メインメニューを開く

チャールズ・スティーブ・コックスCharles Steve Cox , 1974年10月31日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手内野手)である。2003年横浜ベイスターズに所属した。

スティーブ・コックス
Steve Cox
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州デラノ
生年月日 (1974-10-31) 1974年10月31日(44歳)
身長
体重
192 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1992年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 1999年9月19日
NPB / 2003年5月14日
最終出場 MLB / 2002年9月25日
NPB / 2003年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

1992年MLBドラフト5巡目でオークランド・アスレチックスに入団。メジャー昇格のないまま1998年タンパベイ・デビルレイズに移籍。1999年のシーズン終盤にメジャー初昇格すると、翌年から3年連続で100試合出場・二桁本塁打を記録し、4番も打った。

2002年オフ、この年貧打に悩まされて最下位に終わった横浜ベイスターズは、監督山下大輔が左の強打者の獲得を熱望。当初はこの年限りでヤクルトスワローズを退団したロベルト・ペタジーニの獲得に動いていたが失敗したため、代わりにコックスを獲得した。移籍金100万ドル・年俸275万ドル(当時日本円で推定約3億円)の3年契約[1](3年目は横浜側が選択権を持つオプション)と横浜としては破格の条件で、4番候補として大いに期待された。コックス本人としても、2002年の年俸28万ドル[2](当時のレートで約3100万円)から約10倍となる大幅増であった。

ところが、2003年の春季キャンプで右膝の外側半月板を損傷し、内視鏡手術後の回復が遅く、一軍昇格は5月14日、15試合の出場のみで今度はふくらはぎを痛めて二軍落ち。同年に年俸5000万円で入団したタイロン・ウッズの活躍の裏でそのまま一軍に戻ることなく、シーズン終了後の11月28日に「中途半端な状態で置くと、現場が起用法に困る」(笹川チーム運営部長)とされて契約を2年残して解雇された[1]

横浜は全く戦力にならなかったコックスに対し、2年目の年俸及びオプション破棄の違約金も合わせて、総額で700万ドル以上を払うことになった。当時、球団社長だった峰岸進はコックスの退団時に「授業料にしては高すぎた」とコメントしている[1]

2004年はどこにも所属せず、同年12月にタンパベイ・デビルレイズとマイナー契約したが、翌2005年はマイナーで19試合出場しただけで解雇された[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1999 TB 6 19 19 0 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 .211 .211 .263 .474
2000 116 369 318 44 90 19 1 11 144 35 1 2 0 1 46 2 4 47 9 .283 .379 .453 .832
2001 108 378 342 37 88 22 0 12 146 51 2 2 0 2 24 0 10 75 11 .257 .323 .427 .750
2002 148 633 560 65 142 30 1 16 222 72 5 0 0 6 60 5 7 116 15 .254 .330 .396 .727
2003 横浜 15 57 50 5 10 1 0 1 14 7 0 0 0 0 7 0 0 17 3 .200 .298 .280 .578
MLB:4年 378 1399 1239 146 324 72 2 39 517 158 8 4 0 9 130 7 21 240 37 .262 .340 .417 .757
NPB:1年 15 57 50 5 10 1 0 1 14 7 0 0 0 0 7 0 0 17 3 .200 .298 .280 .578

表彰編集

MiLB

記録編集

NPB

背番号編集

  • 71(1999年)
  • 28(2000年 - 2002年)
  • 3(2003年)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集