メインメニューを開く

ストック・エイトキン・ウォーターマン

ストック・エイトキン・ウォーターマン (Stock Aitken Waterman) (頭文字を取ってSAWとも呼ばれる)は、イギリスの音楽プロデューサーチームである。1980年代初頭に流行し始めたハイ・エナジーの技法を徹底的に高度化しポップスとして完成させ、1985年以降に現れたユーロビートと呼ばれる音楽ジャンルを牽引した。SAWがプロデュースした楽曲は分かりやすくも高度な技法の数々が持ち込まれており、全世界的に流行した。その影響力の大きさは、1980年代の音楽がSAWの活動抜きでは語れない程である。

目次

概要編集

マイク・ストック (Mike Stock)、マット・エイトキン (Matt Aitken)、ピート・ウォーターマン (Pete Waterman) 三者によりソングライト・プロデュースを行い、プロモーション・プロダクション運営 (A Stock/Aitken/Waterman Production)・レコード会社経営 (PWL Records)、をピート・ウォーターマンが代表者とする80年代を代表するプロデューサー・チームである。音楽レーベルがPWL (Pete Waterman Limited)レコードである。 2008年現在はピート・ウォーターマンの単独プロデュースとなっており' (Pete Waterman Entertainment) に変わっている。マイク・ストックも単独でプロデュース活動をしている。

制作する音楽は、1960年代モータウンのメロディーを取り入れ、打ち込みビートのリズムと融合した、分かりやすいサビのあるHi-NRGユーロビートという典型が見られ、一聴してSAWの楽曲であると分かるようになっている。また、分かりやすいお決まりの展開を持たせながらも、楽曲の展開に合わせて緻密に音が配置されており、高度な音楽性も感じさせるようになっている。

特に、世界的流行を見せた1980年代後半の作品で聴くことが出来る、緻密に折り重なったシンセリフやパンチのあるベースなど、緻密ながら迫力もあるサウンドは、ピート・ハモンド (Pete Hammond)、デイヴ・フォード (Dave Ford)、フィル・ハーディング (Phil Harding) &イアン・カーノウ (Ian Curnow) などのPWL所属の非常にスキルの高いミックスマスター・レコーディング・エンジニアの努力によって実現されていた。

日本では、小室哲哉ダンス・ミュージックに興味関心を抱き、1987年にPWLのスタジオを見学したり、1989年にはPWLにTM Networkの楽曲の編曲を委託する等していた。また、1990年代にSAWのプロデュース手法を参考にして、流行中のダンス・ミュージックを基調としたJ-POPを制作し始め、日本国内で小室ブームを引き起こしている。

経歴編集

1980年代-1990年代編集

1980年代後半から1990年代初頭を中心に、プロデュースした代表的なアーティストに、カイリー・ミノーグリック・アストリーバナナラマデッド・オア・アライヴジェイソン・ドノヴァン、ヘイゼル・ディーン (Hazell Dean)、ソニア (Sonia)、シニータ、多数のアーティストのプロデュースを手がけ、世界中のヒットチャートを席巻した。 また、日本人アーティストのプロデュースもこの当時手がけており、Kakko(現在、女優の鈴木杏樹)がいる。 SAWのヒット曲を連発させたプロデュース手法は、小室哲哉等にも影響を与え、その後の日本の1990年代の小室哲哉プロデュース楽曲ブームを生み出すことになった。小室哲哉自身の楽曲にも、ピート・ハモンド、デイヴ・フォード等のPWL所属のリミキサーが参加している。

1990年代末、Pete Watermanは、Topham/Twiggらと組みステップス、Stock&AitkenはSCOOCH(スクーチ)、2007年には再びリユニオンしたStock&WatermanでThe Sheilasをプロデュースしている。

2000年代以降編集

2000年代後半だ頃以降は、マイクストック&ピートウォーターマン (Stock&Waterman) でリユニオンした楽曲提供が増えている。 ユーロビジョン・ソング・コンテスト2010で、プロデュースした新人歌手Josh Dubovieの「That Sounds Good To Me」という曲で参加し、演奏後の一般投票では最も票を集めたが、審査自体は10点という結果で脱落する。

ピートハモンドは2010年頃より再び多くの歌手のリミックスを精力的に行っており、最近ではカイリーミノーグの楽曲を数曲リミックスしている。 また同時期より、PWLのファンでオーストラリアの歌手・プロデューサーである、ピーターウイルソン (Peter Wilson) は、PWL (SAW) メンバーからのソングライトを受けたり、共作を行い、リミックスは主にピートハモンドや、PWLのファンでオランダの新しいリミキサーであるマットポップ (Matt Pop) によって、多数の自身の楽曲をリリースし、他の歌手へも楽曲提供している。 これらはiTunes store等で音楽配信されている。

外部リンク編集