メインメニューを開く

スチームガールズは、日本の8人組アイドルユニットである。愛称は、スチガ。所属事務所はアリスプロジェクト

スチームガールズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2012年10月21日 -
事務所 アリスプロジェクト
公式サイト www.alice-project.biz/steamgirls
メンバー 猪狩ともか
雪乃しほり
陽向こはる
海月 咲希
水野ふえ
橋本友梨英
桑名利瑠
大鈴はるみ
美音咲月
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

概要編集

スチームパンクサイバーゴスをコンセプトにしたユニットで、仮面女子を構成するグループの一つ。ガスマスクやスチームガンを用いた演出と、エレクトロポップなサウンドを特徴としている。

アリス十番の候補生ユニットでもあり、OZの上位ユニットとして位置付けられている。

センターは2013年8月4日より黒瀬サラが長らく務めていたが、2019年8月31日の卒業に伴い、同年9月15日より、小島夕佳がアリス十番から移籍する形で就任した。ファンの総称はスチーマー。秋葉原の常設劇場・P.A.R.M.S(パームス)でほぼ毎日公演を行っている。


メンバー編集

名前 よみ 生年月日 出身地 愛称 担当カラー 推しの総称 備考(他所属ユニット等)
猪狩ともか いがり ともか 1991年12月9日 埼玉県 いがとも、とっと、ともか 狩友卍(ハンター) ほわいと☆milk
大鈴はるみ おおすず はるみ 2000年2月2日 神奈川県 はるもち 薄ピンク
小島夕佳 こじま ゆうか (1996-03-20) 1996年3月20日 新潟県 ゆうかたそ、たそぅ 四代目センター
2018年1月20日1部の超卒業式にて一度卒業。2部の超加入式にて、アリス十番へ加入。
後述通り2019年9月15日2部公演で移籍する形で復帰。
ぴゅあふる
橋本友梨英 はしもと ゆりえ 1995年12月17日 東京都 ゆりゆり チェリーブロッサム
陽向こはる ひなた こはる 1998年7月29日 滋賀県 こはるん、こはるちゃん ピンク こはるーむめいと トッピングガールズFTTB
Prism
水野ふえ みずの ふえ 1995年4月22日 京都府 チェリーブロッサム
美音咲月 みね さつき 1999年4月11日 大阪府 さっちゃん ピンク
雪乃しほり ゆきの しほり 1991年1月25日 埼玉県 しほ姉 雪乃Empire 四代目リーダー

トッピングガールズFTTB
チェリーブロッサム

元メンバー編集

名前 よみ 生年月日 出身地 愛称 担当カラー 備考
川村虹花 かわむら ななか 1995年12月26日 神奈川県 なあちゃん 2013年8月3日卒業。8月4日、アリス十番へ加入。Prism
桜雪 さくら ゆき 1992年12月12日 三重県 ゆきちゃん 2014年4月5日卒業。4月6日、アリス十番へ加入。街角景気☆仮面女子↑チェリーブロッサム秋葉仮面
亀田伶央奈 かめだ れおな 1993年10月18日 東京都 レオ 2014年4月30日卒業。元Prismおよびアリス十番メンバー。
月宮かれん つきみや かれん 1996年12月19日 千葉県 かれんちゃん 濃いピンク 2014年7月9日に死去したことが月宮の父によって9月に公表された[1]。17歳没。幼少期の頃から心の病を患っており、同年2月から自宅療養で休業していた。詳細について公式発表では「事故死」とされているが、事情に詳しい関係者によれば「自殺したようです」とのこと。
佐倉梨杏 さくら りな 1991年11月16日 埼玉県 さくりな 2014年9月14日卒業。元チェリーブロッサム
小柳朋恵 こやなぎ ともえ 1996年4月26日 長崎県 ともえ、ともたん 2015年2月23日卒業を発表(非公式)。元ぴゅあふる、アリスオブナイトメア
新矢皐月 あらや さつき 1993年4月24日 青森県 さっきぃ 2015年2月23日卒業を発表。初代リーダー 元ほわいと☆milk
澤田リサ さわだ りさ 1996年11月6日 長野県 りさぴょん 2015年4月25日卒業。4月26日、アリス十番へ加入。Prism
朝倉彩花 あさくら あやか 1994年7月27日 東京都 あやちょ 2015年5月31日卒業を発表。Prism
星愛奈 ほし あいな 1997年3月10日 山梨県 あいにゃん 2015年10月6日卒業を発表[2]。元ほわいと☆milk
前田なつみ まえだ なつみ 1998年5月26日 大阪府 なっちゃん 2015年11月22日卒業を発表[3]
梅こうめ うめ こうめ 1995年2月24日 神奈川県 うめこ 2016年5月9日卒業[4]
神谷えりな かみや えりな (1991-10-15) 1991年10月15日 静岡県 えりにゃん 薄いピンク 二代目リーダー。2018年1月20日1部の超卒業式にて卒業。2部の超加入式にて、アリス十番へ加入。チェリーブロッサム
推しの総称はえりなふぁみり〜。
水沢まい みずさわ まい (1991-05-02) 1991年5月2日 大阪府 まいぷぅ 2018年1月20日1部の超卒業式にて卒業。2部の超加入式にて、アリス十番へ加入。ぴゅあふる
坂本舞菜 さかもと まな (1996-10-13) 1996年10月13日 神奈川県 さかもと、まなちゃん 2018年1月20日1部の超卒業式にて卒業。2部の超加入式にて、アリス十番へ加入。ぴゅあふる
黒瀬サラ くろせ さら (1996-08-06) 1996年8月6日 埼玉県 さらちゃん、さらまる 水色 style="text-align:left"|三代目センター
ほわいと☆milk
アイドル妖怪カワユシ♥
推しの総称はサラりん党。

活動略歴編集

2012年

2013年

  • 1月1日 小柳朋恵が二代目新センターに。
  • 1月4日 秋葉原の常設劇場・P.A.R.M.S(パームス)で毎日公演開始。
  • 8月3日 川村虹花が卒業。アリス十番への初の昇格者となる[6]
  • 8月4日 黒瀬サラが三代目新センターに。
  • 10月 長野広域交流女子(つなが~る)就任[7]

2014年

  • 4月5日 桜雪が卒業し、アリス十番に昇格。
  • 4月30日 亀田伶央奈が卒業をブログで報告。
  • 5月3日 仮面女子としてZepp Tokyoにてワンマンライブを行う[8]
  • 9月8日 この年の初めより活動休止していたメンバーの月宮かれんが、7月9日に亡くなっていたことを父親が報告。公式発表では事故死とされたが、実際には「自殺」と関係者がのちに暴露した[1]
  • 9月13日 韓国で行われた「7th SEOUL GIRLS COLLECTION “SGC SUPER LIVE IN SEOUL”」(ソウルガールズコレクション)にてオープニングアクトを務める。
  • 9月14日 佐倉梨杏が卒業をブログで報告。
  • 9月21日 候補生ユニットOZから朝倉彩花が加入。ユニット結成以来初の昇格メンバー。

2015年

  • 2月23日 小柳朋恵、新矢皐月が相次いで卒業を発表。
  • 4月25日 澤田リサが卒業し、アリス十番に昇格[9]
  • 4月26日 星愛奈、坂本舞菜、水沢まい、前田なつみが加入。
  • 5月31日 朝倉彩花が仮面女子及びスチームガールズ卒業をブログで報告。Prismで引き続き活動。
  • 6月22日 前田なつみが無期限の活動休止を発表(月に1度回程度目処にライブには出演)(11月22日に卒業を発表[3])。
  • 7月1日 星愛奈が無期限の活動休止を発表(10月6日卒業をブログにて報告[2])。
  • 7月20日 初期から使用していた衣装から新しい衣装に変更。(今までの衣装も仮面女子時等には使用)
  • 8月30日 梅こうめ、小島夕佳が加入。

2016年

2017年

2018年

  • 1月20日 1部公演にて、神谷えりな、坂本舞菜、水沢まい、小島夕佳が卒業。 ※アリス十番へ昇格
  • 1月20日 2部公演にて、森下舞桜、木下友里、陽向こはる、涼邑芹、雪乃しほりが加入。
    • 同日公演で神谷から猪狩ともかが三代目リーダーを引き継ぐ。
  • 12月17日 1部公演にて、森下舞桜、木下友里、涼邑芹が卒業。 ※2部にてアリス十番へ昇格

2019年

  • 6月29日 黒瀬サラのセンター在任延べ日数が2156日となり、単独ユニットのセンター在任日数でアリス十番に所属していた立花あんなの2155日を抜き新記録。
  • 7月15日 2部公演にて、美音咲月が加入。大阪・イースターガールズからの移籍。
  • 8月31日 2部公演にて、黒瀬サラが卒業。
  • 9月15日 2部公演にて、小島夕佳がスチームガールズ移籍の上で四代目新センターに就任。一度最上位ユニットにあたるアリス十番に昇格しているメンバーが他ユニットに移籍するのは異例[12]である。これは2019年7月27日2部公演後の組閣発表で行われたものであり、プロデューサーの永田雅規によると、「ダンスバキバキでスタイリッシュというのがスチームガールズ。黒瀬が卒業ということで、次を考えた。もちろん、今のメンバーも頑張っているが、その中から決められなかった。」としたうえで、「大きな考え方をしてセンターを決めた。」「十番に昇格した小島がスチガに戻るが、降格ではなく移籍」と公表した[13]
    • 同日・同公演で雪乃しほりが四代目リーダーとなることを発表。この件については前任の猪狩が「劇場にほとんど参加できず、名ばかりのリーダーになっている。自分以外のメンバーがやった方がよいのでは。」と昨年から考えていたとのことである[14]


テレビ番組編集

楽曲編集

  • destiny
  • 未来ノヒカリ-えらいやっちゃ人類-
  • SAILING DAY ~フナデ~
  • Fate
  • 青春宝石
  • Days
  • ラジオ会館のうた
  • どんくさい? Don't cry!!
  • HIGH and LOW
  • 優しい風
  • NAGA-NAGA-NAGANO
  • アリスの檻
  • COSMIC LOVE
  • シャイニーラブ
  • OPEN MY EYES
  • 雷・アドベンチャー
  • 星たちよ☆
  • 伏線回収トポロジー
  • sexy☆rabbit
  • 水色のパノラマ

シングル編集

アリス十番×スチームガールズ「仮面女子」名義
  • 「仮面女子」(2013年3月6日) - オリコンデイリー6位、ウイークリー13位[15][16]
  1. 全開☆ヒーロー(アリス十番)
  2. HIGH and LOW(スチームガールズ)
  3. Wohhhh!!!!☆(アリス十番×スチームガールズ))
  • 妄想日記(2013年12月11日)オリコンデイリー3位、ウイークリー4位。
  1. 妄想日記 :シドのカバー曲
  2. 天地-AMATSUCHI- :オンラインゲーム「真・女神転生IMAGINE」タイアップ曲
  3. ハル・メギド ※3曲目はCDのタイプ(A~F)により異なる。

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 17歳地下アイドル自殺か…メンバーと交わした“最期の言葉” 東スポWeb 2014年9月10日
  2. ^ a b 「仮面女子」星愛奈が卒業発表 東スポWeb 2015年10月7日
  3. ^ a b [1](東スポWeb 2015年11月29日記事)文末
  4. ^ a b [2](2016年5月4日更新記事)による。
  5. ^ ガスマスク女子集団「スチームガールズ」がデビュー 東京スポーツ 2012年10月22日1時17分
  6. ^ 仮面の儀”アリス十番に川村虹花が加入 東京スポーツ 2013年8月5日
  7. ^ [3](2013年10月11日更新記事)
  8. ^ ジェイソンマスクの仮面女子、Zepp Tokyoでの初ワンマンに2200人が大熱狂! チケット完売目指し10月同所でリベンジ誓う デビュー 2014年5月6日
  9. ^ スチームガールズ卒業式「destiny は大切な曲」 東京スポーツ 2015年04月30日
  10. ^ 仮面女子・黒瀬サラが長期間の活動休止を発表 東京スポーツ 2016年4月9日
  11. ^ 地下アイドル・仮面女子の「梅こうめ」が突然の引退表明 スポーツ報知 2016年4月24日
  12. ^ 過去にアリス十番に在籍したものは全員卒業し、引退ないしは別の活動を行うなどしている。
  13. ^ 【仮面女子】小島夕佳 新センターとしてスチガ“移籍” - 東スポWeb 2019年7月29日
  14. ^ [4][5]
  15. ^ アリス十番×スチガのコラボ曲初披露!『仮面女子』オリコンデイリー6位の好発進! 芸能ニュースラウンジ 2013年3月16日閲覧。
  16. ^ アリス十番、スチガ『仮面女子』オリコン週間13位に感激コメント!「びっくらこきました」 芸能ニュースラウンジ 2013年3月19日閲覧。
  17. ^ “記念すべき第1回ゴールデン・バード賞新人賞、スチームガールズが受賞!!!!!”. トレンドボックス. http://trend.mailty.jp/archives/11274 2012年11月12日閲覧。 
  18. ^ ““地下アイドル”快挙!スチームガールズが新人賞受賞”. 東京スポーツ新聞社. http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/54151/ 2012年11月12日閲覧。 
  19. ^ “<ゴールデン・バード賞>スチームガールズ新人賞受賞”. 東京スポーツ新聞社. http://www.youtube.com/watch?v=Bm9K0UUy_4A&feature 2012年11月12日閲覧。 
  20. ^ “スチームガールズが「第1回 ゴールデン・バード賞 新人賞」を受賞! 現役東大生 桜雪は「まさかこんなにすごい賞を取れるなんて」”. ガールズニュース. http://www.girlsnews.tv/unit/67144 2012年11月12日閲覧。 
  21. ^ “【ゴールデン・バード賞】スチームガールズが新人賞に!ガスマスクでゲストの度肝抜いた!”. 芸能ニュースラウンジ. http://newslounge.net/archives/49404 2012年11月12日閲覧。 

外部リンク編集

(ユニット)編集

(メンバー)編集