メインメニューを開く

スパイク・ヒューバーSpike Huber、本名:Michael James Huber1955年12月[3] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーボディビルダーインディアナ州インディアナポリス出身。

スパイク・ヒューバー
プロフィール
リングネーム スパイク・ヒューバー
マイク・ヒューバー[1]
マイケル・ヒューバー
本名 マイケル・ジェームズ・ヒューバー[2]
ニックネーム 鋼鉄の虎[3]
身長 183cm[1]
体重 107kg(全盛時)[1]
誕生日 1955年12月??[3]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州の旗 インディアナ州
マリオン郡インディアナポリス[1]
デビュー 1975年[3]
引退 1994年
テンプレートを表示

ディック・ザ・ブルーザーことウィリアム・アフィルスの娘婿として知られる(ウィリアム・アフィルスの娘である妻のミシェルとは一度離婚しているが、後に再婚した)[2][4]

目次

来歴編集

1975年、地元インディアナポリスWWAにてデビュー。ベビーフェイスの新鋭として、1977年にはWWAのプロモーターでもあったディック "ザ・ブルーザー" アフィルスウイルバー・スナイダーといったトップ選手のパートナーに起用され、イワン・コロフイゴール・ボルコフバリアント・ブラザーズなどベテランのヒール勢と対戦してキャリアを積んだ[5][6]

ハイスクール時代の恋人でもあったブルーザーの娘ミシェル・アフィルスとも結婚し[4]1979年10月7日にはブルーザーとのコンビでロジャー・カービー&ポール・クリスティからWWA世界タッグ王座を奪取した[7]。なお、この王座戦は当初はクラッシャー・リソワスキーがブルーザーと組んで王者組に挑戦するはずだったが、試合前の乱闘でクラッシャーが出血多量のため出場不能となり、代打としてブルーザーがヒューバーを指名したという[8]

1980年6月、当時WWAと接点を持っていた国際プロレスの『ビッグ・サマー・シリーズ』に初来日。ランディ・タイラージェイク・ロバーツなど同年代の若い選手が中心となったシリーズにおいて、向こうっ気の強さを前面に出した活きのいいファイトを展開、シリーズ最終戦(7月25日、札幌中島スポーツセンター)ではジプシー・ジョーを参謀格に、ロッキー・ブリューワーと組んでアニマル浜口&マイティ井上IWA世界タッグ王座金網デスマッチで挑戦した[9]。王座奪取は果たせなかったものの、ブルーザー仕込みのラフファイトで王者チームを大流血に追い込んでいる[8]

帰国後の1980年8月16日、スナイダーと組んでカービー&ジェリー・バリアントを下し、WWA世界タッグ王座に返り咲く[7]シカゴのインターナショナル・アンフィシアターで定期的に開催されていたWWAとAWAの合同興行では、ジェシー・ベンチュラケン・パテラジェリー・ブラックウェルといったAWAのヒールとも対戦。1981年3月14日にはグレッグ・ガニア&ジム・ブランゼルのハイ・フライヤーズとトリオを組み、ヒーナン・ファミリーのニック・ボックウィンクルレイ・スティーブンスボビー・ヒーナンから勝利を収めた[10]1982年リック・マーテル&ティト・サンタナ(後のストライク・フォース)やブラッド・レイガンズとのベビーフェイス対決も行われている[11]

NWAの総本山だったセントルイスキール・オーディトリアムにも再三出場しており、1981年1月23日の興行ではブルーザーとのコンビでオックス・ベーカー&バズ・タイラーに勝利[12]1983年7月22日には、ブルーザー・ブロディボブ・スウィータントニー・アトラスランディ・サベージニコライ・ボルコフプロフェッサー・タナカタリー・ブランチャードスウィート・ブラウン・シュガーボビー・ジャガーズビクター・リベラドミニク・デヌーチスコット・ケーシータイガー・コンウェイ・ジュニアムース・ショーラックロベルト・ソトハンス・シュローダーら22選手が参加したバトルロイヤルにて優勝を飾った(同日はブロディと組んでボルコフ&タナカとのタッグマッチにも出場)[13]

1984年1月7日にはボビー・コルトを破りWWA世界ヘビー級王者となったが[14]、ミシェルと離婚したことによりWWAを追われ[3]ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で同年より全米侵攻を開始したWWFに参戦[2]。かつての主戦場だったシカゴやセントルイスなど中西部での興行を中心に出場し、キール・オーディトリアムでは5月5日にポール・オーンドーフと対戦[15]。7月20日にはブライアン・ブレアーと組み、ディック・マードック&アドリアン・アドニスWWF世界タッグ王座に挑戦している[16]ロディ・パイパーのインタビュー・コーナー『パイパーズ・ピット』にも出演したが、レギュラー契約が交わされることはなく、その後しばらくはブルーザーの圧力により活動の場を失うこととなった[2]

1987年テキサス州ダラスのWCWAにて3年ぶりにプロレス界に復帰。ヘルメットを被った建設労働者ギミックのベビーフェイスとして、WWA時代からの盟友ブロディとも再びタッグを組み、5月3日にテキサス・スタジアムで行われたフォン・エリック・ファミリーのメモリアル・イベントではアブドーラ・ザ・ブッチャー&イーライ・ジ・イリミネーター(ジョン・リッチモンド)と対戦した[17]

1988年11月4日には、同年7月17日に死去したブルーザー・ブロディ追悼興行のワンナイト・トーナメントに出場し、優勝を果たす[3]1989年テネシー州メンフィスUSWAで活動、ダッチ・マンテルマスター・オブ・ペインジェリー・ローラービル・ダンディーロックンロール・エクスプレスダスティン・ローデスなどと対戦したが[18]、その後メジャー団体に進出することはなかった[3]

以降はリングから離れるも、1994年にUSWAにて一時的に復帰し、ヒールのポジションでシッド・ビシャスともタッグを結成[19]。8月8日のミッドサウス・コロシアムでのイベントではローラー&キングコング・バンディのチームと対戦した[20]

ミシェルとは離婚から15年後に復縁して再婚し、USWAでの主戦場だったメンフィスに居住[4]。プロレス引退後はアスレチック・トレーナーに転身し[4]、近年はボディビルダーとしても活動している[21]

得意技編集

獲得タイトル編集

ワールド・レスリング・アソシエーション
その他
  • イリノイ・ヘビー級王座:1回[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d Spike Huber”. Cagematch.net. 2013年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e Spike Huber”. Online World of Wrestling. 2013年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『THE WRESTLER BEST 1000』P270(1996年、日本スポーツ出版社
  4. ^ a b c d Those Cold Blue Eyes A portrait of Dick the Bruiser”. Scott Romer Photography. 2013年8月19日閲覧。
  5. ^ The WWA matches fought by Spike Huber in 1977 (1)”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  6. ^ The WWA matches fought by Spike Huber in 1977 (2)”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  7. ^ a b c WWA World Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月19日閲覧。
  8. ^ a b c d 『国際プロレス クロニクル 下巻(DVD-BOX)』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット(2011年、クエスト)
  9. ^ IWE 1980 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2015年7月30日閲覧。
  10. ^ AWA March 14, 1981”. Cagematch.net. 2013年8月19日閲覧。
  11. ^ The AWA matches fought by Spike Huber in 1982”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  12. ^ The St. Louis matches fought by Spike Huber in 1981”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  13. ^ St. Louis, Missouri 1983/07/22”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  14. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月19日閲覧。
  15. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2013年8月19日閲覧。
  16. ^ WWF July 20, 1984”. Cagematch.net. 2013年8月19日閲覧。
  17. ^ WCWA 4th Von Erich Memorial Parade Of Champions”. Cagematch.net. 2013年8月19日閲覧。
  18. ^ The USWA matches fought by Spike Huber in 1989”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  19. ^ The USWA matches fought by Spike Huber in 1994”. Wrestlingdata.com. 2013年8月19日閲覧。
  20. ^ USWA August 8, 1994”. Cagematch.net. 2013年8月19日閲覧。
  21. ^ Rx Muscle Contest Gallery”. Rx Muscle.com. 2013年8月19日閲覧。

外部リンク編集