ストルガ詩の夕べ

ストルガ詩の夕べ(ストルガしのゆうべ、マケドニア語: Струшки вечери на поезијата)は、マケドニア共和国ストルガで毎年開催される国際的な詩のフェスティバルである。ストルガ国際詩祭[1][2]。とも称される。1962年に初開催された。

6日間にわたって行われる「詩の夕べ」は、現代において最も古く最大の詩の祭りの一つで、英語字幕とマケドニア語訳の朗読がつく朗読会の中で、世界各国から招待された多くの詩人が大観衆の前で朗読し[2] 、詩に関する国際シンポジウム等の各種イベントが開催される。

「詩の夕べ」では、詩の世界で最も権威がある金冠賞(Златен Венец на Поезијата)が1966年から施賞されており、受賞者を顕彰するセレモニー「金冠賞詩人の肖像」が実施される[2]

金冠賞編集

受賞者 国籍
1966 Robert Rozhdestvensky   ソビエト連邦
1967 ブラート・オクジャワ   ソビエト連邦
1968 ナジ・ラースロー   ハンガリー
1969 Mak Dizdar   ボスニアヘルツェゴビナ  ユーゴスラビア
1970 Miodrag Pavlović   セルビア  ユーゴスラビア
1971 W・H・オーデン   アメリカ合衆国
1972 パブロ・ネルーダ   チリ
1973 エウジェーニオ・モンターレ   イタリア
1974 Fazıl Hüsnü Dağlarca   トルコ
1975 レオポール・セダール・サンゴール   セネガル
1976 Eugène Guillevic   フランス
1977 Artur Lundkvist   スウェーデン
1978 ラファエル・アルベルティ   スペイン
1979 ミロスラヴ・クルレジャ   クロアチア  ユーゴスラビア
1980 ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー   ドイツ
1981 Blaže Koneski   マケドニア  ユーゴスラビア
1982 Nichita Stănescu   ルーマニア
1983 Sachchidananda Vatsyayan   インド
1984 アンドレイ・ヴォズネセンスキー   ロシア
1985 ヤニス・リッツォス   ギリシャ
1986 アレン・ギンズバーグ   アメリカ合衆国
1987 Tadeusz Różewicz   ポーランド
1988 Desanka Maksimović   セルビア  ユーゴスラビア
1989 Thomas Shapcott   オーストラリア
1990 Justo Jorge Padrón   スペイン
1991 ヨシフ・ブロツキー   アメリカ合衆国
1992 Ferenc Juhász   ハンガリー
1993 ゲンナジイ・アイギ   ロシア
1994 テッド・ヒューズ   イギリス
1995 Yehuda Amichai   イスラエル
1996 大岡信   日本
1997 アドニス   シリア
1998 Lu Yuan   中国
1999 イヴ・ボヌフォワ   フランス
2000 エドアルド・サングイネーティ   イタリア
2001 シェイマス・ヒーニー   アイルランド
2002 Slavko Mihalić   クロアチア
2003 トーマス・トランストロンメル   スウェーデン
2004 Vasco Graça Moura   ポルトガル
2005 W. S. Merwin   アメリカ合衆国
2006 Nancy Morejón   キューバ
2007 マフムード・ダルウィーシュ   パレスチナ
2008 Fatos Arapi   アルバニア
2009 トマーシュ・シャラムン   スロベニア
2010 Lyubomir Levchev   ブルガリア
2011 Mateja Matevski   北マケドニア
2012 Mongane Wally Serote   南アフリカ共和国
2013 ホセ・エミリオ・パチェーコ   メキシコ
2014 高銀   韓国
2015 北島   中国
2016 マーガレット・アトウッド   カナダ
2017 チャールズ・シミック   アメリカ合衆国
2018 アダム・ザガエフスキ   ポーランド
2019 Ana Blandiana   ルーマニア
2020 Amir Or   イスラエル
2021 Carol Ann Duffy   イギリス

脚注編集

外部リンク編集