メインメニューを開く

ストーマ(stoma、ストマとも)とは、消化管尿路疾患などにより、腹部に便又は尿を排泄するために増設された排泄口のことである。ストーマを持つ人をオストメイトと呼ぶ。

大きく分けて消化管ストーマと尿路ストーマがある。消化管ストーマは人工肛門、尿路ストーマは人工膀胱とも呼ばれる。 ストーマ(στόμα)はギリシャ語でを意味する[1]

目次

消化管ストーマ編集

消化管ストーマには結腸から排泄するために作られたコロストミーと、回腸から排泄するために作られたイレオストミーがある。

  • コロストミーは一般的には腹部の左側に作られ、軟便または有形便が排泄される。
  • イレオストミーは一般的には腹部の右側に作られ、多くは水様便が排泄される。

尿路ストーマ編集

手術で膀胱を切除したときに尿を排泄するために作られたストーマをウロストミーという。ウロストミーには回腸導管尿管皮膚瘻などがある。

  • 回腸導管は回腸を15 - 20センチメートル切り取り口側を閉鎖、両側尿管をそれぞれ吻合、反対側(肛門側)をストーマとして腹部に開口して尿を排泄する。
  • 尿管皮膚瘻は尿管を直接、腹部などの皮膚に開口して尿を排泄する。

その他、腎于瘻膀胱瘻などもある。それぞれ腎臓や膀胱にカテーテルを挿入して尿を排泄する。

脚注編集

  1. ^ 大辞林 第三版『ストーマ』 - コトバンク。2019年3月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集