メインメニューを開く

ステファノス・ガッタス2世

ステファノス・ガッタス2世Stéphanos II Ghattas1920年1月16日 - 2009年1月20日)は、エジプトコプト典礼カトリック教会枢機卿。1986年から2006年までアレクサンドリア総大司教を務めた。2001年からは枢機卿に任命されていた。

ステファノス・ガッタス2世
枢機卿
大司教区 アレクサンドリア
着座 1986年
離任 2006年
聖職
枢機卿任命 2001年2月21日
個人情報
出生 1920年1月16日
 エジプトギルガ
死去 2009年1月20日
 エジプトカイロ

2009年1月20日、カイロにて89歳で亡くなった[1]

出典編集

  1. ^ “ステファノス・ガッタス2世枢機卿逝去”. バチカン放送局. (2009年1月21日). http://www.radiovaticana.org/gia/Articolo.asp?c=260273 2009年11月13日閲覧。