メインメニューを開く

地理編集

パリの北にある郊外都市で、ペイ・ド・フランス地方に属する。パリ中心部から14km離れている。RN301道路でシャルル・ド・ゴール国際空港まで約16kmである。

交通編集

  • 鉄道 - RER D線ピエールフィット=スタン駅。RER B線ラ・クールヌーヴ=オーベルヴィリエ駅。

歴史編集

 
19世紀末、道路を建設中のスタン

スタンは12世紀にSetenisの名で現れた。15世紀にはSextanisまたはStannisauと呼ばれ、1492年にはStains en Franceとなった。地名は浸水する土地を意味するStagnaか、6世紀のこの地の所有者の名がついたPays de Sexliusから派生したとされる。

サン=ドニ修道院の憲章によって、スタンの教区ができたのは1213年であった。13世紀以降、スタンはテンプル騎士団の影響を受けた。1315年にはこの地にハンセン病病院があった。15世紀に封建領主制が確立した。

1752年、徴税請負人(fr)のジャン・シャルル・ペリヌ・オルヴァルが建てた美しい城は、1810年に当時ヴェストファーレン王だったジェローム・ボナパルトが購入した。

フランス第二帝政が始まると産業が導入され、20世紀半ばまで繁栄した。

姉妹都市編集

出身者編集