スチュアート・デイヴィス (画家)

スチュアート・デイヴィス(Stuart Davis, 1894年[1]12月7日 - 1964年6月24日)は、アメリカ合衆国モダニズムを代表する画家

スチュアート・デイヴィス
Stuart Davis
Archives of American Art - Stuart Davis - 2053.jpg
生誕1894年12月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フィラデルフィア
死没1964年6月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
運動・動向アシュカン派

来歴・人物編集

フィラデルフィア生まれ。ニューヨークでロバート・ヘンライに学ぶ。その後、1913年アーモリーショーに大きく影響を受け、モダニズムに傾いていく。

キュビスム構成主義を基調とした、抽象的な絵画作品を制作。カラフルで、現実肯定的な明るい画面が特徴。戦前から戦後にかけて活躍し、その作品は、のちのポップアートにも大きな影響を与えた。

ヨーロッパからの直輸入やヨーロッパ美術の物まねではなく、アメリカ独自の美術を展開した画家としては、もっとも早く成功した画家のひとりである。

日本での展覧会編集

作品編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 生年を1892年とする文献も存在する。