メインメニューを開く

ストライク・ガール〜ボウリング新時代〜

ストライク・ガール〜ボウリング新時代〜(ストライクガール〜ボウリングしんじだい〜)は、BS-TBSで放送されていたボウリング番組である。DHC全日本ボウリング協会(JBC)、日本女子ボウリング機構(LBO)の合同プロジェクトによる週1回のレギュラー番組であった[1]2012年4月1日より2013年3月31日まで放送されていた。

ストライク・ガール
〜ボウリング新時代〜
ジャンル スポーツ番組
出演者 佐々木優香
秋吉夕紀
中嶋由美
辻よしなり
山本幸治
エンディング ボウリングガールズ
「恋するストライクガール」
制作 BS-TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月1日 - 2013年3月31日
放送時間 日曜日12:00 - 12:30
放送分 30分
テンプレートを表示

概要編集

次世代のボウリングスターを育成・発掘し、その成長を追っていく、ボウリングをテーマにしたスポ根系バラエティ番組[1]

放送時間編集

  • 毎週日曜日12:00 - 12:30

メイン出演者編集

主なコーナー編集

シンデレラ★トーナメント!編集

番組メインの佐々木と秋吉が全国各地で見つけた女性12名がトーナメント方式で対戦する企画。優勝者には賞金50万円が贈呈された。実況は辻よしなり、解説は山本幸治が担当。

出場した女性編集

※( )内は出身地/本職。

  • 秋山未来(東京都/モデル)
  • 本間成美(秋田県) - 第1回「2012夏」優勝者、現JPBAプロボウラー(ライセンスNo.517)[2]
  • 北條莉奈(京都府)
  • 鶴岡琴美(沖縄県)
  • 坂本詩緒里(東京都/バレリーナ) - 現JPBAプロボウラー(ライセンスNo.529)[3]
  • 大塚莉奈(東京都/モデル)
  • 白田みどり(東京都/歯科医師)
  • 並木栞(東京都) - 第1回にエントリーされたものの本選当日体調不良で欠場。
  • 斎藤絵美理(東京都) - 第1回は並木の代理で出場し準優勝。第2回「2012冬」にも出場したが、こちらも準優勝に終わった。
  • 村山文佳(宮崎県) - 現JPBAプロボウラー(ライセンスNo.516)[4]
  • 堀由佳(東京都) - ホリプロ所属の女優「」として活動。Girl〈s〉ACTRYの元メンバー。
  • 前田幸代(台湾)
  • 藤村舞(神奈川県/モデル)
  • 坂元友美(愛知県)
  • 漆崎愛弓(大阪府/シンガーソングライター)
  • 本橋優美(埼玉県)
  • ヌル・ディアナ(シンガポール) - 第2回優勝者
  • 静麻波(群馬県) - 現在はプラチナムプロダクション所属のタレント。2013年にはミスiD2014にエントリーされている[5]

DO初心者予備校編集

ボウリング初心者が上記のシンデレラ★トーナメント出場を目指し、特訓していく様を描くコーナー。

予備校生編集

※( )内は出身地/本職。太字はシンデレラ★トーナメント出場者。

新星!Jr.クラブ編集

番組協賛社であるDHCが運営する「DHCジュニアボウリングクラブ」の合宿を取材した企画。

番組テーマ曲編集

  • 「恋するストライクガール」(ボウリングガールズ)
  • ボウリングガールズとは当番組の出演者である佐々木、秋吉がかつて所属していた3人組のユニット「DHC発ボウリング娘」の別名でエンディングではこの曲のミュージックビデオも使われている(ちなみにこの曲が発売された2008年当時、3人の中でプロボウラーは秋吉だけだった〔佐々木は翌2009年プロデビュー〕)。なお、このユニットには他に番組放送当時全日本ナショナルチームメンバーだった張ヶ谷順子がいるが、張ヶ谷は2012年7月22日放送分に登場するまで当番組には出演していなかった(オープニングに登場するフラッグのCGやエンディングのミュージックビデオは張ヶ谷を削除することなくそのまま使用していた)。

番組スタッフ編集

  • 監修:山本幸治(プロボウラー)
  • ナレーター:うすいたかやす、ずんだ
  • 演出:駒木純一
  • 技術:ゼータ、Sela
  • 編集・MA:スタジオWELT
  • 美術:フジアール
  • 製作:BS-TBS

脚注編集

外部リンク編集


BS-TBS 日曜日12:00 - 12:30
前番組 番組名 次番組
ストライク・ガール〜ボウリング新時代〜
日本全国!駅弁めぐり