ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(ストーリーオブマイライフ わたしのわかくさものがたり、Little Women)は、2019年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はグレタ・ガーウィグ、主演はシアーシャ・ローナンが務めた。本作はルイーザ・メイ・オルコット1868年に発表した小説『若草物語』を原作としている。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
Little Women
監督 グレタ・ガーウィグ
脚本 グレタ・ガーウィグ
原作 ルイーザ・メイ・オルコット
若草物語
製作 エイミー・パスカル
アーノン・ミルチャン
デニス・ディ・ノヴィ英語版
ロビン・スウィコード
出演者 シアーシャ・ローナン
エマ・ワトソン
フローレンス・ピュー
エリザ・スカンレン英語版
ローラ・ダーン
ティモシー・シャラメ
メリル・ストリープ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ヨリック・ル・ソー
編集 ニック・ヒューイ
製作会社 ニュー・リージェンシー・ピクチャーズ
ディ・ノヴィ・ピクチャーズ
コロンビア映画
パスカル・ピクチャーズ
ソニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年12月25日
日本の旗 2020年6月12日[1]
上映時間 135分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 4000万ドル[3]
興行収入 世界の旗$207,224,705[4]
テンプレートを表示

概略編集

1860年代のマサチューセッツ州に暮らすマーチ姉妹の暮らしぶりを描き出していく。先行作品との差異化を図るため、本作は姉妹が実家を離れた後に焦点を当てており、次女であるジョーが、過去を振り返る形で進み[5]、時系列が入り乱れる構成となっている[6][7]

原作との相違編集

本作には、ジョーが理不尽な要求を突き付けてきた編集者に反論するシーンがあるが、このシーンは原作小説には存在しない。これはガーウィグ監督がルイーザ・メイ・オルコットの進取の精神を表現するために付け加えたシーンである。このシーンについて監督は「オルコットはジョーが作家になる夢を諦めて、夫や子供たちを支えることに専念するという結末を描きたくなかったはずです。しかし、オルコットは商業的な成功を望んでいたため、世間受けする結末を書かなければならなかった。もし、この映画でオルコットが本当に描きたかった結末を描き出せたなら、私たちは何かを成し遂げたと言えるのではないでしょうか。」という趣旨のことを述べている[8]

あらすじ編集

1869年、ニューヨークに住む教師ジョー・マーチは編集者ミスター・ダッシュウッドのもとに短編小説を持ち込み採用される。末の妹エイミーはマーチ伯母さんとパリに住み、子供時代の友人かつ隣人ローリーとパーティに出席する。エイミーはローリーの酒癖を非難するが、彼が荒れる原因となったジョーへの失恋に話が及ぶと、裕福な実業家フレッド・ヴォーンの財産を狙って過ごしているだけだと揶揄される。ニューヨークのジョーは、彼女に好意を持つ教授フリードリヒ・ベアから作品への建設的な批判を受け、傷つき、絶交することになる。手紙で妹ベスの病気が悪化したことを知り、ジョーはマサチューセッツ州コンコードの家に戻る。

7年前、姉メグと一緒に行ったパーティでジョーはローリーと知り合う。クリスマスの朝、母は近所に住む貧しいフンメル夫人と空腹の子供たちに自分たちの朝食を贈ろうと姉妹を説得する。帰宅した彼女たちは、隣に住むローリーの祖父ミスター・ローレンスから贈られた食べ物でいっぱいのテーブルを見つける。母はその後、南北戦争に従軍している父からの手紙を朗読する。

メグ、ジョー、ローリー、ローリーの家庭教師でのちにメグの夫となるジョンが劇場に出かけると、妬んだエイミーがジョーの原稿を燃やしてしまう。翌朝、腹を立てているジョーと仲直りしたいエイミーは、湖でスケートをするジョーとローリーを追う。氷が割れエイミーが湖に落ち、彼らはエイミーを救う。ミスター・ローレンスはベスの静かな物腰に目を止め、亡くなった娘のピアノを弾くよう家に招く。現在、メグは分不相応な高価な生地を買った後、ジョンと話し合い、貧しさを悲しむ。ローリーはエイミーを訪ね、彼の態度を詫び、フレッドではなく彼と結婚するよう促す。ローリーを愛しているにもかかわらず、エイミーはいつもジョーの2番目にされることに耐えられないと断る。それでも彼女はフレッドのプロポーズを断る。

過去、ミスター・ローレンスはピアノをベスに贈り、彼女がフンメル家で猩紅熱にかかったことに気づく。予防のため、エイミーはマーチ伯母さんの家に送られ、良い結婚をして家族を養うようアドバイスされる。現在、ジョンはメグを喜ばせるため、生地をドレスにするよう促す。メグは生地を売ったことを打ち明け、彼の妻で幸福なのだとジョンを安心させる。過去、クリスマスの時期にベスは猩紅熱から回復し、父も帰宅する。現在、病状が悪化した後、ベスが亡くなる。過去、メグの結婚式の日、ジョーはメグに逃げようと説得を試みるが、メグはジョンとの結婚がとても嬉しいのだと話す。マーチ伯母さんはヨーロッパ旅行を発表するが、ジョーでなくエイミーを連れていく。結婚式の後、ローリーはジョーにプロポーズするが、ジョーは自分が結婚することは考えられないと断る。

現在、母はジョーに、エイミーと病気のマーチ伯母さんがローリーに付き添われヨーロッパから帰ってくると知らせる。孤独を感じるジョーはプロポーズを断ったことは早計だったのではと考え、ローリーに手紙を書く。出発の支度をするエイミーは、フレッドのプロポーズを断ったことをローリーに告げる。彼らはキスし、のちに帰国の旅の途中で結婚する。ローリーとただの友人でいることに合意した後、ジョーは彼に宛てた手紙を処分する。ジョーは彼女と姉妹の生活をもとにした小説を書き始め、第1章をミスター・ダッシュウッドに送るが、彼は関心を示さない。ベアはカリフォルニアへ向かう途中でマーチ家に立ち寄り、ジョーを驚かせる。

ニューヨークで、娘たちから話の続きを知りたいとせがまれたミスター・ダッシュウッドはジョーの小説の出版に同意するが、主人公が未婚のままの結末は受け付けない。ジョーは譲歩し、彼女自身である主人公がカリフォルニアに出発するベアを止める結末にする。彼女は著作権と印税をめぐりミスター・ダッシュウッドと交渉し、成功する。マーチ伯母さんが亡くなった後、ジョーは彼女の家を相続し、メグ、エイミー、ベアが教師をする学校を開く。ジョーは彼女の小説が印刷される様子を見ている。タイトルは『若草物語』(Little Women)である。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替声優[9][10]

製作編集

2015年3月18日、エイミー・パスカルが『若草物語』の映画化に着手しており、サラ・ポーリーを監督に起用する意向だと報じられた[12]2016年8月、グレタ・ガーウィグがポーリーの脚本をリライトすることになったとの報道があった[13]2018年6月、ガーウィグが監督も務めることになり、メリル・ストリープ、シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、エマ・ストーン、フローレンス・ピューが起用されると報じられた[14][15]。7月、エリザベス・スカンレンの出演が決まった[16]。8月2日、ジェームズ・ノートンの出演が決まったと報じられた[17]。14日、ローラ・ダーンが本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があった[18]。24日、スケジュールの都合でストーンが降板することになり、その代役としてエマ・ワトソンが起用されると報じられた[19]。9月、ルイ・ガレル、ボブ・オデンカーク、クリス・クーパーがキャスト入りした[20][21][22]。10月2日、ニュー・リージェンシー・ピクチャーズが本作に出資すると発表した[23]。3日、アビー・クインがキャスト入りしたとの報道があった[24]

本作の主要撮影は2018年10月5日にマサチューセッツ州ボストンで始まり、同年11月中旬に終了した[25]。撮影は同州内のハーバードでも行われた[26]

2019年4月8日、アレクサンドル・デスプラが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[27]

公開・マーケティング編集

2019年6月19日、本作の劇中写真が初めて公開された[28]。8月13日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[29]。12月7日、本作はニューヨークでプレミア上映された[30]

日本では2020年3月27日に公開する予定だったが新型コロナウイルスの影響により延期[31]。その後変更を経て[32]、6月12日の公開となった[1]。当初は全国128館で上映する予定だったが、同年春に公開を予定していた映画が相次いで延期される中での新作公開だったため、映画館から歓迎されたことや配給側も長期休業明けの映画館を応援したいという意向もあり、倍以上の340館で本作が上映されることになった[33]

興行収入編集

本作は『スパイ in デンジャー』と同じ週に封切られ、公開初週末に1720万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[34]、この予想は的中した。2019年12月25日、本作は全米3308館で公開され、公開初週末に1675万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[35]

評価編集

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには282件のレビューがあり、批評家支持率は95%、平均点は10点満点で8.62点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「キャスト陣の演技は輝いており、古典的名作を絶妙なさじ加減でスマートに語り直している。グレタ・ガーウィグ監督の『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』によって、物語の中には歴史を超越した作品があることが証明された」となっている[36]。また、Metacriticには56件のレビューがあり、加重平均値は91/100となっている[37]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[38]

受賞編集

第92回アカデミー賞では作品賞、主演女優賞(シアーシャ・ローナン)、助演女優賞(フローレンス・ピュー)、脚色賞、作曲賞、衣装デザイン賞の6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

関連書籍編集

出典編集

  1. ^ a b “「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」の新たな公開日が決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年5月22日). https://natalie.mu/eiga/news/380072 2020年5月22日閲覧。 
  2. ^ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語”. 映画.com. 2020年1月5日閲覧。
  3. ^ The First Couple of Film: Greta Gerwig and Noah Baumbach Open Up on Their Personal and Professional Partnership”. Hollywood Reporter (2019年12月13日). 2020年1月5日閲覧。
  4. ^ Little Women (2019)”. The Numbers. 2020年6月20日閲覧。
  5. ^ エマ・ワトソンら出演で4姉妹の人生を描く映画「Little Women(若草物語)」予告編公開 - ライブドアニュース
  6. ^ Everything We Know about Greta Gerwig’s Little Women So Far” (2018年10月23日). 2018年12月29日閲覧。
  7. ^ Exclusive: Meryl Streep will play Aunt March, not Marmee, in Greta Gerwig's 'Little Women'” (2018年7月3日). 2018年12月29日閲覧。
  8. ^ Saoirse Ronan Knows ‘Little Women’ Is the Performance of Her Career”. Variety (2019年11月26日). 2019年12月6日閲覧。
  9. ^ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2020年8月28日閲覧。
  10. ^ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語”. ふきカエル大作戦!! (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  11. ^ 映画「ストーリー・オブ・マイライフ」吹替版、朝夏まなとが再びジョーに”. ステージナタリー (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  12. ^ Amy Pascal, Sarah Polley Team on ‘Little Women’ Remake at Sony (Exclusive)” (2015年3月18日). 2018年12月29日閲覧。
  13. ^ Greta Gerwig Rewriting “Little Women” Remake For Sony (EXCLUSIVE)” (2016年8月5日). 2018年12月29日閲覧。
  14. ^ Greta Gerwig Eyes ‘Little Women’ With Meryl Streep, Emma Stone, Saoirse Ronan, Timothee Chalamet Circling (EXCLUSIVE)” (2018年6月29日). 2018年12月29日閲覧。
  15. ^ Greta Gerwig To Helm ‘Little Women’ At Sony; Meryl Streep, Emma Stone, Timothée Chalamet, Saoirse Ronan In Talks” (2018年6月29日). 2018年12月29日閲覧。
  16. ^ ‘Little Women’: ‘Sharp Objects’ Actress In Talks For The Role Of Beth March” (2018年7月24日). 2018年12月29日閲覧。
  17. ^ Sony’s ‘Little Women’ Adaptation Adds ‘Flatliners’ Actor James Norton” (2018年8月2日). 2018年12月29日閲覧。
  18. ^ Laura Dern in Talks to Join Meryl Streep in 'Little Women' (Exclusive)” (2018年8月14日). 2018年12月29日閲覧。
  19. ^ Emma Watson Joins Greta Gerwig’s Adaptation of ‘Little Women’ (EXCLUSIVE)” (2018年8月24日). 2018年12月29日閲覧。
  20. ^ Louis Garrel Cast In ‘Little Women’ Movie At Sony” (2018年9月5日). 2018年12月29日閲覧。
  21. ^ ‘Better Call Saul’s Bob Odenkirk Joins Greta Gerwig’s ‘Little Women’ Remake” (2018年9月24日). 2018年12月29日閲覧。
  22. ^ Oscar Winner Chris Cooper Boards Greta Gerwig’s ‘Little Women’ Adaptation” (2018年9月28日). 2018年12月29日閲覧。
  23. ^ New Regency Co-Finances Two Sony Films: ‘Little Women’ & ‘Girl In The Spider’s Web’” (2018年10月2日). 2018年12月29日閲覧。
  24. ^ Sony Casts Abby Quinn In ‘Little Women’ As Filming Is Set To Begin This Month” (2018年10月3日). 2018年12月29日閲覧。
  25. ^ UPDATE: Greta Gerwig’s ‘Little Women’ Starring Emma Watson Production Start Bumped To Early October In Boston” (2018年9月13日). 2018年12月29日閲覧。
  26. ^ ‘Little Women’, starring Meryl Streep & Emma Watson, is set to film in Harvard, MA this week” (2018年10月25日). 2018年12月29日閲覧。
  27. ^ Alexandre Desplat to Score Greta Gerwig’s ‘Little Women’ & Costa-Gavras’ ‘Adults in the Room’”. Film Music Reporter (2019年4月8日). 2019年12月6日閲覧。
  28. ^ Exclusive First Look: Greta Gerwig and Saoirse Ronan’s Little Women”. Vanity Fair (2019年6月19日). 2019年12月6日閲覧。
  29. ^ Greta Gerwig's 'Little Women' Releases First Trailer”. Hollywood Reporter (2019年8月13日). 2019年12月6日閲覧。
  30. ^ LITTLE WOMEN PREMIERE, NYC”. Average Socialite. 2019年12月6日閲覧。
  31. ^ “「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」公開が初夏に延期”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月3日). https://natalie.mu/eiga/news/369608 2020年5月22日閲覧。 
  32. ^ “「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」初夏公開からさらに延期”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年4月23日). https://natalie.mu/eiga/news/376547 2020年5月22日閲覧。 
  33. ^ 大作を迅速公開「ソニー・ピクチャーズ」の信念”. 東洋経済新報. pp. 2-4 (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  34. ^ 'Rise of Skywalker' Faces Incoming Competition from 'Little Women', 'Spies in Disguise' and 'Uncut Gems'”. Box Ofice Mojo (2019年12月26日). 2020年1月5日閲覧。
  35. ^ Domestic 2019 Weekend 52 December 27-29, 2019”. Box Ofice Mojo. 2020年1月5日閲覧。
  36. ^ Little Women”. Rotten Tomatoes. 2020年1月2日閲覧。
  37. ^ Little Women (2019)”. Metacritic. 2020年1月2日閲覧。
  38. ^ ‘Star Wars: Rise Of Skywalker’ Counts $362M Through 10 Days, -2% Behind ‘Last Jedi’; ‘Little Women’ All Grown Up With $29M 5-Day”. Deadline.com (2019年12月29日). 2020年1月2日閲覧。

外部リンク編集