ストラタステクノロジー

ストラタステクノロジー(Stratus Technologies)は、主に無停止コンピュータフォールトトレラント設計コンピュータ)を製造・販売するアメリカ合衆国の企業である。1980年にストラタスコンピュータ(Stratus Computer)として設立され、1999年に現在の社名に変更された。

日本法人として日本ストラタステクノロジー株式会社を持つ。

概要編集

ストラタスコンピューターはフォールトトレラント設計のミニコンピュータ製品を製造・販売している。当時の競合相手はタンデムコンピューターズDECVAXミニコンピュータであった。また1985年から1993年まで、IBMからSystem/88の名称で再販された。2009年現在はftServerシリーズ、Continuumシリーズなどを製造・販売している。

歴史編集

ストラタスコンピューターは1980年に米国マサチューセッツ州で設立され、銀行や証券会社などの金融サービス会社を伝統的な市場とした。1990年代の初頭にはネットワーク管理や顧客サービスなどの通信産業にも参入し、その収益は企業向けコンピュータを上回ったため、Ascend Communicationsによる買収につながった(Ascend Communicationsは後にLucent Technologiesに獲得された)。

企業向けサーバ部門はAscendに僅かの利益したもたらさなかったため、1999年に売却され、国際投資会社のInvestcorpの出資を受け、ストラタステクノロジーとなった。投資家のInvestcorpやMidOcean Partners、インテル日本電気などが出資していた。

その後、2014年9月にSiris Capitalグループが買収し、2020年現在もオーナーとなっている。

製品とユーザー編集

最初の製品ラインはモトローラMC68000プロセッサーをベースとしていたが、次にはIntel i860、最後にはヒューレット・パッカードPA-RISCに移行した(Continuumファミリ)。

より最近のシステム(ftServerファミリ)では、インテルのプロセッサーをベースとし、オペレーティングシステムとして独自のVOS(Virtual Operation System)、Microsoft Windows 2003Linuxを稼働させている。VOSはMulticsから多くの特徴を受け継ぎ、拡張を続けて現在のストラタスのサーバ用のオペレーティングシステムとなっている。なおストラタスはFTX (Fault-Tolerant UNIX) と呼ばれるオリジナルのUNIXをベースとしたUNIX製品も持っていたが、既に販売を停止している。

ストラタスはVOSを搭載したV-series ftServersを発売し、2006年8月までにRed Hat Enterprise Linuxを搭載したT-series ftServers、Windows Server 2003を搭載したW-series ftServersを発売した。

2006年にはストラタスはテキサス州のEmergent Network Solutionsを買収した。EmergentサーバのアプリケーションであるENTICEは、ストラタスの通信ソリューションの基盤となった。ストラタスは最近は仮想化製品であるStratus Avanceも提供している。Avanceは高可用性バーチャルマシンをまたがるアプリケーション開発を可能にする。

ストラタスの存在感は、フェニックスアリゾナ州メリーランド州マサチューセッツ州などでは大きいが、他の州や日本を含む諸国では小さい。ストラタスは巨大な顧客ベースを持っており、クリティカルな環境での使用となる銀行、救急センター、警察、消防署、病院、医療施設、政府、クレジットカード会社、証券会社、通信電話会社、インターネットプロバイダーなどが多く利用されている。 近年は、新製品の投入もあり産業用用途での使用が急増している。

2009年1月現在では、主に以下のサーバーを販売している。

  • ftServerファミリ(CPU:クアッドコアXeon
  • Continuumファミリ(CPU:PA-RISC
    • Continuum 1200シリーズ(オペレーティングシステム:VOS
    • Continuum 600シリーズ(オペレーティングシステム:VOS)
    • Continuum 400シリーズ(オペレーティングシステム:HP-UX

2019年 無停止機能を備え、産業分野のエッジ環境用に専用設計された、ゼロタッチで信頼性が高く、セキュアで、高度に自動化されたコンピューティング プラットフォーム ztC Edge を発売。 産業用途のエッジサーバーとして各所(自動車等のモノづくり現場から、工作機器への組込用途)で使用されている。 

備考編集

  • 日本電気とは1989年より業務提携しており、FTシリーズとしてOEM供給を受けNTTに納入していた。2005年には提携強化を発表し、日本電気がftServerのハードウェア開発、製造を、ストラタスがソフトウェアの開発を分担して行っている。 [1][2]

参照編集

  1. ^ NECとストラタス、無停止型サーバ分野で提携を強化
  2. ^ 米ストラタスと提携強化 NEC、サーバー分野で

関連項目編集

外部リンク編集