メインメニューを開く

スティーブン・ファイフ

スティーブン・J・ファイフStephen J. Fife1986年10月4日 - )はアメリカ合衆国アイダホ州ボイシ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

スティーブン・ファイフ
Stephen Fife
Stephen Fife on April 21, 2013.jpg
ドジャース時代(2013年4月21日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイダホ州ボイシ
生年月日 (1986-10-04) 1986年10月4日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目(全体85位)でボストン・レッドソックスから指名
初出場 MLB / 2012年7月17日
NPB / 2017年7月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレッドソックス傘下時代編集

2008年MLBドラフト3巡目(全体85位)でボストン・レッドソックスから指名され、6月10日に契約。契約後、傘下のA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプロデビュー。14試合に登板して1勝1敗2セーブ・防御率2.33・41奪三振の成績を残した。

2009年はまずA級グリーンビル・ドライブでプレーし、8試合に先発登板して0勝3敗・防御率2.70・35奪三振の成績を残した。7月からA+級セイラム・レッドソックスでプレー。10試合に先発登板して3勝2敗・防御率4.44・51奪三振の成績を残した。

2010年はAA級ポートランド・シードッグスでプレーし、26試合に先発登板して8勝6敗・防御率4.75・82奪三振の成績を残した。

2011年もAA級ポートランドでプレーし、19試合(先発18試合)に登板して11勝4敗・防御率3.66・70奪三振の成績を残した。

ドジャーズ時代編集

2011年7月31日にレッドソックス、シアトル・マリナーズロサンゼルス・ドジャース間の三角トレードで、ドジャースへ移籍した。移籍後は傘下のAA級チャタヌーガ・ルックアウツでプレーし、6試合に先発登板して3勝0敗・防御率4.01・25奪三振の成績を残した。オフの11月18日40人枠入りを果たした[1]

2012年はAAA級アルバカーキ・アイソトープスで25試合(先発24試合)に登板して11勝7敗・防御率4.66・93奪三振の成績を残した。7月17日にメジャー昇格し、同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を投げ4安打1失点3四球1奪三振だった。この年メジャーでは5試合に先発登板して0勝2敗・防御率2.70・20奪三振の成績を残した。

2013年は開幕をAAA級アルバカーキで迎え、4月21日チャド・ビリングズリー故障者リスト入りしたことに伴い、メジャー昇格した[2]6月3日サンディエゴ・パドレス戦で5.1回を投げ1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた[3]。この年は12試合(先発10試合)に登板して4勝4敗・防御率3.86・45奪三振の成績を残した。

2014年3月5日にAAA級アルバカーキへ降格した。5月4日に昇格し、同日のマイアミ・マーリンズ戦で先発して6回を4失点、勝敗は付かなかった。この年ドジャースでの登板はこの1試合のみで、防御率6.00だった。8月13日トミー・ジョン手術を受け、オフの11月8日FAとなった。

カブス傘下時代編集

2015年は所属球団なく、オフにベネズエラウィンターリーグに参加し実戦復帰。

2015年12月12日シカゴ・カブスとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2016年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・カブスとAAA級アイオワ・カブスでプレーし、2球団合計で10試合に先発登板して0勝2敗・防御率4.58・30奪三振の成績を残した。オフの11月7日にFAとなった[4]

マーリンズ傘下時代編集

2016年12月9日にマーリンズとマイナー契約を結び、2017年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[4]

西武時代編集

2017年6月17日埼玉西武ライオンズと契約合意したことが発表された[5]。背番号は69。6月20日に公示され、7月6日の日本ハム戦で先発として来日初登板を果たすも4回途中4失点と崩れたが7月13日のロッテ戦で5回2失点で来日初勝利を果たす。しかし、それ以降は制球の乱れで失点を重ねるパターンが多く、8月20日の日本ハム戦で5回途中4失点と降板したのを最後に翌日に抹消され、以後1軍で投げる事なく10月18日に球団は契約を解除し、ウエーバー公示の手続きを取ったと発表した[6]。10月25日に自由契約選手として公示された[7]

選手としての特徴編集

主に先発として起用され、オーバースローから最速151km/h、平均143.6km/hのフォーシーム、平均124.9km/hのカーブ、平均135.7km/hのチェンジアップの3球種を主体とする本格派投手で、その他に平均133.5km/hのスライダー、平均143.7km/hのツーシームなどを持ち球とする[8]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 LAD 5 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 115 26.2 25 2 12 0 2 20 4 0 8 8 2.70 1.39
2013 12 10 0 0 0 4 4 0 0 .500 258 58.1 69 7 20 2 5 45 6 0 29 25 3.86 1.53
2014 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 27 6.0 7 4 2 0 1 5 0 0 4 4 6.00 1.33
2017 西武 5 5 0 0 0 1 1 0 0 .500 108 21.0 32 2 13 0 2 11 0 0 17 16 6.86 2.14
MLB:3年 18 16 0 0 0 4 6 0 0 .400 400 91.0 101 13 34 2 8 70 10 0 41 37 3.66 1.47
NPB:1年 5 5 0 0 0 1 1 0 0 .500 108 21.0 32 2 13 0 2 11 0 0 17 16 6.86 2.14
  • 2017年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 56 (2012年)
  • 59 (2012年 - 2014年)
  • 69 (2017年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Eric Stephen (2011年11月18日). “Dodgers Add Five To 40-Man Roster Before Rule 5 Draft”. Los Angeles. http://losangeles.sbnation.com/los-angeles-dodgers/2011/11/18/2572585/los-angeles-dodgers-40-man-roster-rule-5-draft 2013年12月29日閲覧。 
  2. ^ “Dodgers place Billingsley on DL”. MLB.com Dodgers Press Release. (2013年4月21日). http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130421&content_id=45384002&vkey=pr_la&c_id=la 2013年12月29日閲覧。 
  3. ^ “Scores for Jun 3, 2013”. ESPN MLB. (2013年6月3日). http://espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=330603119 2013年12月29日閲覧。 
  4. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年2月14日閲覧。
  5. ^ 新外国人選手(スティーブン・ファイフ投手)との選手契約についてのお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2017年6月17日). 2017年6月18日閲覧。
  6. ^ 埼玉西武ライオンズ選手契約について”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2017年10月18日). 2017年10月18日閲覧。
  7. ^ 自由契約選手”. 日本野球機構. 2017年10月25日閲覧。
  8. ^ Stephen Fife Pitch Data”. The Baseball Cube. 2017年7月25日閲覧。
  9. ^ “西武 3連勝 ファイフが来日初勝利 ロッテは借金30に”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/12/kiji/20170712s00001173413000c.html 2017年7月13日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集