ステファヌス9世 (ローマ教皇)

ステファヌス9世Stephanus IX、? - 942年10月)は、第127代ローマ教皇(在位:939年7月14日 - 942年10月)。

ステファヌス9世
第127代 ローマ教皇
Stephen VIII.png
教皇就任 939年7月14日
教皇離任 942年10月
先代 レオ7世
次代 マリヌス2世
個人情報
出生 未詳
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 942年10月
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
原国籍 イタリア
テンプレートを表示

生涯編集

ステファヌスはローマ出身で、サンティ・シルヴェストロ・エ・マルティーノ・アイ・モンティの司祭枢機卿であった[1]。939年に先代のレオ7世が死去したため、アルベリーコ2世によって後継に擁立された。

最初はアルベリーコ2世と共同して修道院改革を行なったが、やがて対立した。オパヴァのマルティンによると、アルベリーコ2世によって幽閉され、さらに手足を切断された(mutilatus to quibusdam Romanis)という[2]。ステファヌスは942年10月下旬に死去したが、切断時における傷が死因であったとも考えられている[3]

脚注編集

  1. ^ Piazzoni
  2. ^ Martino di Troppau, p. 431
  3. ^ マックスウェル-スチュアート、p. 94

参考文献編集

  • Ambrogio M. Piazzoni, Stefano VIII, in Enciclopedia dei Papi, vol. 2, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 2000.
  • (ラテン語・ドイツ語)Martino di Troppau, edited by Georg Heinrich Pertz, Chronicon Pontificum et imperatorum, in L. Weiland (ed), Monumenta Germaniae Historica, Scriptores, XXII, Hannover, Hahn, 1872.
  • P.G.マックスウェル-スチュアート 『ローマ教皇歴代誌』 創元社、1999年、pp. 93 - 94