スバル・ビッグホーン

いすゞ・ビッグホーン > スバル・ビッグホーン

ビッグホーンBIGHORN)は、かつていすゞ自動車が生産、富士重工業(現・SUBARU)が販売していたSUVである。

概要編集

ビッグホーンの国内におけるもうひとつのOEM車である本田技研工業ホライゾンが専用グリルを用意したのに対し、エンブレムにSUBARUと書かれていることを除けば本車はいすゞのそれと全く同一で、車名すら変えなかったことでも判るようにスバルとしては本車の販売に力を入れることはなかった。これは4WDを主力とする同社乗用車レオーネ以来ラリーで実績を挙げていることからも判るように基本的に悪路に強く、ユーザーがわざわざクロカン車を選択する必然性が薄かったことが大きい。ただし、現在のクロスオーバーSUVの性格を持っていたレオーネ・ツーリングワゴン及びドミンゴの生産終了後はしばらくスバルに自社製SUV不在の状況が続き、レガシィグランドワゴンを経てフォレスターが登場することになる。

なお、日本の自動車史上同じ車名で他社からOEM供給を受けた例はこのビッグホーンの例以後は2019年10月にトヨタ自動車ダイハツ工業が製造するダイハツ・コペンの供給を受けトヨタ・コペンとして発売するまで存在しなかった。

初代(1988年-1992年)UBS55FMS/CMS/CWS/FWS/FWRS型編集

スバル・ビッグホーン(初代)
UBS55FMS/CMS/CWS/FWS/FWRS型
 
フロント
 
リア
概要
販売期間 1988年11月 - 1992年
ボディ
乗車定員 4/5名
ボディタイプ 3/5ドアSUV
エンジン位置 フロント
駆動方式 パートタイム4WD
パワートレイン
エンジン 4JB1-T 2,771cc 直列4気筒OHVICターボディーゼル
最高出力 115ps/3,600rpm
最大トルク 24.0kg・m/2,300rpm
変速機 4速AT/5速MT
サスペンション
F ダブルウィッシュボーン・トーションバースプリング式独立懸架
R 半楕円リーフスプリング式車軸懸架
車両寸法
ホイールベース 2,300-2,650mm
全長 4,200-4,550mm
全幅 1,650-1,760mm
全高 1,820-1,845mm
車両重量 1,720-1,790kg
その他
姉妹車 いすゞ・ビッグホーン
ホンダ・ホライゾン
アキュラ・SLX
テンプレートを表示

1988年11月、いすゞ自動車からのOEM供給により発売。RVブームの中、ラダーフレームを必要とするクロカン車の開発が間に合わず、急ぎ商品構成に加えるために登場した。

車体はロングボディとショートボディの2種、駆動系統は2800ccディーゼルターボの5速MTと4速ATが設定されていた。なお、グレードはイルムシャーのみだった。

2代目(1992年-1993年)UBS25GWS/UBS69GWS型編集

スバル・ビッグホーン(2代目)
UBS25GWS/UBS69GWS型
概要
販売期間 1992年 - 1993年
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン位置 フロント
駆動方式 パートタイム4WD
パワートレイン
エンジン 6VD1 3,165cc V型6気筒DOHC
4JG2 3,059cc 直列4気筒ICターボディーゼル
最高出力 3,165cc 200ps/5,600rpm
3,059cc 125ps/3,600rpm
最大トルク 3,165cc 27.0kg・m/3,600rpm
3,059cc 28.0kg・m/2,000rpm
変速機 4速AT/5速MT
サスペンション
F ダブルウィッシュボーン・トーションバースプリング式独立懸架
R センター4リンクコイルスプリング式車軸懸架
車両寸法
ホイールベース 2,760mm
全長 4,660mm
全幅 1,745mm
全高 1,840mm
車両重量 1,940-2,010kg
テンプレートを表示

1992年、いすゞでのモデルチェンジにあわせて2代目に移行、3,200ccDOHCガソリンと3,100ccディーゼルターボの5速MTないしは4速AT(特に、ガソリンは4速ATのみ)となる。全グレードがロータスのチューンモデルとなる。

1993年、いすゞとのOEM契約が満了したことで発売終了となる。

関連項目編集

外部リンク編集