メインメニューを開く

スパイキャッチャーJ3』(スパイキャッチャージェイスリー) は、1965年10月7日から1966年3月31日にかけて、NET(現・テレビ朝日)系で放送されたスパイアクション特撮テレビドラマ東映東京制作所の第一回作品。全26話。30分番組。モノクロ作品。

スパイキャッチャーJ3
ジャンル テレビドラマ
原作 都筑道夫
企画 近藤照男
出演者 川津祐介
江原真二郎
丹波哲郎
オープニング 「スパイキャッチャーJ3」
制作 NET
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1965年10月7日 - 1966年3月31日
回数 26

目次

あらすじ編集

TULIP (「チューリップ」、The Undercover Line of International Police) はニューヨークに本部を置き、世界各地に支部を持つ腕利きの対謀略組織である。そこで働くエージェントは、スパイキャッチャーと呼ばれている。国際謀略叛乱グループ TIGER (「タイガー」、The International Group of Esplionage and Revolt) と対決するTULIP日本支部のスパイキャッチャー、コードネームJ3こと壇俊介の物語である。J3の愛車はシボレー・コルベット・スティングレイを改造したもので、エアクラフトで空を飛び、潜水走行することも可能なスーパーカーという設定で[注 1]、まだ日本では実用化されていなかった自動車電話も登場している。和製スパイアクションものの本作は後に『キイハンター[注 2]』 - 『Gメン'75』(TBS)へと続く東映アクションドラマの原点となった[1]

スタッフ編集

キャスト編集

ゲスト編集

放送リスト編集

  1. SOS ポラリス潜水艦・前編
  2. SOS ポラリス潜水艦・後編
  3. SOS 火山トンネル・前編
  4. SOS 火山トンネル・後編
  5. SOS 大金塊・前編
  6. SOS 大金塊・後編
  7. SOS 原子力センター・前編
  8. SOS 原子力センター・後編
  9. SOS ダムサイト・前編
  10. SOS ダムサイト・後編
  11. SOS 超特急・前編
  12. SOS 超特急・後編
  13. SOS 死刑実験室・前編
  14. SOS 死刑実験室・後編
  15. SOS 秘密指令・前編
  16. SOS 秘密指令・後編
  17. SOS 誘拐作戦・前編
  18. SOS 誘拐作戦・後編
  19. SOS 暗殺計画・前編
  20. SOS 暗殺計画・後編
  21. SOS 追跡命令・前編
  22. SOS 追跡命令・後編
  23. SOS 危機一発・前編
  24. SOS 危機一発・後編
  25. SOS 絶体絶命・前編
  26. SOS 絶体絶命・後編

放送局編集

劇場版編集

スパイキャッチャーJ3 SOS危機一発
1966年8月3日公開。第23話と第24話の再編集版。
1961年公開作品『地獄に真赤な花が咲く』のリバイバル版と、1963年公開作品『暴力街』のリバイバル版と合わせて、3本立てで公開された。

コミカライズ版編集

堀江卓によって「ぼくら」に掲載。堀江はソノシートの作画も担当している。

原作小説編集

都筑道夫の原作小説は1967年に桃源社ポピュラー・ブックスより「暗殺教程 スパイキャッチャーJ3」のタイトルで発行。1979年に集英社文庫「暗殺教程」、2003年に光文社文庫「都筑道夫コレクション(アクション編)暗殺教程」として再版されている。

映像ソフト化・再放送編集

  • 東映で現存が確認されている本作のポジフィルムは、第1話「SOS ポラリス潜水艦・前編」、第2話「SOS ポラリス潜水艦・後編」、第4話「SOS 火山トンネル・後編」の計3話分のみと劇場版が保存されている。これら現存する3話分と劇場版は、不定期に東映チャンネルで放送されている[10]
  • 劇場版が2007年12月7日に発売された「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX」や、2009年10月21日の「東映特撮ヒーロー THE MOVIE Vol.1」(「THE MOVIE BOX」の各ディスクを単品販売したもの)に収録されている。
  • オープニングと第2話のエンディング映像は、1985年に東映ビデオからリリースされたビデオ『TVヒーロー主題歌全集 特撮編 七色仮面から柔道一直線まで』と、その再発版のビデオ・LD・DVD『東映TV特撮主題歌大全集1』に収録されている。
  • 2018年8月にベストフィールドからデジタルリマスター版のDVDが発売された(ただし収録されているのは現存する3話分と劇場版のみである)。
  • 全26話分が収録された本編のDVD、ブルーレイの発売はされていない。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 全怪獣怪人 上巻』では、『007 ゴールドフィンガー』からの影響を指摘している[1]
  2. ^ 第1話の原案は本作の原作者である都筑である。また、キイハンターには、レギュラーキャストの一人として壇俊介(演じたのは宮内洋)の役名も登場する。

出典編集

  1. ^ a b 全怪獣怪人』上巻、勁文社、1990年3月24日、83頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  2. ^ 『河北新報』1966年4月11日付朝刊、9面。
  3. ^ 『刑事マガジン Vol.1』辰巳出版〈タツミムック〉、2003年9月1日、49頁。ISBN 4-88641-908-9
  4. ^ 『河北新報』1965年12月5日 - 1966年4月24日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『河北新報』1966年1月6日 - 4月27日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『河北新報』1966年1月5日 - 4月28日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『福島民報』1966年1月17日 - 5月2日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『福島民報』1966年4月21日 - 8月25日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『福島民報』1967年3月20日 - 4月24日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 【スパイキャッチャーJ3スペシャル】”. 東映チャンネル (2011年4月1日). 2014年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月12日閲覧。

外部リンク編集