ストロベリー・フィールズ・フォーエバー

1967年2月にビートルズが発表した14枚目のオリジナル・シングル曲
ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーから転送)

ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」("Strawberry Fields Forever")は、1967年2月にビートルズが発表した14枚目のオリジナル・シングル曲である。両A面シングル曲で片面は「ペニー・レイン」である。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では76位。

ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー / ペニー・レイン
Strawberry Fields Forever / Penny Lane
ビートルズシングル
初出アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ(1966年11月24日 - 12月21日
ジャンル サイケデリック・ロック
時間
レーベル パーロフォン(イギリス)
キャピトル・レコード(アメリカ)
オデオン(日本)
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
  • 2位(イギリス)
  • 8位(アメリカ)
ビートルズシングル盤 U.K.U.S. 年表
イエロー・サブマリン
両A面
エリナー・リグビー
(1966年)
ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
両A面
ペニー・レイン
(1967年)
愛こそはすべて
b/w
ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
(1967年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
イエロー・サブマリン
b/w
エリナー・リグビー
(1966年)
ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
b/w
ペニー・レイン
(1967年)
愛こそはすべて
b/w
ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
(1967年)
マジカル・ミステリー・ツアー 収録曲
A面
  1. マジカル・ミステリー・ツアー
  2. フール・オン・ザ・ヒル
  3. フライング
  4. ブルー・ジェイ・ウェイ
  5. ユア・マザー・シュッド・ノウ
  6. アイ・アム・ザ・ウォルラス
B面
  1. ハロー・グッドバイ
  2. ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
  3. ペニー・レイン
  4. ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
  5. 愛こそはすべて
テンプレートを表示

目次

解説編集

 
リヴァプールにあるストロベリー・フィールドの門柱には、世界中から訪れたファンによって名前や文字が書き込まれている。

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはレノンの作った楽曲である。リードヴォーカルはジョン・レノン。リヴァプール郊外にある救世軍が運営する戦争孤児院"Strawberry Field"(位置英語版該当ページ、こちらは単数形の「フィールド」である)をモチーフにしているが、本人はそれが実在したという記憶は無く、架空の場所とインタヴューで答えていた。ビートルズサイケデリック期における傑作として評価されている。

この曲は、イギリス盤公式オリジナル・アルバムサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の収録曲と同時期に録音されており、「ペニー・レイン」と共に、同アルバムに先行する両A面のシングルレコードとして1967年2月にリリースされた。これら2曲は同アルバムには収録されていないが、同年の米国キャピトル・レコード編集によるアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』には収録された。

既発売の正式テイクは、2コーラス目の冒頭の歌詞、"Let me take you down, 'cause I'm going to"の、"I'm"と"going"の間(CDでは開始からちょうど1分の所である)で、演奏キーの(さらにはテンポも)全く異なる(つまり、音域やコードが平行移動された)2つのテイク(テイク7と26)の録音テープの回転速度を合わせて、絶妙に繋ぎ合わせている。このため、テイク変更後はテンポとピッチ調整の影響でジョンの声が異なって(低く太い声に)聞こえる。こうなった経緯として、ジョンがシンプルな前半部か賑やかな後半部のどちらを取ったらいいか迷った挙句に、ジョージ・マーティンに両方のテイクをつなぎ合わせるように頼んだというものが挙げられる[1]。『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』で、繋ぎ合わせる前の前半のテイクのみのスルー・ヴァージョン(通し演奏版)が収録されている。

イントロ部分に当時の最新テクノロジー楽器であるメロトロン(ポールが演奏)も利用されている。レコーディングにはかなりの時間が掛けられているが、作者のジョン本人は、主にアレンジ面で不満があったようで、1980年のインタヴューで、「ヘルプ!」や「アイ・アム・ザ・ウォルラス」と共にもう一度、レコーディングを行いリリースしたいと答えていた。プロデューサーのジョージ・マーティンによると、初めてジョンが目の前で歌ったアコースティック・ギターのみの演奏が最高だったと述懐している[2][注釈 1]

終盤のジョンの2回の言葉が"I buried Paul"(ポールを埋めた)と聞こえると話題になり、「ポール死亡説」を裏付ける一因とされたが、ジョンによれば"Cranberry Sauce"(クランベリーソース)と言っているだけとのことだった。実際『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』収録のこの曲のアウト・テイクでもはっきりと2回"Cranberry Sauce"と言っているのが聴くことができる。

1990年に英ポップ・ダンスバンド、キャンディフリップにより同曲がカヴァーされ、イギリスでスマッシュ・ヒットした。

なおモチーフとなったストロベリー・フィールド孤児院(救世軍子供の家)は、ビートルズ・ファンの訪問が絶えない場所であったが、入居する孤児が減少したことと、孤児のためには孤児院よりも里親制度のほうが好ましいとの運営側の判断から2005年に閉鎖された。建物の存続も心配されたが、その後2006年10月、祈祷瞑想のための部屋を備えた修道施設として再オープンした。

ステレオ・ヴァージョン編集

「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはオリジナル・フォームではリリースされなかった。ただしアメリカでは1967年11月にリリースされたアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』ステレオ盤に収録された。英国では1973年4月リリースの『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』が最初となる。ただしアメリカで発売されていたものとはミキシングが異なっていた。CDでは1987年8月にリリースされたアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録された。

シングル盤編集

当時のイギリスでは、シングル盤はどのアーティストも同じ柄のレコード・スリーヴ(レコード盤を入れる紙製の袋。レーベルの部分に穴が開いており、そこからどのレコードであるかを見分ける事ができる。もちろんデザインは各レコード会社によって異なっている)だったが、このシングルでは、初めてビートルズのメンバーの写真を使ったオリジナル・スリーヴが使われた。裏面には各メンバーの幼年期の写真が使われており、当時のイギリスでは大きな話題となったがヒット・チャートの1位にはならなかった。その時1位になっていたのはエンゲルベルト・フンパーディンクが発表した「リリース・ミー」である[注釈 2]。アメリカではB面扱いで『ビルボード』(Billboard)誌では、1967年4月1日に週間ランキング最高位の第8位を獲得。ビルボード誌1967年年間ランキングは第92位。『キャッシュボックス』誌では最高位10位、年間ランキング100位以内には入らなかった。アメリカでは100万枚以上のセールスを記録し、イギリスでは50万枚以上のセールスを記録している。尚、1990年には、キャンディ・フリップのカヴァー・ヴァージョンがシングル・リリースされ、全英最高位第3位を記録している。

プロモーション・フィルム編集

プロモーション・フィルムカラー映像で制作されており、当時としては珍しく演奏シーンの全くないものとなった[注釈 3]。「ペニー・レイン」と2曲分が制作された。

収録アルバム編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「『OK、いいじゃないか。もうこれ以上何も弄る必要は無いよ。この感じで演奏してそのまま出せばいいじゃないか?』と、あの時どうして言えなかったのかな。それを今でも後悔することがあるよ」とも語っている。
  2. ^ ジョン・ロバートソンは著書『全曲解説シリーズ(2) ザ・ビートルズ』(邦題)の中で、"Release Me"を「くだらないバラード」と一笑したうえで「こんな結果になったことは、当時イギリスのレコード購買層だった者全員にとって、永遠に恥じるべき事柄」と乱暴な論評をしている。
  3. ^ 撮影はケント州セブンノークスのノール・パークにて行われた。同じ場所で「ペニー・レイン」の撮影も行われている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 35ページ
  2. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 24ページ
  3. ^ 2CD版及びスーパー・デラックス・エディションのみに収録

関連項目編集