メインメニューを開く

スバル興業株式会社(スバルこうぎょう)は、サービス業を主業務とする日本会社である。本社は東京都千代田区にある。

スバル興業株式会社
Subaru Enterprise Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目10番1号
設立 1946年(昭和21年)2月9日
業種 サービス業
法人番号 3010001008699
代表者 代表取締役社長 小林 憲治
資本金 13億3,100万円
発行済株式総数 2,662万株
売上高 単体137億円、連結200億円
(2015年1月期)
純資産 単体146億円、連結172億円
(2015年1月)
総資産 単体171億円、連結208億円
(2015年1月)
従業員数 単体197名(2015年1月)
決算期 1月31日
主要株主 東宝株式会社 51.11%
(2015年7月)
主要子会社 株式会社東京ハイウエイ 85.0%
ハイウエイ開発株式会社 100%
外部リンク https://subaru-kougyou.jp/
テンプレートを表示

概要編集

レジャー・外食事業(飲食店の経営、物品販売など)、道路・環境事業(高速道路の工事・舗装・保全など)、不動産事業(ビル・駐車場・倉庫の賃貸借)を主業務とする。夢の島マリーナ(ゆめのしま海の駅)と浦安マリーナの運営もおこなっている。当初は映画の興行を主業務としており、創業の起源である有楽町スバル座は同社唯一の映画館として経営が続けられている。

阪急阪神東宝グループに属する会社であり、自動車メーカーのSUBARUとは無関係である。

沿革編集

株主優待編集

2011年6月30日開催の取締役会において、従来の株主優待券綴を廃止し、株主名が記載される6カ月毎更新の有楽町スバル座上映映画鑑賞「株主優待カード(リライトカード方式)」を導入することを決定。同年11月1日、新制度に移行した。これにより本人利用が厳密となり、株主優待の転売市場への有償譲渡が困難となった。

外部リンク編集