メインメニューを開く

スターツ出版株式会社(スターツしゅっぱん)は、日本の出版社。不動産会社スターツコーポレーションの傘下にある。

スターツ出版株式会社
Starts Publishing Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7849
2001年8月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋一丁目3-1 八重洲口大栄ビル7F
本店所在地 東京都江戸川区中葛西五丁目33-14
設立 1983年3月2日
業種 情報・通信業
事業内容 雑誌の発行、Webメディアの運営
小説投稿サイトの運営、書籍・コミックの発行
代表者 代表取締役社長 菊地修一
資本金 5億4,087万5千円
発行済株式総数 192万株
売上高 47億844万円(2018年12月現在)[1]
経常利益 5億8812万円(2018年12月現在)[1]
純利益 3億7718万円(2018年12月現在)[1]
純資産 42億9019万円(2018年12月現在)[1]
総資産 53億8944万円(2018年12月現在)[1]
従業員数 194名(2018年12月現在)
決算期 12月31日
主要株主 スターツコーポレーション株式会社 48.59%
スターツアメニティ株式会社 23.34%
株式会社ウィーブ 4.17%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)3.85%
スターツ出版従業員持株会 3.43%
村石久二 2.71%
MSIP CLIENT SECURITIES 1.48%
中台恒次 1.35%
スターツ商事株式会社 1.29%
(2018年12月現在)[1]
外部リンク http://starts-pub.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

『オズマガジン』などの女性向け情報誌や、フリーペーパーの製作を主な事業としてきた。また早くから紙メディアと携帯電話ウェブの連携を目指しており、Yoshiのヒットによりブームの火付け役となったケータイ小説はその成果といえる。

公式ホームページOZmallは、2005年5月にSQLインジェクションによるサイバー攻撃を受けたと報告されている[2]

沿革編集

  • 1983年3月 - 千曲不動産株式会社(現・スターツコーポレーション株式会社)の100%出資で、コミュニティ紙の製作・発行を目的として千曲出版株式会社を東京都江戸川区西葛西に設立[1]
  • 1987年6月 - レジャー情報誌として「オズマガジン」を創刊。隔月発売とし全国のペンションにて販売。
  • 1988年4月 - 「オズマガジン」を首都圏・名古屋・関西の書店にて販売開始。
  • 1989年10月 - 商号をスターツ出版株式会社に変更。本店を東京都江戸川区西葛西から東京都中央区京橋に移転。
  • 1991年4月 - 既刊コミュニティ紙を統合し名称を「アエルデ」に変更すると同時に誌面を一新する
  • 1992年7月 - 業務上の理由から本店を東京都中央区京橋から東京都江戸川区東葛西に移転
  • 1992年10月 - 「オズマガジン」のホームページ「オズモール」を開設し、インターネット事業を開始。
  • 1998年4月 - 当社が50%を出資し、賃貸住宅情報誌発行会社として株式会社住宅流通推進協会を設立。
  • 1999年4月 - 本店を東京都江戸川区東葛西から東京都江戸川区中葛西に移転
  • 1999年10月 - 子会社である株式会社スターツツーリストの当社所有の全株式を当社の親会社であるスターツ株式会社に売却
  • 2001年4月 - 当社の関連会社の株式会社住宅流通推進協会がスターツ株式会社の関連会社である株式会社リアルジョブ(現・ピタットハウスネットワーク株式会社)と合併
  • 2001年8月1日 - 株式を店頭公開(現在のジャスダック
  • 2003年7月 -オズモール上で「オズのプレミアム予約」サービス(オズのホテル予約)がスタート
  • 2006年11月 - 書籍「恋空」(上・下)2巻あわせて100万部突破[1]
  • 2007年6月 - ケータイ小説投稿サイト「野いちご」をオープン
  • 2009年4月 - 「ケータイ小説文庫」シリーズ創刊
  • 2011年10月 - 小説サイト「Berry's Cafe」がオープン
  • 2012年3月 - 資生堂が株式の2.5%を取得し、資本参加[3]
  • 2013年4月 - 「ベリーズ文庫」創刊
  • 2015年12月 - 「スターツ出版文庫」創刊
  • 2016年8月 - 「comic Berry's」創刊
  • 2016年11月 - 「ベリーズコミックス」創刊[1]

雑誌編集

  • OZ magazine(オズマガジン)(毎月12日発売)[4]
  • OZmagazine Petit(オズマガジンプチ)(毎月12日発売)[5]※OZ magazineのプチサイズ版
  • OZmagazineTRIP(3,6,9,12月の7日発売)[6]
  • comic Berry's(電子コミック誌)

過去に発行していた雑誌編集

  • OZ magazine Wedding[7]
  • Oz plus[8]

フリーペーパー・マガジン編集

  • アエルデ(江戸川版、浦安版版)
  • メトロミニッツ[9]

過去に発行していたフリーペーパー編集

書籍編集

  • スターツ出版文庫(2015年12月創刊)
  • 野いちご文庫(2017年創刊)
  • ケータイ小説文庫(2009年4月創刊)
  • ベリーズ文庫(2013年創刊)
  • マカロン文庫(2015年創刊、電子書籍のみのレーベル)
  • ベリーズコミックス(2016年11月電子書籍のレーベルとして創刊、2018年2月紙コミック版を創刊[13]

ベストセラー編集

Webサイト編集

  • OZmall(オズモール) -東京都市圏勤務のOLをターゲットとした情報ポータルサイト。サイトコンセプトは「東京女子の恋とキレイを応援」。1996年平成8年)に開始。2010年(平成22年)に会員数が100万人を超え[14]、 2019年2月「オズモール」の会員登録数が320万人となる[1]。宿泊施設、レストラン、ヘアサロン、ネイルサロン、リラクゼーションサロンの予約サービス(OZのプレミアム予約)、占い、特集記事、クチコミ掲示板などのコンテンツがある。

かつて運営していたWebサイト編集

  • マンガマルシェまんまる。
マンガマルシェまんまる。』(URL: http://www.manmar.jp/ )は、スターツ出版が運営する自由に投稿や閲覧ができるマンガ投稿サイト。2012年7月2日にオープンした[17]。サイバードの『ajaマンガbooks』を引き継いでいた。『Web comic magazine marun』(URL: http://marun.manmar.jp/ )には一部連載などもある。共に2013年10月31日をもってサイトを閉鎖した。
連載作品一覧

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 2018年12月期有価証券報告書”. スターツ出版株式会社. 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ スターツ出版が「OZmall事件」の説明会を開催,「被害防止のために情報共有を」”. 日経 xTECH(クロステック). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ 資生堂IRリリース「スターツ出版株式会社の株式取得に関するお知らせ 」【PDF】
  4. ^ 「Oz magazine」、スターツ出版、1987年-、全国書誌番号:00077468、雑誌コード02287
  5. ^ 「Oz Magazine Petit」、スターツ出版、2013年-、全国書誌番号:01039466、雑誌コード12137
  6. ^ 「Oz magazine trip」、スターツ出版、全国書誌番号:01048504、雑誌コード12137
  7. ^ 「Oz magazine wedding」、スターツ出版、1995年-2010年、全国書誌番号:00112820
  8. ^ 「Oz plus」、スターツ出版、2008年-2016年、全国書誌番号:01019356、雑誌コード02289
  9. ^ 「Metro min」、スターツ出版、2002年-、全国書誌番号:01014190
  10. ^ 「Golden min」、スターツ出版、2006年-2008年、全国書誌番号:01014192
  11. ^ 「Metro age」、スターツ出版、2008年-2010年、全国書誌番号:01022363
  12. ^ 60歳から味わう感性豊かな東京めぐり『metro age(メトロエイジ)』 5月27日創刊”. PR TIMES. 2019年5月19日閲覧。
  13. ^ 『 Berry’s COMICS(ベリーズコミックス)』 2/16(金)新創刊!大手電子書店コミックランキング1位作品が紙コミック版で登場”. PR TIMES. 2019年5月19日閲覧。
  14. ^ 「オズモール」成長の一因は草食系マーケティング” (2010年2月8日). 2011年5月7日閲覧。
  15. ^ オトナ女子が楽しめる!初の本格的小説サイト『Berry’s Cafe 』グランドオープン”. PR TIMES. 2019年5月19日閲覧。
  16. ^ 男女向け総合小説サイト「ノベマ!」4/17(水)オープン! ライト文芸、キャラ文芸、一般文芸、ライトノベルなど、あらゆる小説ジャンルを包括して展開”. PR TIMES. 2019年5月19日閲覧。
  17. ^ 出版社が運営するマンガサイト!『マンガマルシェ まんまる。 』 オープン”. PR TIMES. 2019年5月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集