メインメニューを開く

バスケットボールにおける、ストレッチ・フォーは主にパワーフォワードポジションのプレーヤーで、"ストレッチ"は、相手チームのディフェンスを広げ攻撃スペースを作る役割を表す。パワーフォワードポジションのプレーヤーは4番と呼ばれることもあることから、ストレッチ・フォーの呼び名が生まれた。ストレッチ・フォーは、1999–2000 シーズン頃に、NBAの戦術として生み出されたものである[1][2]

プレースタイル編集

パワーフォワードは通常、バスケット近傍での、身長と体躯の強さを活かしたプレーを担う場合が多いが、ストレッチ・フォーは、サイズはパワーフォワードでもシューティング技術、特にロングレンジの3ポイントなどに長けたプレーヤーが務める。この場合、マッチアップしている相手チームのパワーフォワードが、バスケット近傍を離れる必要が生じ、ディフェンス、リバウンドなどの本来になうべきプレーが難しくなる利点が生じる。

主なストレッチ・フォープレイヤー編集

NBAにおいてはクリーブランド・キャバリアーズケビン・ラブダラス・マーベリックスのレジェンドダーク・ノヴィツキーマイアミ・ヒートの2連覇に貢献したクリス・ボッシュサンアントニオ・スパーズでプレイしたマット・ボナーオーランド・マジックなどでプレイしたラシャード・ルイスらが代表的なストレッチ・フォーである。 また現在のNBAでは以前よりスリーポイントシュートの試投が増えている事から、PFでもスリーポイントを打てる選手が増えている。

ストレッチ・フォーは、NBAのみならず国際バスケットボールにおいても、3ポイントフィールドゴールの成功、ディフェンスのスペース拡大の要因から近年ますます重要なポジションとなっており、主力選手を充てがう場合も増えている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Pattrick, Hayes (2013年3月13日). “The 'Stretch 4s' of the '90s speak on today's perimeter-oriented big men”. sbnation.com. VOX Media. 2014年11月5日閲覧。
  2. ^ Player Season Finder”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2014年11月5日閲覧。

外部リンク編集