メインメニューを開く

スティーブ・ストローター

スティーブン・ルイス・ストローターStephen Lewis "Steve" Stroughter1952年3月15日 - 2018年3月6日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手阪神タイガースに在籍。ポジションは外野手。右投左打。

スティーブ・ストローター
Steve Stroughter
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 (1952-03-15) 1952年3月15日
没年月日 (2018-03-06) 2018年3月6日(65歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト1巡目
初出場 MLB / 1982年4月7日
NPB / 1983年4月9日
最終出場 MLB / 1982年6月24日
NPB / 1983年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

レッドウッド高校から1970年MLBドラフト15巡目でカリフォルニア・エンゼルスに指名されるも拒否。翌1971年、セクアイアス大学から1月第2次ドラフトの2巡目でシカゴ・カブスに指名されるもこれも拒否、同年の6月第2次ドラフト1巡目でサンフランシスコ・ジャイアンツに指名され、ようやく契約した[1]

その後、長きに渡りマイナー生活が続いていたが、1982年に30歳にしてシアトル・マリナーズで初のメジャー昇格を果たす。

阪神時代編集

1983年、阪神タイガースに入団。開幕前のマウイ島キャンプ[2]ではシート打撃で場外へ飛ばし、また紅白戦でも本塁打を放つなど、同年に入団したランディ・バースよりも大きな当たりを飛ばした[1]

開幕直後に肩を故障し二軍落ちしたが、キム・アレンの故障もあり5月中旬に戦列復帰。復帰初戦である5月14日の対大洋戦ではいきなり右田一彦から第1号を放ち、試合終了後はお立ち台に立った[1]。同月23日の対広島戦では初回先頭打者本塁打を放ち、翌日以降、24日・25日・26日の対中日戦と27日・28日・29日の対巨人戦では、6試合全てで3番ライトでスタメン出場し[3][1]本塁打を5本放った。

だが、その後の試合で自打球を左足に当て骨折、再び戦線離脱を余儀なくされる[1]。さらに、このとき一軍は投手陣が壊滅状態にあり、シーズン途中に急遽リチャード・オルセンの獲得に動いたことから、外国人選手枠の関係でストローター、アレン、バースのうち誰か1人を解雇せざるを得なくなり[4]、立つことも歩くこともままならない状態にあった[1]ストローターがシーズン途中の6月に解雇された。結局、日本でプレーしたのは28試合だけであった。

阪神退団後編集

帰国直後にトロント・ブルージェイズ傘下の3Aでアメリカ球界に復帰するも、同年をもって現役を引退、故郷のカリフォルニア州バイセリアに戻る[1]

現役引退後は、地元の少年院刑務所に勤務し、触法少年たちのカウンセラーとなった。ストローター自身、貧しい街で生まれたが悪い仲間とは縁を切ったことでメジャーリーガーにまでなれたこともあり、その経験を伝えることで、触法少年たちの更生を手伝った[1]

ただ、1998年にはコクシジオイデス症という治療法のない感染症に罹り、また2002年にも糖尿病を発症し一時は意識不明に陥るなど、生死の境を彷徨った(その後は何とか回復)[1]

2016年12月27日、イザベル夫人と結婚(初婚)。二人が初めて出会ったのは1977年の冬であったが、その後は疎遠となり半世紀近く年月が過ぎたものの、イザベル夫人が偶然Facebookでストローターを見つけ連絡を取ったことから交際に至ったという[1]

ストローター本人は、バースについて、当時の球団通訳からの手紙で活躍を知っており、阪神タイガースが日本一になったこと、またバースが三冠王を獲ったことも知っていた。バースもまた日刊スポーツの取材に対し、チームメイトだった時は遠征先で食事を共にしたこと、共通の友人などについて語り合ったという[1]

2018年3月6日に死去。65歳没[5]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1982 SEA 26 51 47 4 8 1 0 1 12 3 0 0 0 0 3 1 1 9 0 .170 .235 .255 .491
1983 阪神 28 92 87 13 24 6 0 5 45 12 0 0 0 1 4 0 0 13 2 .276 .308 .517 .825
MLB:1年 26 51 47 4 8 1 0 1 12 3 0 0 0 0 3 1 1 9 0 .170 .235 .255 .491
NPB:1年 28 92 87 13 24 6 0 5 45 12 0 0 0 1 4 0 0 13 2 .276 .308 .517 .825

記録編集

NPB

背番号編集

  • 14(1982年)
  • 39(1983年)

エピソード編集

  • 野球漫画「ラストイニング」に登場する長身の外国人球児、スティーブ・ストローターの名前の由来となっている[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 日刊スポーツ(大阪版),2017年1月26日付4面,『あの猛虎は今』
  2. ^ 阪神は、1983年と1984年の2年間はマウイ島で春季一次キャンプを行った(二次キャンプは安芸市営球場)。なお、1985年以降は海外から撤退し、安芸のち宜野座村営野球場で春季キャンプを行っている。
  3. ^ ただ、左投手を苦手としていたため、相手が投手を左投手に交替すると右の代打を送られることも多かった。ちなみに、この6試合でバースがスタメンで出場したのは4試合(全て一塁手。他の2試合の一塁のスタメンは藤田平佐野仙好が1試合づつ)で、打順は6番ないし7番であった。
  4. ^ この当時の『外人枠(と呼ばれていた)』の規定は「1チームにつき支配下選手登録できる外国人選手は3人まで、一軍で出場できるのは2人まで」と定められていた。
  5. ^ Obituary for Stephen Lewis Stroughter” (英語). Salser & Dillard Funeral Chapel (2018年3月6日). 2018年3月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集