メインメニューを開く

ストーンヘンジ (エースコンバットシリーズ)

ストーンヘンジStonehenge)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)のPlayStation 2フライトシューティングゲームACE COMBAT 04 shattered skies』に登場する架空兵器。将来の地球落下が予測された小惑星「1994XF04ユリシーズ」の破片を、大気圏突入後に燃え尽きる大きさに砕くことを目的に、国際共同プロジェクトの下で開発された超巨大地対空レールガン、またはそのレールガンが備わる基地のこと。「ストーンヘンジ」という呼称は、8基のレールガンが環状に並んだ基地の外観から、後になって付けられた愛称である。

目次

開発経緯編集

1994年10月に発見された直径約1マイル(1.6km)の小惑星「1994XF04ユリシーズ」が、後の調査で地球に衝突することが判明。1999年7月3日に核爆弾200万個分相当の衝突規模を持つ大量の破片がユージア大陸を中心に降り注ぐと予測された。1996年4月20日、FCU(中央ユージア連合)大統領が地球衝突の確定情報の公表とともに、地下シェルターの整備などと併せて、隕石の迎撃などあらゆる手段を講じることを表明。同日、UTO(中央ユージア条約機構)緊急外相理事会の席上で、FCUのステートソン国務長官はNMD(国家ミサイル防衛)による隕石の迎撃を同盟国に説明した。この時点では具体的な方法については公表されなかったものの、これは後に巨大な迎撃砲によるスペースガード構想「STN計画」として結実した。

同年春、以前からFCUとの協議を続けていた航空宇宙学会の選定により、大陸中央に位置する中立国サンサルバシオンに迎撃砲が建設されることが決定。科学的な見地からの決定ではあったが、ユージア大陸の歴史上、サンサルバシオンは東西対立の中心地点に位置する国家であり、かつて幾度となく戦争に巻き込まれたという歴史的な背景などを考慮していないとの声もあり、地元市民15000人による抗議活動が行われた。また、極めて強力な迎撃砲や警備に当たる駐留部隊の存在が、隣接する軍事大国エルジア共和国を刺激するのではとの懸念もあったが、世界的な危機を前にこれらの問題は重要視されず、迎撃砲の建設は当初の予定通り進められることとなった。

特徴編集

基本構造は火薬による発砲と電磁加速を併用したハイブリッド式地対空レールガンである。正式名称は「120cm対地対空両用磁気火薬複合加速方式半自動固定砲」。射程は約650nm(約1200km)、砲弾によってはその圏内で高度2000フィート以上を飛行する航空機に対しても絶大な破壊力を有している。エルジア軍内部では「S.T.N.」とも呼称されている。

使用される砲弾には隕石内部に侵入後炸裂・破砕するAPE弾(Armor Piercing Explosive Ammunition、徹甲榴弾の意)、命中率を重視した榴弾、法的な使用制限があるものの広範囲の破片を処理できる特殊砲弾が存在する。

サンサルバシオン南部の砂漠に円形に広がる巨大な施設に8基の旋回式砲塔が円状に設置され、360度の全天の迎撃や交互発射による複数隕石への対応、同時発射による大型隕石の破砕が可能となっている。またこれらの砲塔を効率的に統合制御するために、施設地下には秒間90億回の浮動小数演算が可能なスーパーコンピューターが8台×1024セット、計8192台設置されている。この総合で1秒間に100兆回もの演算が可能なシステムを使い、人工衛星を含む大陸各地の観測所からのデータを基に大気状況をシミュレート、隕石の落下軌道を割り出し照準する。

これらの設備が必要とする多大な電力を賄うため、専用の原子力発電所が備わっている他、砲塔が消費する瞬間的な大電力をチャージするため、施設敷地内の20%を占めるほどのコンデンサーが設置されている。施設北東には専用の空港が建設されており人員や物資の輸送の他、エルジア軍による占領以前はF-15戦闘機を中心とした18機のUTO軍航空機による警備体制がとられていた。

第4号砲編集

大陸戦争時には8本の砲塔のうち第4号砲が、外周シールドを直撃した隕石の破片により破損、全損は免れたものの機能停止に追い込まれた。エルジア軍は復旧を試みたものの断念されたため、結果的に「04」では空爆を免れることとなる。

大陸戦争終結後、破壊されたストーンヘンジは長きに渡り放置されていたが、14年の時を経て2019年のユージア大陸を舞台としたエースコンバット7 スカイズ・アンノウンで登場する[1]こととなった。

エルジア軍に接収されたアーセナルバードは強力な偏向シールドを有し、通常兵装による飽和攻撃は効果が見込めなかった。そこでオーシア軍はストーンヘンジ開発に関わった技術者の力も借りて、最も損傷の少ない第4号砲の基盤システムを復旧、高速で発射される特殊榴弾によるアーセナルバード撃墜作戦を決行することとなる。

施設は経年劣化により砂に埋もれ風化が激しく、砲塔も損傷が激しかったため、クレーンで支えつつ歪んだ部品を新造品に交換したほか、オレンジ色の補強用複合金属プレートをパッチとして各所に装備され補強された。施設専用の原子炉は冷却プールが干上がったことで稼働できなかったため、大量の電源車を並列接続して電力を確保。しかしそれでも継続可動するには電力等の確保が困難であり、かつエルジア軍による施設攻撃の前に改修を完了させる必要があったため、砲弾の装填機能と砲塔の冷却機能はオミットされ、発射装置に残された特殊榴弾のみの射出を可能とした、一発限りの切り札としての運用となった。

戦歴編集

  • 1999年7月8日 - 小惑星ユリシーズ地球到達。ロシュ限界を突破したユリシーズは1000以上の破片に分裂。ストーンヘンジによる迎撃が行われるも全ては迎撃できず、多数の破片が地表に断続的に落着。被害は落着から2週間後の時点で、死者50万人、経済的損失は大陸全体のGDPにして18カ月分という甚大なものとなった。また、ストーンヘンジ自体も施設南東の外周シールドに隕石の直撃を受け、余波と破片により南側の第4号砲が稼働不能に追い込まれた。ストーンヘンジは以降4年間にわたって軌道上から落下してくる残存隕石片の迎撃を行う。
  • 2003年夏 - 大陸戦争勃発。ユリシーズ落着に伴って発生した難民問題から、周辺諸国との関係が悪化していた西の軍事大国エルジア共和国が隣国サンサルバシオンに侵攻。同国に設置されていたストーンヘンジもエルジア軍によって接収され、ストーンヘンジの警備に当たっていたUTO部隊も消息不明となった。また、運営スタッフもほぼ全員が拘束され、エルジア側は全員が健康な状態で「保護下」にあるとの発表を行った。これ以降ストーンヘンジはエルジア軍の制御下に置かれることとなる。
  • ~2003年8月22日 - FCUは9月14日を最終期限とし、ストーンヘンジ及びサンサルバシオンからのエルジア軍の撤退を要求。期限までに撤退しない場合は同盟国と共に軍事制裁を行うとした。また、FCUを中心とした11カ国は、エルジア共和国に対抗することを目的に軍事同盟ISAF(独立国家連合軍)を結成。ISAFには最終的に、エルジア共和国及びサンサルバシオンを除く大陸内全ての国家が参加した。
  • 2003年8月22日~ - ストーンヘンジ軍事転用。ストーンヘンジを対空砲として転用したエルジア軍はユージア大陸のほぼ全域の制空権を掌握。航空支援を受けられないISAFは敗北を続け、東へと撤退を余儀なくされる。ストーンヘンジから直線距離にして700km以上離れたロスカナスまで撤退したISAFは、ストーンヘンジへの航空攻撃がこれ以東からでは不可能であることを理由に、爆撃によるストーンヘンジの破壊作戦を決行したが、ストーンヘンジを護衛するエルジア軍の戦闘機部隊により阻止され、作戦は失敗に終わる。作戦失敗の数日後にはロスカナスも陥落したため、ストーンヘンジに対する航空攻撃が不可能となったISAFは、ストーンヘンジの射程圏外である東海岸まで敗走。大陸防衛を断念し、大陸東部の島国ノースポイントへと撤退した。なお、この間にエルジア軍は第4号砲の復旧を試みたが、最終的には断念している。
  • 2004年12月16日 - 大陸北東のフェイスパーク地方にある太陽光発電所群を攻撃したISAF航空部隊に対して、ストーンヘンジによる迎撃が行われる。結果的に発電所群は破壊されたものの、この攻撃によりISAF部隊に想定外の損害を与えることに成功する。
  • 2005年2月28日 - 大陸への再上陸を果たしたISAF部隊が、大陸南東部のエルジア軍防衛線タンゴ線へと進攻を開始。地上部隊に先立ってISAF空軍機による同防衛線のイスタス要塞に対する空爆作戦が行われる。エルジア軍もストーンヘンジによる迎撃を行ったものの、この空爆でイスタス要塞は壊滅。タンゴ線を突破した地上部隊はロスカナスの奪還に成功、再びストーンヘンジ攻撃の拠点とした。
  • 2005年3月14日 - ストーンヘンジの開発に携わった技術者とその家族が、情報提供の見返りにISAF参加国への亡命を求め、民間の旅客機2機でエルジアより脱出。2機を追撃するエルジア軍機と、護衛のため出撃したISAF機との間で戦闘が行われる。結果、離陸時のトラブルで旅客機の1機が損傷、負傷者が出たものの、全機無事にISAF勢力圏への離脱に成功。亡命技術者からの情報提供により、ISAFはストーンヘンジのジャミングシステムについての情報を得る。
  • 2005年4月2日 - ISAFによるストーンヘンジ空爆作戦「ストーンクラッシャー」が決行される。低空を高速で飛行する少数の戦闘機ならば、ストーンヘンジの砲撃の最中でも接近が可能であることは判明していたが、それでもISAF司令部は出撃機の40%は失われると予想していた。しかし、ストーンヘンジへの接近に成功したISAF部隊は、ジャミング装置を破壊するとストーンヘンジの砲塔を次々と破壊。エルジア側も手当たり次第、味方機を巻き込みかねないほどの対空砲火を張るが、増援の護衛機が到着する前に7基の砲塔は全て破壊され、ストーンヘンジは崩れ落ちるように機能を停止した。
  • 2019年7月~8月19日 - 第二次大陸戦争(灯台戦争)の最中、オーシア軍は第一次大陸戦争で唯一空爆を免れたストーンヘンジ第4号砲の基盤システムを一か月という短期間で秘密裏に復旧、アーセナルバード狙撃作戦「ドラコンブレス」を決行する。この動きを察知したエルジアは大規模な地上部隊、航空部隊を送り込むがストーンヘンジ防衛隊がこれを退ける。しかし砲撃直前にアーセナルバードが作戦エリアに到達、UAVの猛烈な空爆が始まる。この戦闘の最中、内部に侵入していたエルジア軍工作員により測量車両及びその人員が被害を受け照準を行えなくなるというアクシデントが発生したが、オーシア軍はストーンヘンジに備えられた射表を用いて目視による直接照準射撃を試みる。施設からの指示によりロングレンジ部隊の隊長機がアーセナルバードのメインプロペラを破壊し、速度を低下させることに成功。アーセナルバードは偏向シールドを展開するが、ストーンヘンジの射撃はシールドを貫通。機体中心部に着弾したアーセナルバードは真っ二つになり、爆発炎上しながら地上へと墜落した。一方冷却機能をオミットされていた第4号砲も緩やかに崩れ落ち、その役目を終えた。

脚注編集

参考資料編集

関連項目編集