メインメニューを開く

スバル・アルシオーネSVX

アルシオーネSVXAlcyone SVX)は、富士重工業(現・SUBARU)が1991年9月に発売を開始した5人乗り2ドアクーペタイプの普通乗用車である。 日本国内向きにはアルシオーネの後継にあたるが、本項目では、日本国外モデルのSubaru SVXについても記述する。

スバル・アルシオーネSVX
CXD/CXW/CXV型
バージョンE フロント
Subaru ALCYONE SVX Version E (E-CXW) front.JPG
バージョンE リア
Subaru ALCYONE SVX Version E (E-CXW) rear.JPG
内装
Subaru SVX (29255723648).jpg
販売期間 1991年9月1997年3月
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
エンジン 3.3L 水平対向6気筒 EG33
駆動方式 FF/4WD
最高出力 240PS/6,000rpm(JDM)
230HP/5,400rpm(USDM)
最大トルク 31.5kgf·m/4,800rpm
変速機 4速AT
サスペンション 前:マクファーソン式ストラット
後:デュアルリンク式ストラット
全長 4,625mm
全幅 1,770mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,610mm
車両重量 〜1,620kg
タイヤサイズ 225/50R16 92V
先代 スバル・アルシオーネ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

キャッチコピーは「遠くへ、美しく」、「500miles a day」

主なマーケットを北米としていたこともあり、発表は日本に先行してデトロイトショーで行われた[1]。国際性のあるグランツーリスモと位置づけ、開発のポイントとして、先代の高い空力性能(Cd値0.29)は引継ぎつつ、長距離を快適に走る事を目指した[2][出典無効]

イタルデザインジョルジェット・ジウジアーロによるエクステリアデザインが本車の特徴であり、当初のデザインスケッチやモックアップの段階ではリトラクタブル・ヘッドライトが備えられていたが、市販車では窓井崇史デザイン[要出典]による固定式となった。グラスtoグラスのキャノピーはミッドフレームウインドーを日本で初めて採用している。これはドアガラスがルーフ面にまで回り込む形状であることからサイドウィンドウ全体を開閉できないため、一部だけを開閉するようにしたものである。

前述のグランツーリスモというコンセプトの位置付けに倣い、トランスミッションは4速ATのみの設定である。ただ、このトランスミッションは他車に比べて強度が弱く、シビアかつ定期的なメンテナンスをしないと故障しやすいという欠点があった。

一方で一部のマニアにはそのスタイリング故にカスタマイズのベースにも採用され、同メーカーのインプレッサの5速または6速MTや、レガシィに搭載されている水平対向6気筒エンジンに換装された個体も存在した。

意欲的なスタイリングコンセプトとメカニズムを持った同車であったが、車体価格も312万円~439.4万円とハイグレードであり、日本での販売はバブル経済崩壊期と重なったこともあって販売面では苦戦を強いられた。また発売当時は「スバル」自体のブランドイメージが高級車市場でまだ周知されていなかった点も挙げられる[3]
競合車種は三菱・GTOZ30系トヨタ・ソアラユーノス・コスモホンダ・レジェンドクーペBMW・8シリーズなど。

富士重工業群馬製作所本工場(現株式会社SUBARU 群馬工場)で行われていた生産は1996年11月に終了、後継車種はリリースされず1997年3月までに販売終了となった。

アルシオーネSVXの販売終了後スバルで買えるクーペ専用車種が登場するのは、BRZが販売される2012年3月まで待たなくてはならなかった。

車名の由来編集

アルシオーネは、すばる(プレアデス星団)に属している恒星であるおうし座η星の名前「アルキオネ」(Alcyone)にちなんでおり(スバルのマークで言えば六連星のうちの一番大きい星)、スバルのフラグシップであることを表している。

SVXとは、「Subaru Vehicle X」の略。スバルが提唱した「グランドツアラー」を象徴した呼び名である。

脚注編集

  1. ^ 『90年代国産車のすべて』三栄書房、70頁
  2. ^ 黒川商品本部 主管 談1992年6月当時
  3. ^ スバル・アルシオーネSVX (1991年~) 名車?迷車?特集 -ちょっと懐かしい迷車たち2話Gazoo

関連項目編集

外部リンク編集