スティーブ・ライト

スティーブ・ライトStephen "Steve" Wright1953年12月24日 - )は、イギリスチェシャー州ウォリントン出身の元プロレスラー[1]。生年月日は1952年12月12日ともされる[2]

スティーブ・ライト
プロフィール
リングネーム スティーブ・ライト
本名 ステファン・ライト
ニックネーム 英国の魔術師
身長 185cm
体重 95kg(全盛時)
誕生日 (1953-12-24) 1953年12月24日(67歳)[1]
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
チェシャー州ウォリントン[1]
トレーナー ビリー・ライリー[1]
テッド・ベトリー[1]
デビュー 1969年[1]
テンプレートを表示

イギリスやドイツなどヨーロッパを主戦場に、日本では1970年代半ばから1980年代にかけて、新日本プロレスのリングで活躍[2]。ヨーロピアン・スタイルの洗練されたレスリング技術と、軽業師を思わせるアクロバティックな動きを武器に、初代タイガーマスクらと好試合を展開した[2][3]

息子のアレックス・ライトも元プロレスラーであり、1990年代アメリカWCWで活動した(嫌米ギミックドイツ人ヒール "ベルリン" として知られる)[4][5]

来歴編集

ビリー・ライリー・ジムでトレーニングを積み[2]1969年に英国のジョイント・プロモーションズにてデビュー。1972年に旧西ドイツに渡り、当時のAWA世界ヘビー級王者バーン・ガニアとも対戦している[3]1974年メキシコEMLLに遠征[6]、その提携ルートでアメリカNWAロサンゼルス地区(NWAハリウッド・レスリング)でも試合を行った[7][8]

1975年1月、新日本プロレスに初来日[9]。以降も新日本の常連外国人選手となり、1977年10月の来日では、負傷したクルト・フォン・ストロハイムの代打としてパット・パターソンのパートナーに起用され、12月8日に蔵前国技館にて坂口征二&ストロング小林北米タッグ王座に挑戦した[2][10]

1980年2月から3月にかけてはカナダカルガリー地区(スチュ・ハートが主宰していたスタンピード・レスリング)に参戦。同じ英国人のダイナマイト・キッドとの連戦も行われた[11]

1982年3月には新日本プロレスの第5回MSGシリーズに来日(リーグ戦には不参加)[12]。3月4日に後楽園ホール、4月1日に蔵前国技館にて、タイガーマスクWWFジュニアヘビー級王座に連続挑戦し、名勝負を残している[2][3]。なお、木戸修はライトについて「自分が戦ったレスラーでは一番上手かった」と語っている[13]

ヨーロッパでは1980年代よりドイツのニュルンベルクに居住し、ポール・バーガーやアルフレッド・ジーグラーのプロモーションで活動[8]1985年12月20日にはオットー・ワンツ主宰のCWAにて、前王者トニー・セント・クレアーの返上で空位となっていたCWA世界ミドル級王座をトーナメントに勝ち抜いて獲得[14]。以降、1987年7月にミレ・ツルノに敗れ一度はタイトルを失うも、マーク・ロコトム・プリチャード、新日本プロレスから遠征してきた山田恵一越中詩郎ヒロ斎藤らを相手に防衛を重ね、1990年から1991年にかけてはデイブ・フィンレイを相手に王座を巡る抗争を展開した[14][15]

CWAではミドル級戦線で活躍する一方、ブル・パワーテキサス・スコットムーンドッグ・レックスランボーボブ・オートン・ジュニアなど、北米のヘビー級選手とも対戦している[15]。1991年12月にフィンレイにミドル級王座を奪われてからはセミリタイア状態となるも、以降も1990年代末までドイツのマット界で活動した[15]

なお、ドイツではローラン・ボックの興行には参加したことがないが[8]、ボックは「強く印象に残ったレスラー」として、ジョージ・ゴーディエンコアントニオ猪木アンドレ・ザ・ジャイアントダニー・リンチらに加え、ライトの名前も挙げている[16]

得意技編集

獲得タイトル編集

  • CWA世界ミドル級王座:3回[14]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Steve Wright”. Cagematch. 2011年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P35(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P217(1996年、日本スポーツ出版社)
  4. ^ Alex Wright”. Online World of Wrestling. 2009年12月10日閲覧。
  5. ^ Alex Wright”. The Accelerator's Wrestling Rollercoaster. 2011年4月30日閲覧。
  6. ^ The CMLL matches fought by Steve Wright in 1974”. Wrestlingdata.com. 2017年3月6日閲覧。
  7. ^ The NWAHW matches fought by Steve Wright in 1974”. Wrestlingdata.com. 2017年3月6日閲覧。
  8. ^ a b c 『デラックス・プロレス 1982年5月号』P60-61(1982年、ベースボール・マガジン社
  9. ^ NJPW 1975 New Year Golden Series”. Puroresu.com. 2020年3月4日閲覧。
  10. ^ NJPW 1977 Toukon Series II”. Puroresu.com. 2017年3月6日閲覧。
  11. ^ The Stampede matches fought by Steve Wright in 1980”. Wrestlingdata.com. 2020年3月4日閲覧。
  12. ^ NJPW 1982 The 5th Madison Square Garden Series”. Puroresu.com. 2020年3月4日閲覧。
  13. ^ 2009年のスネークピット・キャラバントークショーにおける木戸本人のコメント(週刊プロレス流智美のプロレス検定塾』 週刊プロレス 2009年12月23・30日合併号文中より)
  14. ^ a b c CWA World Middleweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  15. ^ a b c Matches of Steve Wright”. Cagematch. 2013年7月1日閲覧。
  16. ^ 『Gスピリッツ Vol.21』P11(2011年、辰巳出版ISBN 4777809463

外部リンク編集