.google.com/books?id=hY-WAgAAQBAJ&q=%22stand%20by%20me%22%20%22john%20lennon%22%20-youtube%20-imdb%20-wikipedia&pg=PA38 
  74. ^ "Stand By Me". www.johnlennon.com. 2022年6月24日閲覧
  75. ^ "Austriancharts.at – John Lennon – Stand By Me" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2022年6月24日閲覧。
  76. ^ "Ultratop.be – John Lennon – Stand By Me" (in French). Ultratop 50. 2022年6月24日閲覧。
  77. ^ "charts.nz - John Lennon - Stand By Me". Top 40 Singles. 2022年6月24日閲覧
  78. ^ Blaney 2005, p. 326.
  79. ^ "Offizielle Deutsche Charts - John Lennon - Stand By Me". offiziellecharts.de (German). GfK Entertainment. 2022年6月22日閲覧
  80. ^ "About Us - Playing For Change". www.playingforchange.com. 2022年6月24日閲覧
  81. ^ a b c 音楽チャリティープロジェクト『PLAYING FOR CHANGE』創設者、マーク・ジョンソンが語る音楽の力. インタビュアー:山本弘子. ジャパンミュージックネットワーク. (2017年10月30日). https://okmusic.jp/news/219933 2022年6月24日閲覧。 
  82. ^ Johnson, Mark (24 October 2008). "Transcript of October 24, 2008 episode featuring Playing for Change: Peace Through Music segment". Bill Moyers Journal. 2022年6月26日閲覧
  83. ^ a b Peters, Mitchell (May 16, 2009). “Peaceful Dreams”. Billboard: 46. https://books.google.com/books?id=A2zL-uK-eE0C&q=%22playing+for+change%22+%22Stand+By+Me%22+-wikipedia&pg=PT46. 
  84. ^ a b c Birchmeier, Jason. Prince Royce Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2022年6月26日閲覧。
  85. ^ a b "Prince Royce Chart History (Hot Latin Songs)". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  86. ^ a b "Prince Royce Chart History (Tropical Airplay)". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  87. ^ "Premio Lo Nuestro 2011 Winners List". Nochelatina.com. 18 February 2011. 2011年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月26日閲覧
  88. ^ Ruggieri, Melissa (29 July 2016). "Concert review: Pitbull and Prince Royce party in Atlanta". The Atlanta Journal-Constitution. Cox Enterprises. 2022年6月26日閲覧
  89. ^ Cordeiro, Monivette (1 August 2017). "Bachata star Prince Royce seduces the Amway Center". Orlando Weekly. Euclid Media Group. 2022年6月26日閲覧
  90. ^ Flores, Griselda (19 August 2020). "Prince Royce Performs Unifying 'Stand By Me' at Democratic National Convention". Billboard. Prometheus Global Media. 2022年6月26日閲覧
  91. ^ "Prince Royce Chart History (Bubbling Under Hot 100)". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  92. ^ "Prince Royce Chart History (Latin Pop Airplay)". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  93. ^ "Prince Royce Chart History (Top Heatseekers)". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  94. ^ "Hot Latin Songs - Year-End 2010". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  95. ^ "Latin Pop Airplay - Year-End 2010". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  96. ^ Höfner & Grosch 2011, p. 101.
  97. ^ “Late Single Spotlights”. Billboard 76 (10): 4. (March 7, 1964). https://books.google.co.jp/books?id=mUUEAAAAMBAJ&pg=PA4&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false. 
  98. ^ Stutz, Colin (6 April 2016). "Muhammad Ali the Grammy-Nominated, Billboard-Charting Musician". Billboard. 2022年6月26日閲覧
  99. ^ Gould, Jonathan (2017). “Security”. Otis Redding: An Unfinished Life. Crown Publishing Group. pp. 248-249. ISBN 978-0-307-45395-2. https://books.google.com/books?id=Zs7hDAAAQBAJ&q=%22stand+by+me%22+%22otis+redding%22+-wikipedia+-imdb&pg=PA249 
  100. ^ "Official Singles Chart Top 50". UK Singles Chart. 2022年6月26日閲覧
  101. ^ “Billboard Hot 100”. Billboard (Nielsen Business Media) 79 (6): 24. (Feburary 11, 1967). https://books.google.co.jp/books?id=DCkEAAAAMBAJ&pg=PA24#v=onepage&q&f=false. 
  102. ^ “Top Selling R&B Singles”. Billboard (Nielsen Business Media) 79 (4): 30. (January 28, 1967). https://books.google.co.jp/books?id=9SgEAAAAMBAJ&pg=PA30#v=onepage&q&f=false. 
  103. ^ "Top RPM Singles: Issue 848". RPM. カナダ国立図書館・文書館. 2022年6月28日閲覧
  104. ^ Andrews, Deborah, ed (1992). The Annual Obituary 1991. Detroit: St. James Press. p. 369. ISBN 978-1558621756. https://books.google.com/books?id=l3hO28Q2cwsC&q=%22stand+by+me%22 
  105. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 28 November 1970. 2022年6月28日閲覧
  106. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 5 December 1970. 2022年6月28日閲覧
  107. ^ “Best Selling Soul Singles”. Billboard (Nielsen Business Media) 82 (47): 40. (November 21, 1970). 
  108. ^ Erlewine, Stephen Thomas; Murray, Nick; Spanos, Brittany (2 May 2015). "'Stand By Me': 20 Best Covers of Ben E. King's Classic Hit". Rolling Stone. 2022年6月29日閲覧...they sway to Mickey Gilley's country cover of "Stand By Me"...
  109. ^ Leszczak, Bob (2014). Encyclopedia of Pop Music Aliases, 1950-2000. Rowman & Littlefield Publishers. p. 143. ISBN 1442240083 
  110. ^ a b c Asker, Jim (5 July 2022). "Mickey Gilley's Biggest Hits". Billboard. Penske Media Corporation. 2022年6月29日閲覧
  111. ^ a b "Top RPM Country Tracks: Issue 218". RPM. カナダ国立図書館・文書館. 2022年6月29日閲覧
  112. ^ a b "Top RPM Singles: Issue 241". RPM. カナダ国立図書館・文書館. 2022年6月29日閲覧
  113. ^ Gomez, Adrian (5 April 2019). "In the Saddle: Mickey Gilley bringing 'Urban Cowboy Reunion' tour to NM". www.abqjournal.com. Albuquerque Journal. 2022年6月29日閲覧
  114. ^ Taylor, Marc (2001). A Touch of Classic Soul 2: The Late 1970s. Aloiv Pub.. p. 124. ISBN 0965232875 
  115. ^ Höfner & Grosch 2011, p. 103.
  116. ^ a b "Maurice White Chart History (Hot R&B/Hip-Hop Songs)". Billboard. 2022年6月29日閲覧
  117. ^ a b "Maurice White Chart History (Adult Contemporary)". Billboard. 2022年6月29日閲覧
  118. ^ a b "Top RPM Adult Contemporary: Issue 5596". RPM. カナダ国立図書館・文書館. 2022年6月29日閲覧
  119. ^ a b "charts.nz - Maurice White - Stand By Me". Top 40 Singles. 2022年6月29日閲覧
  120. ^ Bessman, Jim (August 24, 1985). “Home Video: Julian Lennon Long-Form: MCA to Release Stand By Me. Billboard: 26. https://books.google.com/books?id=2iQEAAAAMBAJ&q=%22julian+lennon%22+%22stand+by+me%22+-wikipedia+-imdb&pg=PT25. 
  121. ^ "CD Album". 地味変(忌野清志郎 official web site). 2022年6月29日閲覧
  122. ^ "HAPPY HEADS (忌野清志郎&RAZOR SHARPS)". 地味変(忌野清志郎 official web site). 2022年6月29日閲覧
  123. ^ Greene, Andy (29 January 2013). "Flashback: Bruce Springsteen Surprises U2 Fans in 1987". Rolling Stone. 2022年6月29日閲覧
  124. ^ "第十一屆 (1998)". rthk9.rthk.hk (中国語). RTHK. 2022年6月29日閲覧
  125. ^ "1988年度十大勁歌金曲頒獎典禮 (十大勁歌金曲獎)" (中国語). TVB. 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧
  126. ^ “乐坛百变天后梅艳芳逝世十年 圈中好友登台悼念” (中国語). Sohu.com. (2013年12月31日). https://yule.sohu.com/20131231/n392700688.shtml 2022年6月29日閲覧。 
  127. ^ Grant, John (1998). Encyclopedia of Walt Disney's Animated Characters. Hyperion Books. p. 150. ISBN 978-0786863365
  128. ^ "ティモンとプンバァ/地球まるかじりの旅". ディズニー公式. ディズニー. 2022年6月29日閲覧
  129. ^ Leane, Rob (28 April 2017). "Disney's Timon & Pumbaa: 15 WTF Moments From Their Forgotten Spin-Off Movie". Screen Rant. Valnet. 2022年6月29日閲覧
  130. ^ a b "Swisscharts.com – 4 The Cause – Stand By Me". Swiss Singles Chart. 2022年6月29日閲覧。
  131. ^ a b "Austriancharts.at – 4 The Cause – Stand By Me" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2022年6月29日閲覧。
  132. ^ Gallo, Phil (25 September 2011). "iHeartRadio Fest Saturday: Lady Gaga, Kenny Chesney Own Sin City". Billboard. Penske Media Corporation. 2022年6月29日閲覧
  133. ^ "フローレンス&ザ・マシーン、FF15の主題歌で"Stand By Me"をカヴァー". NME Japan. BandLab UK. 31 March 2016. 2022年6月29日閲覧
  134. ^ "フローレンス・アンド・ザ・マシーン、FF15に提供した3曲の楽曲が公開に". NME Japan. BandLab UK. 12 August 2016. 2022年6月29日閲覧
  135. ^ a b "Florence + the Machine Chart History (Hot R&B/Hip-Hop Songs)". Billboard. 2022年6月29日閲覧
  136. ^ Jackson, Gita (2 February 2017). ""Final Fantasy XV" Voice Actors Playing Their Own Game Is Excellent". Kotaku. Univision Communications. 2022年6月29日閲覧
  137. ^ Marzovilla, Julia (26 January 2018). "Skylar Grey Helps Highlight 'A Good Cause on a Large Scale' With New Budweiser Super Bowl Commercial". Billboard. 2022年6月29日閲覧
  138. ^ “Gospel choir to perform 'Stand By Me' at royal wedding”. Press Association. (2018年5月19日). https://www.premier.org.uk/News/UK/Gospel-choir-to-perform-Stand-By-Me-at-royal-wedding 2022年6月29日閲覧。 
  139. ^ "ハリー王子&メーガン妃の挙式に華を添えた聖歌隊、インヴィクタス・ゲームでも歌声を披露へ". ハーパーズ バザー. ハースト婦人画報社. 10 October 2018. 2022年6月29日閲覧
  140. ^ a b "Hot Gospel Songs". Billboard. 2 June 2018. 2022年6月29日閲覧
  141. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年6月29日閲覧。
  142. ^ Martin, Michel (3 November 2018). "After Royal Wedding Spotlight, The Kingdom Choir Releases Debut Album". NPR. 2022年6月29日閲覧
  143. ^ Copsey, Rob (27 September 2018). "The Royal Wedding gospel choir announce debut album details and UK tour". Official Charts Company. 2022年6月29日閲覧
  144. ^ "ウィーザー、サプライズで10曲を収録したカヴァー・アルバムをリリース". NME Japan. BandLab UK. 24 January 2019. 2022年6月29日閲覧
  145. ^ "全演奏楽曲紹介:チャリティーライブ「One World: Together At Home」". uDiscovermusic.jp. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 19 April 2020. 2022年6月29日閲覧
  146. ^ "Snoop Dogg Pays Tribute to Late Mother Beverly Tate at Boston Concert". WBZ-TV. 25 October 2021. 2022年6月29日閲覧
  147. ^ Bowenbank, Starr (27 October 2021). "Snoop Dogg Honors Late Mother Beverly Tate with 'Stand By Me' Sing-Along". Billboard. 2022年6月29日閲覧
  148. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 2 August 1980. 2022年6月29日閲覧
  149. ^ “Adult Contemporary Top 50”. Billboard (Nielsen Business Media) 92 (31): 37. (August 2, 1980). ISSN 0006-2510. 
  150. ^ "Dutchcharts.nl – Maurice White – Stand By Me" (in Dutch). Single Top 100. 2022年6月29日閲覧。
  151. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 26 October 1985. 2022年6月29日閲覧
  152. ^ "Australian-charts.com – 4 The Cause – Stand By Me". ARIA Top 50 Singles. 2022年6月29日閲覧。
  153. ^ "Ultratop.be – 4 the Cause – Stand By Me" (in Dutch). Ultratip. 2022年6月29日閲覧。
  154. ^ "Ultratop.be – 4 The Cause – Stand By Me" (in French). Ultratop 50. 2022年6月29日閲覧。
  155. ^ "Lescharts.com – 4 The Cause – Stand By Me" (in French). Les classement single. 2022年6月29日閲覧。
  156. ^ "Offiziellecharts.de – 4 The Cause – Stand By Me". GfK Entertainment Charts. 2022年6月29日閲覧。
  157. ^ "Nederlandse Top 40 – week 37, 1998" (in Dutch). Dutch Top 40 2022年6月29日閲覧。
  158. ^ "Dutchcharts.nl – 4 The Cause – Stand By Me" (in Dutch). Single Top 100. 2022年6月29日閲覧。
  159. ^ "charts.nz - 4 The Cause - Stand By Me". Top 40 Singles. 2022年6月29日閲覧
  160. ^ "Swedishcharts.com – 4 The Cause – Stand By Me". Singles Top 100. 2022年6月29日閲覧。
  161. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年6月29日閲覧。
  162. ^ "Billboard Hot 100". Billboard. 5 September 1998. 2022年6月29日閲覧
  163. ^ "Jahreshitparade Singles 1998". austriancharts.at. 2022年6月29日閲覧
  164. ^ "Rapports Annuels 1998". Ultratop. 2022年6月29日閲覧
  165. ^ "Top 100 Single-Jahrescharts". offiziellecharts.de (ドイツ語). GfK Entertainment. 2022年6月29日閲覧
  166. ^ "Top 100-Jaaroverzicht van 1998". Dutch Top 40. 2022年6月29日閲覧
  167. ^ "Jaaroverzichten – Single 1998". dutchcharts.nl. 2022年6月29日閲覧
  168. ^ "End of Year Charts 1998". Recorded Music NZ. 2022年6月29日閲覧
  169. ^ "Årslista Singlar – År 1998" (スウェーデン語). Sverigetopplistan. 2022年6月29日閲覧
  170. ^ Schweizer Jahreshitparade 1998 – hitparade.ch”. Hung Medien. 2022年6月29日閲覧。
  171. ^ "Ultratop.be – Florence %2B The Machine – Stand By Me" (in Dutch). Ultratop 50. 2022年6月29日閲覧。
  172. ^ "Ultratop.be – Florence %2B The Machine – Stand By Me" (in French). Ultratip. 2022年6月29日閲覧。
  173. ^ "Lescharts.com – Florence %2B The Machine – Stand By Me" (in French). Les classement single. 2022年6月29日閲覧。
  174. ^ "Jaaroverzichten 2016 - ultratop.be". Ultratop & Hung Medien. 2022年6月22日閲覧
  175. ^ "Ultratop − Goud en Platina – 1998". Ultratop & Hung Medien / hitparade.ch. 2022年6月29日閲覧
  176. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (4 The Cause; 'Standy By Me')" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2022年6月29日閲覧
  177. ^ "Guld- och Platinacertifikat − År 1987−1998" (PDF) (Swedish). IFPI Sweden. 2022年6月29日閲覧
  178. ^ "The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (4 The Cause; 'Standy By Me')". IFPI Switzerland. Hung Medien. 2022年6月29日閲覧

参考文献編集

  • Blaney, John (2005). John Lennon: Listen to This Book. Paper Jukebox. ISBN 095445281X 
  • Höfner, Fernand; Grosch, Nils, eds (2011) (German). Lied und populàre Culture: Jahrbuchdes Deutschen Volksliedarchivs Freiburg56. Jahrgang - 2011. Original und Kopie - Original and Copy. Waxmann Verlag GmbH. ISBN 3830926162 
  • Sullivan, Steve (2013). Encyclopedia of Great Popular Song Recordings. Scarecrow Press. ISBN 0-810-88295-7 
  • Turner, Steve (2018). Turn, Turn, Turn: Popular Songs Inspired by the Bible. Worthy Publishing. ISBN 1-945-47086-0 

外部リンク編集