R1(アールワン)は、富士重工業(現・SUBARU)がかつて生産・販売していた軽自動車マイクロクーペ)である。

スバル・R1
RJ1/RJ2型
Subaru R1 (RJ1) front.JPG
S フロント
Subaru R1 rear.jpg
リア
R1interior.jpg
室内
概要
販売期間 2005年1月4日-2010年4月1日
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア マイクロクーペ
駆動方式 前輪駆動
四輪駆動(ビスカス式フルタイムAWD)
パワートレイン
エンジン EN07型 660 cc 直4 SOHC 46 PS
EN07型 660 cc 直4 DOHC 54 PS
EN07型 660 cc 直4 DOHC S/C 64 PS
変速機 i-CVT
サスペンション
前輪:L型ロアアーム・ストラット式独立懸架
後輪:デュアルリンク・ストラット式独立懸架
車両寸法
ホイールベース 2,195 mm
全長 3,285 mm
全幅 1,475 mm
全高 1,51 0mm
車両重量 810 - 870 kg
テンプレートを表示

概要編集

主にエンプティ・ネスト子息が独立した世帯)を含むシニア世代、および女性を購買層とする。乗車定員は4人だが1、2人乗車をメインとする「2+2シーターパッケージ」(実質的にクーペ扱い)としており、運転席からレバーを操作して助手席の背もたれを倒せる機能および後席の背もたれを倒す機能を備え、1人乗車の際に便利なシートアレンジが可能である。

洗練されたスタイリングで評判となったが、独自のコンセプトがユーザーに浸透しなかったことから、販売面では不振に陥った[1]

1958年に発売され、「てんとう虫」の愛称で親しまれたスバル360のコンセプトを受け継ぎ、R1を「NEWてんとう虫」と位置づけており、カタログおよび一部オプションにも、てんとう虫のイラストを用いている。

歴史編集

初代RJ系(2005年 - 2010年)編集

 
同モーター
  • 2003年10月
  • 2004年11月
    • 第38回東京モーターショーでR1ベースの介護車両が公開。
  • 2004年12月24日
    • R1発表。グレードは「R」のみ設定。取り回しの良さを得るためR2と比較して、全長が110 mm、ホイールベースが165 mm短縮される。車体外観はR2に類似しているが、ドアミラーやアンテナおよびスバルCIマークを模ったバックドアオープナー以外はR1専用の部品である[2]。エンジンは660 cc自然吸気直列4気筒連続可変バルブ機構(AVCS)付DOHC 16バルブ。このエンジンは、燃費が24 km/L(10・15モード、2WD車)で「平成22年度燃費基準+25%」および「平成17年排出ガス基準75%低減」を達成し、「環境対応車普及促進税制」に適合する。トランスミッションはCVTi-CVT)。四輪ともストラット式の独立懸架サスペンション(前L型ロアアーム・ストラット式、後デュアルリンク・ストラット式)を装備し、前輪駆動またはビスカス式フルタイム四輪駆動を設定。15インチアルミホイール、デュアルSRSエアバッグおよびブレーキアシスト付きABSを標準装備。自発光式メーターを採用。内装色は赤色&黒色のツートーンカラー。メーカーオプションとして2灯式HIDハイ&ロービームランプおよびレザー&アルカンターラセレクションを設定。レザー&アルカンターラセレクションはシートのメイン部に黒色のアルカンターラ、サイド部には赤色の本革を用い、本革巻きステアリング・本革巻きシフトノブおよびアルミ製スポーツペダルを装備する。「スプレッドウィングスグリル」と名づけられた航空機をモチーフにしたフロントグリルを採用。ボディカラーは6色設定。
  • 2005年1月4日
    • 販売開始。CMは「新旧てんとう虫の共演」として初代スバル360も出演。声の出演は木村カエラ (R1役)と梶原善 (360役)。
  • 2005年7月
    • 低価格グレード「i」を追加。エンジンは660 cc自然吸気直列4気筒SOHC 8バルブ。ホイールは14インチ。ボディカラーは4色に絞られ、「R」グレードの赤色&黒色内装色から銀色&黒色の内装色に変更される。メーカーオプションのHIDおよびレザー&アルカンターラセレクションの設定は無い。
  • 2005年9月
    • 第39回モーターショーで再び「R1e」が公開され、試乗もできた。電気モーターの出力は54 PS @ 6,000 rpmで、最高速度が120 km/h、0 - 60 km/h加速が7.4秒とガソリン版のR1の7.7秒をも凌いでいる。東京電力とNECラミリオエナジーとの共同開発[3]
  • 2005年10月
  • 2005年11月24日
    • グレード追加および一部改良。660 cc直列4気筒DOHC 16バルブインタークーラー付スーパーチャージャー搭載グレード「S」を追加。最高出力64 PS(47 kW)、最大トルク10.5 kgf·m。ホイールは15インチ。「S」グレードのCVTには7速マニュアルモード付が付く。同時に全グレードのフロントドアにUVカットガラスの採用およびドアミラーの視界拡大化。ボディーカラー3色廃止。
  • 2006年11月15日
    • 一部改良。変速制御を最適化した新しいCVTを搭載し、「R」グレードの燃費が24.0 km/Lから24.5 km/L(10・15モード、2WD車)へ向上した。また「S」グレードの燃料がハイオクガソリン仕様からレギュラーガソリン仕様に変更となり、最高出力の変更はないが最大トルクが10.5 kgf·mから9.5 kgf·mに低下する。ボディーカラーが一部変更。
       
      R2後期型(左)とSの比較 フロント
       
      R2後期型(右)とSの比較 リア
  • 2007年6月12日
    • 一部改良。「i」グレードが廃止。ボディーカラーが一部変更。
  • 2008年6月12日
    • 一部改良。ボディカラーに新色モカブロンズ・パールメタリックが追加された
  • 2009年11月4日
    • 特別仕様車追加。「R」および「S」グレードをベースに専用シート表皮、ステアリングおよびシフトレバーなどを黒色で統一し、アルミパッド付スポーツペダルとHIDなどを装備した特別仕様車「Premium Black Limited」を設定。「Premium Black Limited」専用ボディカラー1色追加。
  • 2010年3月12日
    • スバル公式サイトの発表では2010年3月14日受注を終了の予定であったが、同日付けで受注を終了[4]
  • 2010年4月1日
    • 販売終了。累計生産台数は1万5081台[5]

車名の由来編集

『R1』という記号的な名称によって、従来の軽自動車と比べて一線を画する価値観を表現。また、R1・R2両車のコンセプトの違いと大きさの違いを、『1』と『2』で表している[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第48号25ページより。
  2. ^ 三栄書房SUBARU R1のすべて(ニューモデル速報第353弾)
  3. ^ 東京電力用業務用電気自動車の共同開発の開始について - スバルR1eの詳細 富士重工業株式会社ニュースリリース
  4. ^ SUBARU R1の販売に関するお知らせ - SUBARU公式サイト Archived 2010年1月25日, at the Wayback Machine.
  5. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第48号25ページより。
  6. ^ SUBARU R1に関するQ&A SUBARU『R1のネーミングの由来を教えてください。』”. SUBARU公式サイト. 2012年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月20日閲覧。

関連項目編集

  • PRODRIVE P2 - R1をベースに開発したコンセプトカー

外部リンク編集