メインメニューを開く

ストームキャット (Storm Cat) はアメリカ合衆国サラブレッド競走馬および種牡馬である。現役時代は優れた素質をうかがわせながらも不完全燃焼のまま引退したが、その後に種牡馬として大成功を収めた。1999年2000年北アメリカリーディングサイアー

ストームキャット
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1983年2月27日
死没 2013年4月24日(30歳没)
Storm Bird
Terlingua
母の父 Secretariat
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 William T.Young Storage Inc.
馬主 William T.Young
調教師 Jonathan E.Sheppard(アメリカ)
競走成績
生涯成績 8戦4勝
獲得賞金 570,610ドル
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1985年にデビューし、ヤングアメリカステークス(当時米G1、現在は廃止)を制し、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでも2着に入った。しかし翌年はクラシックに出走せず、秋に2戦したのみで翌1987年に引退。オーナーが所有するオーバールックファームで種牡馬入りし、1988年から供用された。初年度の種付け料は3万ドルだったが、初年度から活躍馬が続出し、1999年と2000年には北米リーディングサイアーに上り詰めた。また、2歳リーディングサイアーは7回獲得し、これは北米レコードである。2002年から2007年種付け料は50万ドル(当時のレートで約6000万円)に設定された[† 1]。この高額な種付け料は日本国内でも話題となった[† 2]

2008年5月13日(現地時間)、生殖能力低下のため種牡馬を引退すると報じられた。2008年は32頭に種付けを行ったが、受胎したのが3頭のみであり受胎率が大幅に低下していたためである。ただし、2009年からは人工授精が認められているクォーターホース繁殖用の種牡馬として供用された。2013年4月24日、高齢による合併症を患い、安楽死の処置がとられた。遺体はオーバールックファームに埋葬された。

後継種牡馬は北米リーディングサイアーを3回獲得したジャイアンツコーズウェイを中心に多数活躍しており、ストームキャット系と称される一大系譜を築いている。

競走成績編集

  • 1985年(6戦3勝)
    • ヤングアメリカステークス (G1)
  • 1986年(2戦1勝)
    • アローワンス

代表産駒編集

産駒の特徴としてはダートや欧州の深い芝など力が要る馬場に向き、特に北米で一般的な粘土質のダートコースとの相性は抜群に良い。その反面パワー偏重の不器用な産駒も多く、俗に言う「一本調子」タイプの種牡馬であるという評もある。距離適性は主に短距離からマイルを得意とするスプリンターが大半を占めるが、配合によっては更に長い距離のレースにも対応できる。体質は概ね頑健で仕上がりも早い。早熟型の血統が好まれる傾向が強い北米競馬界において、比較的息の長い活躍をみせる産駒も輩出している。

日本には50頭以上が輸入されたが、国内で走った産駒ではシーキングザダイヤが目立つ程度で、海外での実績と比較した場合やや物足りない点があることは否めない。前述の通りストームキャット産駒の多くは持ち前の優れたパワーが最大の武器であり、日本で走った産駒も平坦なダートコースでは一定の成績を残した。しかし勝負どころで一気に加速することが出来ない産駒も多く、軽く硬い高速馬場での一瞬の切れ味を要求される日本競馬には元来不向きな血統とする意見もある。ただし、ストームキャットを祖父または母の父としてもつ孫世代からはファレノプシスメイショウボーラーゴスホークケンサンライズバッカスエーシンフォワードエイシンアポロンロードカナロアアユサンキズナラキシスリアルスティールらがG1馬となっている。

海外調教馬編集

日本調教馬編集

ブルードメアサイアーとしての主な産駒編集

勝ち鞍はGI級競走のみ表記。

海外調教馬編集

日本調教馬編集

血統表編集

ストームキャット血統ストームバード系 / Nearco4×5=9.375% ) (血統表の出典)

Storm Bird 1978
鹿毛 カナダ
父の父
Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ
Nearctic 1954
黒鹿毛 カナダ
Nearco
Lady Angela
Natalma 1957
鹿毛 アメリカ
Native Dancer
Almahmoud
父の母
South Ocean 1967
鹿毛 カナダ
New Providence Bull Page
Fair Colleen
Shining sun Chop Chop
Solar Display

Terlingua 1976
栗毛 アメリカ
Secretariat
1970 栗毛
Bold Ruler
1954 鹿毛
Nasrullah
Miss Disco
Somethingroyal
1952 鹿毛
Princequillo
Imperatrice
母の母
Crimson Saint
1969 栗毛
Crimson Satan Spy Song
Papila
Bolero Rose Bolero
First Rose F-No.8-c

ターリングアはアメリカで重賞5勝。半妹にアメリカで重賞3勝のチャペルオブドリームズがいる。現在種牡馬になっているジュライカップブリーダーズカップ・マイル優勝のロイヤルアカデミーとアメリカで重賞3勝を挙げたパンチョヴィラはターリングアの半弟にあたる。

注釈編集

  1. ^ Bloodstock stallion Book” (英語). RACING POST.com. 2010年10月30日閲覧。
  2. ^ ストームキャットの種付け料は6000万円” (日本語). netkeiba.com. 2010年10月30日閲覧。

関連項目編集

参考編集

外部リンク編集