メインメニューを開く

ステフェン・ダニエル・ロメロStefen Daniel Romero, 1988年10月17日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

ステフェン・ロメロ
Stefen Romero
オリックス・バファローズ #9
170624 Stefen Romero.jpg
ほっともっとフィールド神戸にて(2017年6月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州ツーソン
生年月日 (1988-10-17) 1988年10月17日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 MLBドラフト12巡目(全体372位)でシアトル・マリナーズから指名
初出場 MLB / 2014年4月1日
NPB / 2017年3月31日
年俸 2億8,750万円(2019年)
※2018年から3年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとマリナーズ時代編集

2010年のMLBドラフト会議シアトル・マリナーズから12巡目(全体372位)で指名されたことを機に入団。A級クリントン・ランバーキングス英語版に配属された2011年には、リーグ戦116試合に出場すると、打率.280・16本塁打・65打点・16盗塁の成績を残した。

2012年はA+級ハイデザート・マーベリックスで60試合に出場し、打率.357・11本塁打・51打点・6盗塁の成績を残した。6月にAA級ジャクソン・ジェネラルズへ昇格。56試合に出場し、打率.347・12本塁打・50打点・6盗塁の成績を残した。

2013年はA+級ハイデザートで開幕を迎え、5試合に出場。4月にAAA級タコマ・レイニアーズへ昇格。93試合に出場し、打率.277・11本塁打・74打点・8盗塁の成績を残した。オフの11月20日に40人枠入りを果たした[2]

2014年は開幕ロースター入りを果たし、4月1日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。7番・右翼手で先発起用され、4打数無安打1三振だった[3]。同年は72試合に出場し、打率は.192ながら3本塁打・11打点という成績を記録した。

2015年は、出番が13試合に減少し、打率.190・1本塁打・3打点という成績に留まった。

2016年は、9試合の出場に留まった。打撃面では打率.235・3打点を記録。守備は左翼手6試合、右翼手2試合の他、1試合のみ一塁手にも入った。マイナーではAAA級タコマのみでプレーし、106試合で打率.304・21本塁打・85打点・OPS0.902という成績を記録した。シーズン終了後に日本の球団と契約する前提で自由契約となった[4]

オリックス時代編集

2016年11月24日に、オリックス・バファローズへの入団が発表された[5]。背番号は9[6]

2017年には、春季キャンプからの好調[7]を背景に、一軍公式戦の開幕から「4番・右翼手」に起用されていた。4月4日の対埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)5回表に多和田真三郎から来日初本塁打(3点本塁打)を放つと、4月9日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)まで4試合連続で本塁打を記録。チームを4連勝と2014年最終戦以来914日振りの貯金(勝率5割超え)に導いた[8]。しかし、4月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)8回裏の守備中に、鈴木大地のファウルフライを追って一塁側のフェンスに激突。左膝大腿骨の挫傷で実戦への復帰までに4~5週間を要することが後に判明した[9]ため、4月25日から1ヶ月ほど戦線離脱した[10]セ・パ交流戦から一軍へ復帰すると、再び本塁打を量産。6月13日からの対広島東洋カープ3連戦(マツダスタジアム)では、6月14日の第2戦で9号、6月15日の最終戦で10号本塁打を放った。オリックスの外国人野手が来日1年目に一軍公式戦で2桁の本塁打を記録した事例は、2012年李大浩以来である[11]。後半戦序盤の7月下旬に一時不振へ陥ったものの、8月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム)では、同点で迎えた12回裏の打席でシーズン自身3本目のサヨナラ本塁打を記録[12]。8月4日には、翌2018年シーズンからの3年契約を結んだことが球団から発表された[13]。交流戦期間中から交渉を重ねた末の契約締結で、契約3年目の選択権をロメロ・球団の双方が保有[14]。オリックス球団が外国人選手と3年契約を締結した事例は初めてで、レギュラーシーズン中の8月に外国人選手との間で翌シーズン以降の契約を締結したことも異例である[15]。結局ロメロは、パシフィック・リーグの最終規定打席に達しなかったものの、一軍公式戦103試合の出場でT-岡田に次ぐチーム2位(リーグ7位タイ)の26本塁打を記録した。

2018年も4番打者として開幕を迎えたものの[16]、春先からロメロ本人も「野球人生で初めて」と語るほどの打撃不振が続き[17]セ・パ交流戦が終了した6月下旬の時点で、60試合出場で打率.214・10本塁打・26打点、特に得点圏打率が.189という状態で、4番からも外されるようになっていた[18]。リーグ戦再開後、7月にかけて徐々に打撃の調子を取り戻したものの[19]、7月31日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦の打席中に右脇腹を痛め、右腹直筋損傷の診断で翌8月1日に出場選手登録を抹消された[20]。8月24日に一軍復帰し[21]、最終的にシーズン119試合出場で打率.237・25本塁打・63打点の成績を残した[22]

2019年は春季キャンプ中に首を痛めてシーズン開幕に間に合わず[23][24]、4月11日に一軍合流するも7試合の出場のみで4月20日に右内腹斜筋損傷により一軍登録を抹消された[24]。5月17日に一軍復帰を果たし[25]、セ・パ交流戦では15試合出場で打率.273・5本塁打・14打点と調子を上げていたが、6月23日に右腹斜筋炎症により再び一軍登録抹消となった[26]。7月23日に一軍復帰すると[27]、8月は23試合で打率.385・7本塁打・23打点と絶好調だったが、9月1日のロッテ戦で走塁中に膝を痛め、9月4日にシーズン3度目の登録抹消となった[28]。シーズン通算で打率.305と、出場した試合では好調を保ったものの、3度の負傷による登録抹消が響き、出場は来日3シーズンで最も少ない81試合、18本塁打・63打点に留まった[29]

選手としての特徴・人物編集

オリックスへの入団後いずれの年も中軸打者を担う一方、故障離脱が多いのが弱点であり[30]、ロメロの離脱がそのままチームの得点力低下・チーム状態の悪化に直結する局面も多い[31][32][33]

特別に日本語が堪能なわけではないが、自らの姓はカタカナで書くことができ、日本のファンへのサインに「ロメロ」とカタカナで書き添えることもある[34]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 SEA 72 190 177 19 34 6 2 3 53 11 0 4 0 1 4 0 6 48 0 .192 .234 .299 .533
2015 13 24 21 6 4 1 0 1 8 3 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .190 .190 .381 .673
2016 9 19 17 1 4 1 0 0 5 3 0 0 0 1 1 0 0 4 0 .235 .235 .294 .557
2017 オリックス 103 424 390 55 107 13 0 26 198 66 2 1 0 1 27 0 6 98 12 .274 .330 .508 .838
2018 119 501 443 63 105 18 1 25 200 63 7 2 0 6 42 2 10 114 10 .237 .313 .451 .765
2019 81 331 295 47 90 15 0 18 159 63 3 3 0 6 25 2 5 83 3 .305 .363 .539 .902
MLB:3年 94 233 215 26 42 8 2 4 66 17 0 4 0 2 8 0 6 58 0 .195 .242 .307 .549
NPB:3年 303 1256 1128 165 302 46 1 69 557 192 12 6 0 13 94 4 21 295 25 .268 .332 .494 .826
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集

MLB


右翼(RF) 左翼(LF) 中堅(CF) 一塁(1B)
















































2014 SEA 42 64 1 1 0 .985 11 3 3 0 0 1.000 - -
2015 5 8 0 0 0 1.000 6 5 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .--- -
2016 2 2 0 0 0 1.000 6 6 1 1 0 .875 - 1 3 3 0 0 1.000
通算 49 74 1 1 0 .987 23 14 1 1 0 .938 1 0 0 0 0 .--- 1 3 3 0 0 1.000
NPB


外野手












2017 オリックス 78 129 1 0 0 1.000
2018 66 103 1 0 0 1.000
2019 18 22 0 0 0 1.000
通算 162 254 2 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

MLB
NPB

背番号編集

  • 7 (2014年)
  • 17 (2015年 - 2016年)
  • 9 (2017年 - )

脚注編集

  1. ^ オリックス・ロメロと契約延長 来期から新たに3年”. 日刊スポーツ. 2018年12月12日閲覧。
  2. ^ “Mariners add to four players to 40-man roster” (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2013年11月20日), http://seattle.mariners.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20131120&content_id=64085888&vkey=pr_sea&c_id=sea 2014年4月10日閲覧。 
  3. ^ Scores for Apr 1, 2014”. ESPN MLB (2014年4月1日). 2014年4月10日閲覧。
  4. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月20日閲覧。
  5. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ・オフィシャルウェブサイト (2016年11月24日). 2016年12月16日閲覧。
  6. ^ ステフェン・ロメロ選手 背番号決定”. オリックス・バファローズ・オフィシャルウェブサイト (2016年12月13日). 2016年12月16日閲覧。
  7. ^ オリックス・ロメロ連発含む5打点/今日の一番”. 日刊スポーツ (2017年2月21日). 2017年4月9日閲覧。
  8. ^ オリックス台風の目だ 4連勝で914日ぶり貯金”. 日刊スポーツ (2017年4月9日). 2017年4月9日閲覧。
  9. ^ オリックス・ロメロ重傷だった 実戦復帰まで3週間”. 日刊スポーツ (2017年4月25日). 2017年4月25日閲覧。
  10. ^ オリックス痛い!ロメロ抹消、復帰まで4~5週間” (2017年4月25日). 2017年4月25日閲覧。
  11. ^ オリックス・ロメロ2戦連発10号 李大浩以来の2桁”. 日刊スポーツ (2017年6月16日). 2017年6月20日閲覧。
  12. ^ オリックス・ロメロが今季3本目劇打 福良監督「ロメロさまさま」”. 日刊スポーツ (2017年8月2日). 2017年8月8日閲覧。
  13. ^ 【オリックス】ロメロ残留…助っ人で異例の来季から3年契約”. スポーツ報知 (2017年8月5日). 2017年8月8日閲覧。
  14. ^ オリックス ロメロと異例8月契約更新 年俸3倍増で来季から新たに3年”. スポーツニッポン (2017年8月5日). 2017年8月8日閲覧。
  15. ^ オリックス ロメロと外国人選手初3年契約”. デイリースポーツ (2017年8月5日). 2017年8月8日閲覧。
  16. ^ 2018パ・リーグ6球団の四番事情は?”. 週刊ベースボールONLINE (2018年4月2日). 2019年10月30日閲覧。
  17. ^ ステフェン・ロメロが来日2年目で初めて味わう長期打撃不振の裏にあるもの”. Yahoo!Japanニュース (2018年6月17日). 2019年10月30日閲覧。
  18. ^ リーグ戦再開!パ・リーグ6球団のキーマンは?”. 週刊ベースボールONLINE (2018年6月22日). 2019年10月30日閲覧。
  19. ^ チームの連敗を止める大活躍!オリックス・ロメロが5打点の大暴れ!”. BASEBALL GATE (2018年7月29日). 2019年10月30日閲覧。
  20. ^ オリックス・ロメロが負傷離脱 「右腹直筋損傷」の「グレード1」”. サンケイスポーツ (2018年8月1日). 2019年10月30日閲覧。
  21. ^ 【24日のプロ野球公示】巨人・山口俊、ヤクルト・原樹理が抹消、日本ハムはロドリゲスを登録”. ベースボールチャンネル (2018年8月24日). 2019年10月30日閲覧。
  22. ^ オリックス・ロメロ帰国「もっと出来た」今季25本”. 日刊スポーツ (2018年10月6日). 2019年10月30日閲覧。
  23. ^ オリックスのロメロ、首に強い張りを覚えるも、MRI検査は異常なし”. Full-Count (2019年2月27日). 2019年10月30日閲覧。
  24. ^ a b オリックス・ロメロが登録抹消 前夜1号ソロも「右内腹斜筋損傷」”. BASEBALLKING (2019年4月20日). 2019年10月30日閲覧。
  25. ^ 17日の公示 燕がバレ&坂口、巨人は澤村ら3選手登録 オリは山本抹消で7選手入れ替え”. Full-Count (2019年5月17日). 2019年10月30日閲覧。
  26. ^ 【オリックス】交流戦5本塁打のロメロが右腹斜筋の炎症で登録抹消”. スポーツ報知 (2019年6月23日). 2019年10月30日閲覧。
  27. ^ オリックス打線の鍵を握るロメロが復帰、得点力アップへ期待大”. スポーツ報知 (2019年7月24日). 2019年10月30日閲覧。
  28. ^ オリックスのロメロと安達が登録抹消”. サンケイスポーツ (2019年9月4日). 2019年10月30日閲覧。
  29. ^ オリックス ロメロが帰国 来季契約は波乱含み”. スポーツニッポン (2019年10月1日). 2019年10月30日閲覧。
  30. ^ オリックス・ロメロ再会願い帰国 来季弱点克服誓う”. 日刊スポーツ (2019年9月30日). 2019年10月27日閲覧。
  31. ^ オリックス“国産打線”の正念場”. BASEBALLKING (2017年5月11日). 2019年10月27日閲覧。
  32. ^ 猛牛のささやき 金子千尋「マー君じゃないですけど」オリのエースとして、負けない決意。”. Number Web (2018年1月6日). 2019年10月30日閲覧。
  33. ^ オリックス・踏ん張り切れない投手陣、ロメロ欠いた打線もチグハグ”. 週刊ベースボールONLINE (2019年9月12日). 2019年10月27日閲覧。
  34. ^ オリ、メロメロ負けムード一掃!ロメロの逆転弾で連敗大脱出締め”. サンケイスポーツ (2017年6月20日). 2019年10月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集