スナックバー (菓子類)

スナックバー: Candy Bar)は、コンパクトで高カロリーを特徴とする菓子類である。スナック菓子の一形態。

目次

概要編集

主な原料にはチョコレート砂糖キャラメルヌガーを含む)・乳脂肪や脱脂粉乳等の牛乳由来食品・ナッツ類(アーモンドピーナッツ)・穀物オートミールグラノーラなどシリアル食品)・ドライフルーツ(主にレーズンなど)が用いられ、非常に濃厚な甘さである物が多いが、穀物とドライフルーツを主体とした物では、固焼きビスケットに似た製品もある。

これらは早急なカロリー補給と携帯の簡便性を目的としているが、味は二の次である製品も多い上に、栄養バランスに偏りが見られるものも多く、ジャンクフードに含まれる物がある一方で、栄養補助食品的に、特定の栄養素を強化したものや、全般的なバランスを重視してカロリー摂取を抑え、ダイエットに供するもの、または簡易総合食としての商品を目指した物など様々である。特に後者のグループでは、不足しがちなタンパク質ミネラルビタミン等を重点的に強化した製品も見られる。

低血糖症の人にあっては、血糖値が下がり過ぎることで神経活動の、ひいては生命維持にも支障をきたす場合があるため、常に飴玉やこれらスナックバーを携帯する人もあり、これらの人々にとっては、文字通りの生命線となっている。

商品編集

非常食として編集

スナックバーは、アメリカ軍第二次大戦を通して利用したDレーションと呼ばれる非常食配給物資の原型ともなった。

この非常食は、補給が絶たれたり孤立してしまった場合に備えて携帯されるもので、コンパクトで高カロリーであることを目的とされ、味や長期的な栄養バランスは後回しにされた。それでも一定期間はこれだけを喫食して、飢餓から命を守るためにと開発された。

ただこの当時、様々な材料を混ぜ合わせ固めただけのこの単純な食品は製造し易さもあってか過剰生産され、末端では一般食として支給され、士気低下にまで関わったなどの逸話も聞かれる。後に軍用非常食は精神衛生の面からも、一応は食事としての体裁とメニューによる変化をもつ、高密度に圧縮密閉されたパッケージの物に取って代わられていった。

Dレーションを小型化し改良したものがアメリカ軍用チョコレートで、現在でも使用されている。

関連項目編集