スティーブン・スペンダー

スティーブン・スペンダー(スティーヴン・スペンダー、Stephen Spender 1909年2月28日-1995年7月16日)は、イギリス詩人批評家。 母方にユダヤ系ドイツ人の血をひく。

概要編集

オックスフォード大学在学中から、「オーデングループ」としてW・H・オーデンセシル・デイ・ルイスルイス・マクニースなどと交わり、共産主義者になったこともある。

クリストファー・イシャウッドとたびたびドイツに旅行、1930年から詩集を刊行、1935年批評集『破壊的要素』を出す。1937年スペイン内戦の実態を見て左翼を捨てる。1940年1941年シリル・コノリーと文芸雑誌『ホライズン』を編集、第二次大戦では国防軍に加わり消防隊員。

1953年からはアーウィング・クリストルとともに、文芸雑誌『エンカウンター』の編集に加わり、1957年国際ペンクラブ大会で来日。

1970年1971年ロンドン大学教授。1983年サーの称号を受ける。日本では徳永暢三が精力的に翻訳をおこなった。

両性愛者であったと言われている[1]

訳書一覧編集

脚注編集

  1. ^ Sutherland, John (September 2004). “Spender, Sir Stephen Harold (1909–1995)”. Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/57986. http://www.oxforddnb.com/view/article/57986 2008年12月21日閲覧。. 

参考文献編集

  • 英米文学辞典