スタンプ・エヴァンス

スタンプ・エヴァンス[1]Stump Evans1904年10月18日 - 1928年8月29日)は、最初期のジャズサクソフォーン奏者の一人であった。

スタンプ・エヴァンス
Stump Evans
出生名 Paul Anderson Evans
生誕 (1904-10-18) 1904年10月18日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザス州ローレンス
死没 (1928-08-29) 1928年8月29日(23歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1920年代

エヴァンスは、アルトホルン、トロンボーン、アルトサックスなどのいくつかの楽器を試した。1920年代、彼はシカゴで、キング・オリヴァーが率いるクレオール・ジャズ・バンドやディキシー・シンコペーターズのメンバーとしてバリトンサックスを演奏した。歌手のプリシラ・スチュワートをサポートしたときには、Cメロディーサックスを演奏した。キング・オリヴァーと一緒にソプラノサックスを演奏した後、ジェリー・ロール・モートンが率いるレッド・ホット・ペッパーズと一緒にアルトサックスを演奏した。エヴァンスは、アースキン・テイト[2]とジミー・ウェイドのサイドマンとしても働いていた。彼は結核により若くして亡くなっている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ スタンプ・エバンス」の表記もある。
  2. ^ Stump Evans” (英語). AllMusic. 2018年12月18日閲覧。
  3. ^ Rye, Howard (2002). Kernfeld, Barry. ed. The New Grove Dictionary of Jazz. 1 (2nd ed.). New York: Grove's Dictionaries. p. 729. ISBN 1-56159-284-6 

外部リンク編集