メインメニューを開く
ストーリ・ブリッジ

オーストラリア連邦クイーンズランド州ブリスベンを流れるブリスベン川は下流のゲートウェイ・ブリッジから上流のセンテナリ・ブリッジまで15の橋が横断している。川は人口180万人の都市部を曲がりくねって流れる。

2010年3月にブリスベン川を渡るクレム・ジョーンズ・トンネル英語版が完成した。

目次

ブリスベンの橋の一覧編集

# 名前 用途 説明
1 サー・レオ・ヒールシャー・ブリッジ英語版 車両 1986年1月開通。
コンクリートボックス桁設計。全長1627m、径間260 m。有料道路。ゲートウェイ・ブリッジとして知られていたが、2010年5月にゲートウェイ・ブリッジの複製の橋が完成した際に現在の名称に改名された。
2 ストーリー・ブリッジ 車両と歩行者 1940年7月開通。
鉄骨トラス設計。全長777 m、径間282 m。ブリッジ・クライミングのアトラクションがある。
3 キャプテン・クック・ブリッジ英語版 車両 1972年開通。
コンクリートボックス桁設計。全長555m、径間183 m。
4 グッドウィル・ブリッジ 自転車と歩行者 2001年10月21日開通。
全長450 m、径間102 m。
5 ビクトリア・ブリッジ英語版 車両と歩行者 1969年7月開通。
全長313m。同所にあった橋を廃止し、再建築、改名。橋の半分はバス専用道路
6 クリルパ・ブリッジ英語版 自転車と歩行者 2009年10月4日開通。テンセグリティ式斜張橋。全長425m。名称はアボリジニの言葉よりとられ、「オオミズネズミのいる場所」の意。
7 ウィリアム・ジョリィ・ブリッジ英語版 車両と歩行者 1932年3月開通。
コンクリート・アーチ設計。 全長498 m、径間73 m。グレイ・ストリート橋とも知られる。
8 メリベール・ブリッジ英語版 鉄道 1978年11月開通。
タイドアーチ式、径間132 m。
9 ゴー・ビトウイーン・ブリッジ英語版 車両と歩行者 2010年7月5日開通。車両は有料。2009年9月までヘール・ストリート橋と知られていた。ゴー・ビットウィーンの名称は、ブリスベン発祥の同名のインディーズ・ロックバンドよりとられ、一般投票によって決まった[1]
10 エレナー・ショネル・ブリッジ英語版 バス、自転車と歩行者 2006年12月開通。
斜張設計。 全長390 m (1,280 ft)。
建設中はグリーン橋とよばれており、現在もその名で呼ばれることもある。オーストラリアで最初のバス、歩行者および自転車の専用の橋でダットン公園英語セント・ルシアを結ぶ。
11 ジャック・ペッシュ・ブリッジ英語版 歩行者 1998年10月開通。
鋼線斜張設計。
12 アルバート・ブリッジ英語版 鉄道 1895年開通。
鉄骨トラス設計。
13 インドロピリー・レイルウェイ・ブリッジ英語版 鉄道 1957年開通。
鉄骨トラス設計。 径間208.5m。
14 ウォルター・テイラー・ブリッジ英語版 車両と歩行者 1936年2月開通。
サスペンション設計。
15 センテナリ・ブリッジ英語版 車両と歩行者 コンクリート桁

地図編集

 
ブリスベン川に架かる橋の地図
凡例
  道路橋
  歩行者のみ通行可能な橋
  バス・歩行者のみ通行可能な橋

ブリスベンCBDと対岸を結ぶ橋は、歩行者および自転車専用のグッドウィル・ブリッジ(4)、クリルパ・ブリッジ(6)、自動車専用のキャプテン・クック・ブリッジ(3)、自動車および歩行者が通行できるビクトリア・ブリッジである。

クレム・ジョーンズ・トンネル編集

ブリスベン市内の混雑緩和のために、2006年9月から工事が開始され、2010年2月28日に一般公開、2010年3月15日より開通したトンネルである。ブリスベン南東の郊外ウールーンガバのサウス・イースト・フリーウェイ(パシフィック・モータウェイ)に南側の入り口があり、CBD東側対岸のカンガルー・ポイント(ここにも入り口がある)、ストーリー・ブリッジ付近を通過、ブリスベン北側のボーエン・ヒルへと抜ける。

脚注編集

  1. ^ Hale Street Link team. “name that bridge”. 2010年5月23日閲覧。