スタンフォード・ホワイト

スタンフォード・ホワイト(Stanford White、1853年11月9日 - 1906年6月25日)はアメリカ合衆国建築家である。彼は、多くの市民宗教の建物だけでなく、富裕層のために多くの家を設計した。 彼のデザイン原則は「アメリカ・ルネサンス」を具現化したものである[1][2]

スタンフォード・ホワイト
Stanford White by George Cox ca. 1892.jpg
生誕 (1853-11-09) 1853年11月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没1906年6月25日(1906-06-25)(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
職業建築家
配偶者
ベシー・スプリングス・スミス
(m. 1884; his death 1906)
子供ローレンス・グラント・ホワイト
アレクシーナ・ブラック
建築物 ワシントン・スクエア公園ニューヨーク・ヘラルドロードアイランド州会議事堂

幼少期と訓練編集

マッキム、ミード、ホワイト編集

商業および市民プロジェクト編集

住宅のプロパティ編集

私生活編集

殺害編集

"The Trial of the Century"

1901年、ホワイトは酩酊状態になり、当時16歳のイヴリン・ネスビットレイプした。彼女はその後、ピッツバーグ億万長者であるハリー・ソーと結婚した[3]。彼は、ホワイトをライバルと見なした嫉妬深い夫であった。 1906年6月25日の夜、ホワイトはマディソンスクエアガーデンの屋上庭園劇場にいた。 その夜はマムゼル・シャンパーニュの初演であった。 ショーのフィナーレ「I Could Love A Million Girls」の最中に、ハリー・ソーはホワイトに近づき、2フィートほど離れたところにピストルを向け、「あなたは私の妻を台無しにした」と言い、ホワイトに3発発射した[4]。彼の顔を2回、左上の肩を1回打ち、ホワイトは即死した。ホワイトの顔の一部が引き裂かれ、彼の残りの特徴は認識できず、火薬によって黒くなった[5]

ニュース報道編集

防御編集

剖検編集

大衆文化の中で編集

  • 夢去りぬ (映画) - レイ・ミランドがホワイトを演じた1955年の映画
  • ラグタイム - E・L・ドクトロウによる1975年の歴史的フィクション小説
  • DementiaAmericana - キース・マイヤールの詩(1994、ISBN 9780921870289
  • My Sweetheart's the Man in the Moon - ドン・ニグロの劇(ISBN 9780573642388[8]
  • 引き裂かれた女 ( "The Girl Cut in Two") - スタンフォード・ホワイトのスキャンダルに一部触発されたクロード・シャブロルの2007年の映画。 [9]

ギャラリー編集

関連項目編集

参考文献編集

一次情報源

ホワイトの広範な業務通信と、個人的な通信・写真・建築図面は、コロンビア大学エイヴリー建築・美術図書館のDepartment of Drawings & Archivesによって保持されている。彼の家族への手紙は、クレア・ニコラス・ホワイトStanford White: Letters to His Family(1997)で編集されている。ホワイトの会社マッキム・ミード・アンド・ホワイトの主要なアーカイブはニューヨーク歴史協会によって保持されている。

ノート

参考文献

  • Baker, Paul R., Stanny: The Gilded Life of Stanford White, The Free Press, NY 1989
  • Baatz, Simon, The Girl on the Velvet Swing: Sex, Murder, and Madness at the Dawn of the Twentieth Century (New York: Little, Brown, 2018) 978-0316396653
  • Collins, Frederick L., Glamorous Sinners
  • Craven, Wayne. Stanford White: Decorator in Opulence and Dealer in Antiquities, 2005
  • Lessard, Suzannah, The Architect of Desire: Beauty and Danger in the Stanford White Family, Weidenfeld & Nicolson, London 1997 (written by White's great-granddaughter, a Whiting Award-winning writer for The New Yorker)
  • Langford, Gerald, The Murder of Stanford White
  • Mooney, Michael, Evelyn Nesbit and Stanford White: Love and Death in the Gilded Age, New York, Morrow, 1976
  • Roth, Leland M., McKim, Mead & White, Architects, Harper & Row, Publishers, NY 1983
  • Samuels, Charles, The Girl in the Red Velvet Swing
  • Nesbit, Evelyn, The Story of My Life 1914
  • Nesbit, Evelyn, Prodigal Days 1934
  • Thaw, Harry, The Traitor
  • Uruburu, Paula, American Eve: Evelyn Nesbit, Stanford White, The Birth of the "It" Girl and the Crime of the Century Riverhead 2008
  • White, Samuel G. with Wallen, Jonathan(photographer). The Houses of McKim, Mead and White 1998

外部リンク編集