スチュワート・SF-2

スチュワート・SF2は、スチュワート・グランプリ1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはアラン・ジェンキンスルーベンス・バリチェロヤン・マグヌッセンがドライブした。マグヌッセンはカナダグランプリで初のポイントを獲得したものの、次戦からヨス・フェルスタッペンによって代わられた。

スチュワート・SF02
Stewart SF02 4.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター スチュワート
デザイナー アラン・ジェンキンス
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード Zetec-R 72度 V10
トランスミッション スチュワート 6速 縦置き セミAT
燃料 テキサコ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スチュワート フォード
ドライバー 18. ルーベンス・バリチェロ
19. ヤン・マグヌッセン & ヨス・フェルスタッペン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

スチュワート・グランプリは、1997年にF1に参入、2年目の1998年はいくらかの進歩を遂げたが、SF2の開発は遅れ、フロントランナーとなるだけのテストは行われなかった。信頼性の問題は依然として残されたが、前年ほど悪くは無かった。

チームは5ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング8位でシーズンを終えた。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 スチュワート フォード V10 B AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
5 8位
ルーベンス・バリチェロ Ret Ret 10 Ret 5 Ret 5 10 Ret Ret Ret Ret Ret 10 11 Ret
ヤン・マグヌッセン Ret 10 Ret Ret 12 Ret 6
ヨス・フェルスタッペン 12 Ret Ret Ret 13 Ret Ret 13 Ret

参照編集

外部リンク編集