メインメニューを開く

ステーションソングStation Song)とは、放送局イメージソングのこと。本項では、特記しない限り、日本民間放送について記す。

目次

概要編集

日本で民間ラジオ放送が開始した当時から、放送開始・終了時などにインターバル・シグナルとしてオリジナルの楽曲を流すところはあったが、歌詞付きのイメージソングとしては、1961年野坂昭如いずみたくのコンビで作られたOBCラジオ大阪の『ラジオ大阪の歌(通称:OBCソング)』が最初とされる。程無く、同じコンビで文化放送の『QRソング』も世に出た。その後、節目において記念で作られたイメージソングが、そのままステーションソングとして定着するものも現れた。

現在、放送の24時間化もあって、これらのステーションソングを聴く機会は少なくなっている。

一覧編集

※は、現在放送開始・終了時に流されているもの。

ラ・テ兼営局編集

  • 箱根越えたら(静岡放送、ラジオのみ。出演者にも随時歌わせる)
  • ※きこうABC(朝日放送、朝日放送ラジオの日曜深夜の放送終了時にメロディーのオルゴールが流れる)
  • 朝日放送の歌 (朝日放送)
  • ラジオの気持ち(山陽放送、森山良子が歌っている。テレビで朝の放送開始直後の番組の題名でもあり、テレビ放送の天気予報の番組でBGMとしても使用しており、ラジオで平日の17時56分~18時0分の時報ギリギリまでの時間に放送されている)
  • 山口放送愛唱歌(山口放送、以前はテレビ・ラジオの放送開始時に流されていた)
  • ※南海放送の歌(南海放送
  • 緑の周波数(熊本放送
  • ※RBCソング(琉球放送

中波ラジオ局編集

テレビ局編集

その他編集

歌詞や題名が無いなどの理由で厳密には分類できないものの、ステーションソングに類似するものとして列挙すべきオリジナル楽曲をここに纏めた。

関連項目編集