メインメニューを開く

ステファノ・コラントゥオーノ

ステファノ・コラントゥオーノStefano Colantuono, 1962年10月23日- )は、イタリアローマ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

ステファノ・コラントゥオーノ Football pictogram.svg
Stefano Colantuono.jpg
アタランタ監督時代(2007年)
名前
ラテン文字 Stefano Colantuono
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1962-10-23) 1962年10月23日(57歳)
出身地 ローマ
身長 184cm
選手情報
ポジション DF (CB)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1983 イタリアの旗 ヴェッレトリ英語版 46 (2)
1983-1984 イタリアの旗 テルナーナ 16 (3)
1984-1985 イタリアの旗 アレッツォ 36 (1)
1985-1986 イタリアの旗 ピサ 24 (0)
1986-1988 イタリアの旗 アヴェッリーノ 53 (2)
1988-1989 イタリアの旗 コモ 23 (1)
1989-1991 イタリアの旗 アスコリ 38 (0)
1991-1992 イタリアの旗 BNLローマ (フットサル)  ? (?)
1992-1993 イタリアの旗 フロジノーネ 27 (1)
1992-1994 イタリアの旗 フェルマーナ英語版 28 (5)
1994-1995 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ英語版 25 (2)
1995-1999 イタリアの旗 マチェラテーゼ英語版 112 (6)
1999-2000 イタリアの旗 セストレーゼ英語版 34 (2)
2000-2001 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ 31 (5)
1981-2001 通算 493 (30)
監督歴
2001-2003 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ
2003-2004 イタリアの旗 カターニア
2004-2005 イタリアの旗 ペルージャ
2005-2007 イタリアの旗 アタランタ
2007 イタリアの旗 パレルモ
2008 イタリアの旗 パレルモ
2009 イタリアの旗 トリノ
2010 イタリアの旗 トリノ
2010-2015 イタリアの旗 アタランタ
2015-2016 イタリアの旗 ウディネーゼ
2016-2017 イタリアの旗 バーリ
2017-2018 イタリアの旗 サレルニターナ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

中小クラブでセンターバックを主に務め、1991-92シーズンにはフットサルチームでプレーしていた。

引退後に監督業をスタートし、当時ACペルージャセリエA)とカルチョ・カターニアセリエB)の会長だったルチアーノ・ガウッチ英語版に認められて、2003-2004シーズンにはカターニアの監督を務める。2004年にカターニアはガウッチの手から離れるが、翌2004-2005シーズンにはセリエBに降格したペルージャの監督に就任。セリエA昇格を賭けたプレーオフ進出を果たすもトリノ・カルチョに敗れる。その後、クラブは破産しセリエC1に降格処分となった。余談だが、このシーズンのセリエBはトリノもやはり破産でAへの昇格が取り消されたほか、コラントゥオーノの前任者のセルセ・コズミが率いたジェノアCFCSSCヴェネツィアへの買収工作の発覚で優勝を取り消されて最下位扱いとなりC1に降格となる混乱ぶりであった。

2005-06シーズンよりセリエBのアタランタBC監督に就任し、セリエA昇格に導く。翌シーズンクリスティアーノ・ドニを中核として健闘し、残留を決める。2007-08シーズンUSチッタ・ディ・パレルモマウリツィオ・ザンパリーニ会長より監督に招聘されたが、2007年11月に成績不振で途中解任。後任のフランチェスコ・グイドリンが解任されると2008年3月に呼び戻されたが、翌シーズンはリーグ戦1試合を終えた9月に解任された。

2009年6月、セリエB降格となったトリノFCの監督に任命された。11月29日、成績不振で解任された。2010年1月10日マリオ・ベレッタの後任としてトリノ監督に復帰したが、昇格を達成できず退任。

2010-11シーズンはアタランタの監督に復帰し、圧倒的な強さを見せつけセリエA昇格に導く。2011-12シーズンは賭博スキャンダル絡みのペナルティーで勝点6減からのスタートとなったが、着実に勝点を積み重ねチームを残留に導いた。その後もセリエA残留に成功していたが、2015年3月に成績不振により解任された[1]

2015年6月4日、ウディネーゼ・カルチョの監督に就任した[2]。しかしクラブは下位に沈み、翌年3月14日に解任されることが発表された[3]

2016年11月7日よりセリエBのFCバーリ1908の指揮を執るが、シーズン終了後に同クラブを去った[4]。2017年12月12日、USサレルニターナ1919と1年延長オプション付きで1年半の契約を締結した[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アタランタ、コラントゥオーノ監督を解任”. Qoly Football Web Magazine (2015年3月5日). 2015年3月6日閲覧。
  2. ^ ウディネーゼ、コラントゥオーノ新監督就任を発表”. Goal (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  3. ^ ウディネーゼ、コラントゥオーノを解任 デ・カーニオが就任”. Goal.com (2016年3月15日). 2016年10月10日閲覧。
  4. ^ Serie B, il saluto di Colantuono: «Bari, mi resterai nel cuore»”. Corriere dello Sport (2017年5月16日). 2017年12月23日閲覧。
  5. ^ Colantuono è il nuovo allenatore della Salernitana”. Repubblica.it (2017年12月12日). 2017年12月23日閲覧。

外部リンク編集